目次
著者
2006年
(1)青天のヘキレキ
(2)「笑い」が唯一の健康法
(3)ナチュラル・キラー細胞くん
(4)胃の検診は胃カメラで
(5)黒い便は要注意
(6)セカンドオピニオン(上)
(7)セカンドオピニオン(下)
(8)腫瘍内科
(9)悔いのない第二の人生を
(10)インターネットは良薬
(11)副作用は怖くない
(12)インディアンの秘薬
(13)痔主、元痔主はご注意を
(14)白血球数に一喜一憂
(15)回復には運動も大切
(16)幸せの黄色いピアノのコンサート
(17)副作用もいろいろ
(18)前半戦を終わって
(19)体重も重要なバロメーター
(20)ガンの専門医の養成を
(21)やっと第4クールへ突入
(22)柿のへた
(23)ガンちゃんはバナナが苦手?
(24)久しぶりに温泉へ
(25)しぼんだガンちゃん
(26)バナナと柿のへた(続)
(27)うれしい先輩の励まし
2007年
(28)楽しく正月を過ごしました
(29)杏仁豆腐
(30)延長戦へ
(31)温泉旅行
(32)魔の土曜夜
(33)医療費控除
(34)腫瘍マーカー
(35)用いられた抗がん剤
(36)爪もみ療法
(37)1,2割の好運
(38)同伴退院しました
(39)免疫療法
(40)皮下埋め込み型ポート
(41)初めての通院治療
(42)健康御守
(43)NHK「きょうの健康」を視て
(44)通院治療の効果
(45)お花見ができた
(46)湯治に行ってきました
(47)同憂の士・小田実さん、がんばって
(48)順調に下がっている腫瘍マーカー
(49)がんとどう向き合うか
(50)ガンちゃんが反撃?
(51)再入院へ…
(52)ふたたび入院しました
(53)通院のような入院
(54)腫瘍マーカーが下がった?
(55)最後の親孝行
(56)第3クール延期
(57)腫瘍マーカーが下がり始めた
(58)ムカツキ
(59)治療生活のペース
(60)ふたたび退院しました
(61)手術はまた見送り
(62)生存率
2008年
(63)二度目の正月
(64)ガンちゃんもまた太り始めた??
(65)「がんと生きる」[がんに生きる]
(66)腫瘍マーカーは頭打ち?
(67)薬漬けの日々
(68)ガンちゃんもしぶとい
(69)二度目の花見
(70)腫瘍マーカーが下がらない
(71)三度目の入院へ
(72)三度目の入院にチャレンジ
(73)薬が効かなくなってきた?
(74)CT検査では変わりなし
(75)心の治癒力
(76)耐久レース
(77)ガンちゃんとの闘いは膠着状態
(78)三度目の退院
(79)ガンちゃんが暴れだした?
(80)突然の入院
(81)ガンちゃん、再活動始める
(82)ガンちゃん治まる?
(83)白血球が増えない
(84)ビワの種とワクチン
(85)四度目の入院治療へ
2009年
(86)また入院しました
(87)また下血
(88)ガンちゃん弱まる?
(89)「明日の風」と「がん残日録」
(90)腫瘍マーカーが下がりだした
(91)また入院治療から外来治療へ
(92)TS-1
(93)じわじわと出血
(94)突如、手術へ
手術速報
(95)手術成功! 大きな虹が出た 
(96)内科と外科の連係
(97)術後の経過は順調
(98)退院しました
(99)手術はしたけれど
(100)100回目を病院で書いています
(101)主治医の交代
(102)ガンちゃんの逆襲
(103)現治療法を継続
(104)ガンちゃんへの逆襲
(105)一難去ってまた一難
(106)薬が変わった
2010年
(107)ふりだしに戻る
(108)在宅ケアへ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


著者

「ステージⅣの胃ガンからの生還を目指す、昭和1桁生まれのガン闘病記です」


(1)青天のヘキレキ

2006.10.14 Sat

それはまったくパールハーバーとは比べものにならないくらいの不意打ちでした。ガンちゃんがわが身中に忍び込んで来たのは。

今年の計画として9月にまたスイスへハイキングに行くことにしていました。しかしもう72歳なので、念のため4月中旬に1泊の人間ドックを受診しました。その結果は、ほとんど異常なし、95点くらいでしょうか。そこで意を強くして宿や航空券などの手配をし、すべての用意が終わり、後1ヵ月というところへ突然ガンちゃんがやってきたのです。

どうしてわが身に・・・、つい愚痴も出ましたが、今さらいっても仕方がありません。もしガンちゃんがもう1月遅くやって来たならどうなったか? スイスの田舎町で、外国語のできない妻がたった一人でどれほど困ったことか? それを考えると、まあ不幸中の幸いと思わなければなりません。マイナス思考は捨てて、プラス思考で考えることにしました。

いろいろ本を読んでみても、ガンちゃんの一番の苦手は、やはりこの「プラス思考」のようです。

(2)「笑い」が唯一の健康法

2006.10.15 Sun

ガンちゃんが忍び込んでいるのは、ふとしたきっかけで分かりました。

今、西宮のシニアたちで、「クオーターテニス」というのが人気を呼んでいます。文字通りテニスを小型化し、室内で手軽にできるようにしたものです。私はこのスポーツをもう10年前から続けています。

8月4日、前日からちょっとだるさを感じていましたが、軽い夏ばてかな、まあ途中で切り上げようと思い、その朝も、近くの体育館に出かけました。いつもより手抜きしてプレイしていたのですが、やはり走ると動悸が激しく、前半が終わった休憩タイムで帰ることにしました。仲間も、「顔が真っ白だ。早く帰った方がいいよ」と気遣ってくれました。

