目次
はじめに
◆序文
◆目次Ⅰ
◆目次Ⅱ
◆目次Ⅲ
序章 実話による 相続でくやしい思いをした話
◆こんな「くやしい」集
◆第1話 遺言がなく甥・姪からの遺産分割を要求される
◆第2話 新民法下の相続で名門旧侯爵家が滅亡
◆第3話 遺言状を作らせ有利な相続をたくらむ
◆第4話 義父の面倒をさんざん見たが相続権なし
◆第5話 前の遺言とは別の遺言が作ってあった
◆第6話 全く見知らぬ人に遺言で遺贈された
第一章 被相続人の死亡による 相続開始と相続財産
◆相続の制度はどうなっているのか
◆相続とはなにか
◆相続の開始
◆遺産の範囲
◆遺産をめぐる他人との争い
◆相続人
◆相続人の欠格・廃除
◆相続回復請求権
◆相続人の不存在
◆相続分
◆紛争例と解決の仕方・続き
◆特別受益(生前贈与・遺贈)
◆遺留分
◆寄与分
◆相続の放棄、承認・限定承認
◆遺言
◆遺産の分割と遺言の役割
◆遺言の出現
◆遺言の種類
◆遺言問答
◆遺産
◆相続分
◆遺産分割
◆協議
◆調停
◆審判
◆分割の効果
◆遺言による遺産分割の指定
◆金銭債権
◆生命保険
◆建物賃借権
◆ゴルフ会員権
◆遺骸・遺骨
◆金銭債務
◆継続的保証債務
◆葬式費用
◆遺産の一部のみの分割協議はできるか
◆妻(親権者)は子の遺産分割をも決められるか(利益相反)
◆「相続させる」との遺言の指定と分割の要否
◆家庭裁判所の手続き
◆相続人がいないときはどうなるか
◆相続税と相続分割に当たっての税金対策
◆相続税対策の実例研究
第二章 問題編
◆結婚したばかりの花嫁と、長年連れ添った妻と相続分が同じなのはおかしい
◆新婚旅行に出て、まだ入籍してない段階で夫が死亡したときは、花嫁は配偶者としての相続権はあるか
◆相続当時、別居をしていた配偶者も、法的に(戸籍上)配偶者であれば相続権があるのか
◆再婚した配偶者は相続権を失うか
◆相続後、配偶者に愛人ができ、子の相続分まで愛人の言いなりにして、目茶目茶にしているときも、相続分を失わないのか
◆配偶者が被相続人の生前に不貞をしていたときは相続権を失うか
◆配偶者に対する廃除はできるか
◆偽装離婚の妻は相続できるか・勝手に離婚届を出された場合はどうか
◆顔も知らない甥姪が相続人になるのはおかしい
◆子が相続を放棄したらどうなるか
◆二重資格の相続人とは
◆養子と非嫡出子ではなぜ相続分が違うか
◆親不幸した相続人の廃除・欠格を、他の相続人は主張できないか
◆知らない者が被相続人の子供だといってきたが、どうする
◆認知された子が出現した場合はどうすれば良いでしょうか
◆相続人は胎児でもなれるのか
◆失踪宣告された相続人が現れた
◆相続分が無い事の証明書とはなにか
◆相続分が無いことの証明書の偽造があったときは
◆相続放棄すると退職金・遺族年金はどうなるか
◆相続放棄で事故死の損害賠償はどうなるか
◆相続放棄すると生命保険金はどうなるか
◆長男の妻に寄与分はないのか
◆相続人以外(甥が事業を手伝った)は寄与分はないのか
◆推定相続人となる前の寄与は寄与分となるか
◆遺言で相続分の指定がある場合の寄与分
◆生前贈与や遺贈がある場合の寄与分
◆形見分けの品も遺産分割の対象か・誰が分けるか
◆農家の遺産
◆家業(商店)の相続と店の承継
◆家業が会社形態なので株式全部を承継したい
◆相続分と異なる分割はできるか
◆遺産分割協議の仕方と協議書の作成はどうするか
◆相続人が行方不明のときの分割協議
◆相続人が未成年者のときの遺産分割
◆胎児がいるときの分割協議
◆相続分の譲受人の分割協議参加
◆遺産分割協議はやり直すことができるか
◆名義変更に応じないときは
◆後で遺産がでてきたときは
◆土地家屋の評価
◆株の評価
◆貴金属の評価
◆美術品の評価
◆調停は誰が申立てるか
◆調停申立てに必要な書類はなにか
◆どこの裁判所へ申し立てるか
◆遺言が形式違反の場合は必ず無効か
◆遺言を書ける状態ではなかったが
◆死因贈与とはどのようなものでしょうか
第三章 事例編
◆ 長井家の相続争い
◆ 長井省太郎の生い立ち
◆家族の歴史
◆ 省太郎の死亡直後
◆ 一同の協議
◆ 相続に関する事実のまとめ
◆協議の続き
◆ 調停
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

