twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,500円(税込)
『覚りの境地』 』 『 『感興句』 』 『 『功徳』 』 『 『一円の公案』 』 『 『信仰』 』 『 『解脱(げだつ)』 』 『 『仏道の真実』 』 『 覚りの境地(2019改訂版) 』 を購入した方は 1,000円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション 作者 SRKWブッダ
価格 1,500円(税込)
『覚りの境地』 』 『 『感興句』 』 『 『功徳』 』 『 『一円の公案』 』 『 『信仰』 』 『 『解脱(げだつ)』 』 『 『仏道の真実』 』 『 覚りの境地(2019改訂版) 』 を購入した方は 1,000円(税込)
タグ 仏道仏教覚り解脱修行公案
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

69 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 30ページ (Web閲覧)
45ページ (PDF)
試し読み:11ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 観(=止観)は、覚りに近づく一つの重要な方法である。観を完成した人は、心解脱を果たす。心解脱とは名称(nama)作用からの解脱を意味する。これによって、人は人間関係にまつわって生じる苦悩から完全に解放されるのである。

 さらに観を完成した人が充分に功徳を積んでいるならば、因縁を生じて智慧の解脱を果たすことができるであろう。それが仏に他ならない。

 本書は、修行法としての観について詳細に記した。また、観の代用として公案を援用する方法についても解説し、参考のため、世に知られたいくつかの公案の完全な回答を掲載した。加えて、SRKWブッダが作成したオリジナルの公案も提示している。

 円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)を求める人は、ぜひ手にとって読んでほしい。人は、観によって安らぎに近づくからである。 「読者登録」・「手紙」歓迎します。


参考: 『覚りの境地』 → http://p.booklog.jp/book/19730
     『一円の公案』 → http://p.booklog.jp/book/44000


【おしらせ】

 ホームページ『覚りの境地』(→ http://www.geocities.jp/srkw_buddha)の涼風通信のパスワードは、本書の目次の次のページに最新版が記載されています。

この本には試し読みが 11 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人差し指と中指の間に入る感情線の持ち主は...

小説・ノンフィクション

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例...

小説・ノンフィクション

この本を開く

4コマ(時に3コマ)のハリネズミくんシリ...

コミック

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの...

趣味・生活・芸術

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア...

ビジネス・教育・社会

もっとみる