早速近くのかかりつけのホームドクターを訪ねました。日ごろはたまに風邪でお世話になるくらいですが、もう何十年ものお付き合いです。そこで血液検査と腹部のエコー検査を受けたところ、「ひどい貧血、すい臓の辺りが怪しい。即入院しないといけない、たぶん手術だ。4月の人間ドックでは異常なしだから、まだそれほどひどくないだろう」

この一言で、これは「ガンちゃん、こんにちは」だと悟りました。自分でも意外に冷静でした。下の妹が50歳の若さでガンで亡くなっていましたので、「次は俺か」という感じでした。その晩も、不安はありましたが、眠れないということはなかったと思います。起こったことは仕方ない、運命として受容しようと自分に言い聞かせていました。

先生と相談して、市内でもっとも設備の整った県立西宮病院に入院することになり、週明けに、72歳で初めての入院しとなりました。検査を受けて、その結果を家族と共に聞きました。心配していたすい臓でなくて、胃ガンでしたが、すでに肝臓等に転移しており、手術はできないというのはまったく想定の範囲外だったものの、それでもすでに覚悟の上ですので、きわめて冷静に受け止めることができました。

その夜、担当の看護師さんがそっとのぞきに来てくれました。私がニコニコと笑って応対したので、安心したようでした。虚勢で笑顔を作ったわけではありません。ここで落ち込んだら、ガンちゃんに負けると思っていたから、自然に出たものと思っています。

昨日の朝日新聞で、乳ガン、胃ガン、食道ガンを克服した大空真弓さんも、「『笑い』が唯一の健康法」と述べています。

(3)ナチュラル・キラー細胞くん

2006.10.15 Sun

メル友のOさんから「<笑い>が唯一の健康法というのは仰るとおりだと思います」とのメールをいただきました。Oさんは、日本の平和学の草分けといわれる学者で、私と同じ歳ですが、大学を退職された今でも、国際的に活躍されています。2年前は広島選挙区から参院選に出馬されたほどです。

この元気印のOさんも、何とご夫婦共にガンちゃんと共生されているとのことで、驚きました。しかもお二人とも抗ガン剤は使っておられないとのことですが、とてもお元気だそうです。

その秘密は、ガンを目の仇にして処理してくれる「ナチュラル・キラー細胞」という細胞を信じて、生活されているからのようです。お二人は仕事の都合上、別居生活を送られたことがありますが、その時も毎日のように電話をして励まし、「ナチュラル・キラー細胞くん」の活性化に努められたとのことです。

この「ナチュラル・キラー細胞くん」は、単なる精神論でなく、医学的にも次のような働きをすることが証明されています。

<つまり、ナチュラルキラー細胞は、体内を常に独自でパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを発見すると、たとえ攻撃指令がなくても独自に戦闘態勢に入り、強大なパワーで敵(抗原・異常細胞)を殺してしまうという性質を持っています。特に、抗腫瘍効果には抜群の威力を発揮します。>

ナチュラルキラー細胞とは?」

このサイトには、「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性を高めるためには」という項目がありますが、その一つとして、やはり「笑う」が挙げられており、「笑い」が健康にいいということが医学的にも裏付けられています。

そういうと最近こういうニュースもありました。

「『笑い』でがん克服を 神戸の製薬会社と患者会」(神戸新聞、6月30日)
<笑いを通じてがん患者を励まそうと、全国のがん患者会でつくる「がん患者ネット」と製薬会社の日本イーライリリー(神戸市)が、元がん患者による落語や吉本新喜劇の公演を行うチャリティーイベント「医と笑いのコラボレーション 一緒に笑ってがんに勝つ」を八月二日、大阪市のなんばグランド花月で開く。>

ガンちゃんに隙を見せないよう、なるべく明るく振舞おうとの発病以来の戦術は、やはり間違っていなかったようです。 


(4)胃の検診は胃カメラで

2006.10.16 Mon

前にも書きましたが、4月の中旬に、人間ドックを受けています。その時胃の検査は、胃カメラか、レントゲンの選択性でした。私はまだ初期のころの胃カメラを呑んで、苦しかった思い出が残っているので、レントゲンを選びました。その結果は異常なし、腫瘍マーカーの値も正常範囲内の低いものでした。

それなのに、なぜ3カ月強の間にこれほどガンが進行していたのか? 二人の医師に意見を聞きました。

【A医師】
これほどの状態なら、人間ドックのさい胃カメラを呑んでおれば、見つかったはず。最近は胃の検診は胃カメラが主流になっており、そのためレントゲンの方は技術が低下している。私は胃の検診は絶対胃カメラでと主張している。

【B医師】
3カ月程度でも、これくらい進行することはある。よく歳をとれば進行が遅いというが、それは80、90代のこと、70代はまだ若い。

どちらの意見が正しいか、素人には判断できませんが、どちらにしろ今更いっても詮無いことです。それにしても人間ドックを過信しては危険ですね。

この人間ドックを受けた西宮市立中央病院では、私のように胃カメラを敬遠する人が多いせいか、もっと利用を多くしようと、最近受診者の負担が少ない、鼻から入れる「経鼻式」胃カメラを導入し、市の広報誌で大きく宣伝しています。これをもう半年早く導入してくれていたら、私も胃カメラを選択していたかもしれません。

いろいろ考えれば、マイナス思考はきりがありませんが、寝る前には過去を振り返るより、元気になればしばらく保養に山の見える信州のリゾートにでも行こうか、どこがいいかなどと考えるようにしました。

【教訓:胃の検診は胃カメラで】

[追記]今日の毎日新聞の社説にも、次の言葉が載っていました。
「病気になっても病人になるな。笑いが薬」


読者登録

Megumiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について