◆序文

 相続は一生の大事件である。そしてまた残念ながら、近年これがよく揉める。
 筆者が弁護士になったころ、その当時は相続の紛争事件は比較的に少なく、経済激動期をうけて高利貸しに家を代物弁済で取られる事件と、宅地化する農地の売買紛争事件が多かったものである。
 相続紛争事件が多くなり始めたのは、土地の価格が上がり、個人の持つ財産価値が大きくなってからである。戦後ひとしく無一文になった日本中産階級は昭和二十年代に資産の形成を始めはしたものの、互いの格差は小さく、まだまだ腕一本で財産を作って行こうとしていたし、またそれが出来る時代でもあったのだ。
遺産を取り合いをする必要度も低かった。また旧制度の名残で、長男が争いもなく遺産をほとんど取り、両親の老後を見る、兄弟たちもそれに賛成するという慣習も根強かった。
 今日では社会情勢、経済事情、家族関係が大きく変わった。これはやむを得ないことであるし、誰もそれから逃れることはできない。相続への対応も変わらないではいられない。
 今日の相続は。ーーこれはもはやビジネスである。一般の個人にとっては、しかもグレートビジネスである。ではその、グレートビジネスへの正しい対処とは何であるか。
 まずは民法の相続法を知って掛かる、という事であろう。法律がすべてでは決してないが、しかし現在の相続紛争は親族の介入などできまるのではない。最後は法律による解決で終わるのだ。「あの人たちは法律をよく知っていて、それを悪用して来るんだからタマリませんよ」と言って相談に来る依頼者は実に多い。
 しかし法律はけっして敵ではない。むしろ味方である。イヤ味方にせねばならぬ。法律は元々公平に出来ている。遺言があるにせよ、遺言自体も法律の支配を受けるのである。これをよく知って正しく利用すれば、法律は味方になるのだ。それも難しく考えることはない。気持ち次第で簡単なことだ。
 法律家を味方に付けて相談すればよいのだ(いわゆる物知りはよくない。現実の事件レベルでは正規の法律家でなければならない。病気の時医師にかかることと較べれば良く分かるはずだ)。それは気が重い、というのであれば、その前に、自分のレベルに合った分かりやすい本を読む、これが第一の道である。悪びれる必要はない。始めから何でも知っている者など誰も居ない。調べて掛かり、尋ねて掛かれば良い。昔から大王といえども良臣に顧みて問うたものだ。顧問とはこれを言うのだ。
 まず本を買って読む、一冊に限ることはない。数冊読めば相補うことになる。本書がその一冊としてお役にたてば甚だ幸いである(なお同じ自由国民社出版の拙著「遺言の正しい活用法」と本書は姉妹書である)。
 時効の問題もあるし、相続税上の期間もある。万事早い内の研究をお奬めして置く。
 最後に本書を仕上げるまで大変お世話になった自由国民社の方々にお礼を申し上げる。
 平成五年十月一日。      著者。

試し読みできます

◆目次Ⅰ

序章  実話による 相続でくやしい思いをした話   

       こんな「くやしい」集                                          

 

第一章 被相続人の死亡による 相続開始と相続財産

  1. 相続の制度はどうなっているのか  
  2. 相続とはなにか              
  3. 相続の開始                                       
  4. 遺産の範囲              
  5. 遺産をめぐる他人との争い      
  6. 相続人
  7. 相続人の欠格・廃除
  8. 相続回復請求権
  9. 相続人の不存在
  10. 相続分
  11. 紛争例と解決の仕方・続き
  12. 特別受益(生前贈与・遺贈)
  13. 遺留分  
  14. 寄与分
  15. 相続の放棄、承認・限定承認
  16. 遺言
  17. 遺産の分割と遺言の役割
  18. 遺言の出現
  19. 遺言の種類
  20. 遺言問答
  21. 遺産
  22. 相続分
  23. 遺産分割
  24. 協議
  25. 調停
  26. 審判
  27. 分割の効果
  28. 遺言による遺産分割の指定
  29. 金銭債権
  30. 生命保険
  31. 建物賃借権
  32. ゴルフ会員権
  33. 遺骸・遺骨
  34. 金銭債務
  35. 継続的保証債務
  36. 葬式費用
  37. 遺産の一部のみの分割協議はできるか
  38. 妻(親権者)は子の遺産分割をも決められるか(利益相反)
  39. 「相続させる」との遺言の指定と分割の要否
  40. 家庭裁判所の手続き
  41. 相続人がいないときはどうなるか
  42. 相続税と相続分割に当たっての税金対策
  43. 相続税対策の実例研究

 

 

 


試し読みできます

◆目次Ⅱ

  第二章 問題編

  1. 結婚したばかりの花嫁と、長年連れ添った妻と相続分が同じなのはおかしい
  2. 新婚旅行に出て、まだ入籍してない段階で夫が死亡したときは、花嫁は配偶者としての相続権はあるか
  3. 相続当時、別居をしていた配偶者も、法的に(戸籍上)配偶者であれば相続権があるのか
  4. 再婚した配偶者は相続権を失うか
  5. 相続後、配偶者に愛人ができ、子の相続分まで愛人の言いなりにして、目茶目茶にしているときも、        相続分を失わないのか
  6. 配偶者が被相続人の生前に不貞をしていたときは相続権を失うか
  7. 配偶者に対する廃除はできるか
  8. 偽装離婚の妻は相続できるか・勝手に離婚届を出された場合はどうか
  9. 顔も知らない甥姪が相続人になるのはおかしい
  10. 子が相続を放棄したらどうなるか
  11. 二重資格の相続人とは
  12. 養子と非嫡出子ではなぜ相続分が違うか
  13. 親不幸した相続人の廃除・欠格を、他の相続人は主張できないか
  14. 知らない者が被相続人の子供だといってきたが、どうする
  15. 認知された子が出現した場合はどうすれば良いでしょうか
  16. 相続人は胎児でもなれるのか
  17. 失踪宣告された相続人が現れた
  18. 相続分が無い事の証明書とはなにか
  19. 相続分が無いことの証明書の偽造があったときは
  20. 相続放棄すると退職金・遺族年金はどうなるか
  21. 相続放棄で事故死の損害賠償はどうなるか
  22. 相続放棄すると生命保険金はどうなるか
  23. 長男の妻に寄与分はないのか
  24. 相続人以外(甥が事業を手伝った)は寄与分はないのか
  25. 推定相続人となる前の寄与は寄与分となるか
  26. 遺言で相続分の指定がある場合の寄与分
  27. 生前贈与や遺贈がある場合の寄与分
  28. 形見分けの品も遺産分割の対象か・誰が分けるか
  29. 農家の遺産
  30. 家業(商店)の相続と店の承継
  31. 家業が会社形態なので株式全部を承継したい
  32. 相続分と異なる分割はできるか
  33. 遺産分割協議の仕方と協議書の作成はどうするか
  34. 相続人が行方不明のときの分割協議
  35. 相続人が未成年者のときの遺産分割
  36. 胎児がいるときの分割協議
  37. 相続分の譲受人の分割協議参加
  38. 遺産分割協議はやり直すことができるか
  39. 名義変更に応じないときは
  40. 後で遺産がでてきたときは
  41. 土地家屋の評価
  42. 株の評価
  43. 貴金属の評価
  44. 美術品の評価
  45. 調停は誰が申立てるか
  46. 調停申立てに必要な書類はなにか
  47. どこの裁判所へ申し立てるか
  48. 遺言が形式違反の場合は必ず無効か
  49. 遺言を書ける状態ではなかったが
  50. 死因贈与とはどのようなものでしょうか

 


試し読みできます

◆目次Ⅲ

  第三章 事例編

  1. 長井家の相続争い
  2. 長井省太郎の生い立ち
  3. 家族の歴史
  4. 省太郎の死亡直後
  5. 一同の協議
  6. 相続に関する事実のまとめ
  7. 協議の続き
  8.  調停

 


試し読みできます

◆こんな「くやしい」集

 最近の筆者が取り扱った、比較的簡単な相続事件の実例を紹介してこの本を出発させよう。   

 相続でくやしい思いをしないための参考にして欲しい。

 

◆第1話 遺言がなく甥・姪からの遺産分割を要求される

 

◆第2話 新民法下の相続で名門旧侯爵家が滅亡

 

◆第3話 遺言状を作らせ有利な相続をたくらむ

 

◆第4話 義父の面倒をさんざん見たが相続権なし

 

◆第5話 前の遺言とは別の遺言が作ってあった

 

◆第6話 全く見知らぬ人に遺言で遺贈された



読者登録

石原豊昭さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について