目次
著者
2006年
(1)青天のヘキレキ
(2)「笑い」が唯一の健康法
(3)ナチュラル・キラー細胞くん
(4)胃の検診は胃カメラで
(5)黒い便は要注意
(6)セカンドオピニオン(上)
(7)セカンドオピニオン(下)
(8)腫瘍内科
(9)悔いのない第二の人生を
(10)インターネットは良薬
(11)副作用は怖くない
(12)インディアンの秘薬
(13)痔主、元痔主はご注意を
(14)白血球数に一喜一憂
(15)回復には運動も大切
(16)幸せの黄色いピアノのコンサート
(17)副作用もいろいろ
(18)前半戦を終わって
(19)体重も重要なバロメーター
(20)ガンの専門医の養成を
(21)やっと第4クールへ突入
(22)柿のへた
(23)ガンちゃんはバナナが苦手?
(24)久しぶりに温泉へ
(25)しぼんだガンちゃん
(26)バナナと柿のへた(続)
(27)うれしい先輩の励まし
2007年
(28)楽しく正月を過ごしました
(29)杏仁豆腐
(30)延長戦へ
(31)温泉旅行
(32)魔の土曜夜
(33)医療費控除
(34)腫瘍マーカー
(35)用いられた抗がん剤
(36)爪もみ療法
(37)1,2割の好運
(38)同伴退院しました
(39)免疫療法
(40)皮下埋め込み型ポート
(41)初めての通院治療
(42)健康御守
(43)NHK「きょうの健康」を視て
(44)通院治療の効果
(45)お花見ができた
(46)湯治に行ってきました
(47)同憂の士・小田実さん、がんばって
(48)順調に下がっている腫瘍マーカー
(49)がんとどう向き合うか
(50)ガンちゃんが反撃?
(51)再入院へ…
(52)ふたたび入院しました
(53)通院のような入院
(54)腫瘍マーカーが下がった?
(55)最後の親孝行
(56)第3クール延期
(57)腫瘍マーカーが下がり始めた
(58)ムカツキ
(59)治療生活のペース
(60)ふたたび退院しました
(61)手術はまた見送り
(62)生存率
2008年
(63)二度目の正月
(64)ガンちゃんもまた太り始めた??
(65)「がんと生きる」[がんに生きる]
(66)腫瘍マーカーは頭打ち?
(67)薬漬けの日々
(68)ガンちゃんもしぶとい
(69)二度目の花見
(70)腫瘍マーカーが下がらない
(71)三度目の入院へ
(72)三度目の入院にチャレンジ
(73)薬が効かなくなってきた?
(74)CT検査では変わりなし
(75)心の治癒力
(76)耐久レース
(77)ガンちゃんとの闘いは膠着状態
(78)三度目の退院
(79)ガンちゃんが暴れだした?
(80)突然の入院
(81)ガンちゃん、再活動始める
(82)ガンちゃん治まる?
(83)白血球が増えない
(84)ビワの種とワクチン
(85)四度目の入院治療へ
2009年
(86)また入院しました
(87)また下血
(88)ガンちゃん弱まる?
(89)「明日の風」と「がん残日録」
(90)腫瘍マーカーが下がりだした
(91)また入院治療から外来治療へ
(92)TS-1
(93)じわじわと出血
(94)突如、手術へ
手術速報
(95)手術成功! 大きな虹が出た 
(96)内科と外科の連係
(97)術後の経過は順調
(98)退院しました
(99)手術はしたけれど
(100)100回目を病院で書いています
(101)主治医の交代
(102)ガンちゃんの逆襲
(103)現治療法を継続
(104)ガンちゃんへの逆襲
(105)一難去ってまた一難
(106)薬が変わった
2010年
(107)ふりだしに戻る
(108)在宅ケアへ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

100 / 112ページ

(98)退院しました

2009.06.30 Tue

本日外科病棟より退院しました。手術より25日、おかげさまでとくに術後のトラブルもなく、ドクターや看護師も太鼓判を押すほど順調に回復してきました。

退院前のCT検査では、上腹部、胸部ともとくに異常なし、ただしやはり門脈には陰が見られるとのことでした。

去る5月19日内科に緊急入院したときは、ひどい貧血とムカツキで食事もほとんど摂れない状態でした。入院後も胃からの下血はなかなか止まらず、口からも吐血するほどで、一方腫瘍マーカーはさらに上昇し、先行きどうなるかと暗澹たる心境でした。

それまでの入院中、同じような末期ガンということで、お互いに励ましあっていた“戦友”が二人、最近相次いで亡くなったこともあり、次はわが身かと秘かに覚悟を決めていたほどでした。

それが急転直下、ほとんど諦めていたガンちゃんの親玉の切除手術に成功し、お腹に名誉?の傷跡を付けて凱旋しようとは、夢にも思っていないことでした。まったく人間の運命とはわからないものです。

無事退院したとはいえ、ガンちゃんの残党はまだまだたくさん潜んでいます。腫瘍マーカーも大きく下がったとはいえ、未だ正常値とは程遠い高さです、

また三分の一に小さくなった胃をいたわりつつ、当面は食事にも気をつけていかねばなりません。胃腸の回復と抗癌剤治療を両立させていくのが、これからの大きな課題です。

先日、私より5, 6歳若い知人の訃報を聞きました。彼は私が発症したのとちょうど同じ頃、やはり胃ガンで胃の全摘手術を受けました。末期で手術もできない私に比べ、まだ初期であったのできっとその後はお元気であろうと思っていましたが、残念ながらあちこちに転移したとのことでした。

同じような例は、身辺でもいくつか聞きます。せっかく手術できても、それがQOL(生活の質)を落とし、免疫力の低下や余病の悪化を招くという例が多々あるようです。手術に成功したといっても、決して油断できません。

幸い腫瘍内科の主治医は化学療法では日本の代表的な名医で、私がこれまで3年近くも命をつないできたのも、まったく先生のおかげです。その先生を信じ、今一度気分を新たに、さらに挑戦していきたいと思っています。

(99)手術はしたけれど

2009.07.17 Fri

退院後、食事は1日6回に分けて少量づづ食べていますが、とくに胃腸に異常はなく、その間体重も1キロほど増えました。毎日散歩をして、体力の回復も図っています。

7月9日に、外来で診察を受けてきましたが、外科、内科ともにとくに異常はなく、順調とのことでした。ただヘモグロビンがここのところあまり増えず、この日も10.8と横ばいでしたので、造血剤を服用することになりました。

この日は腫瘍マーカーも検査したのですが、診察中にはまだ結果は出ませんでした。外科の水谷先生はかねてからまだ下がだろうと言われていたので、「結果が楽しみですね」と期待を持たせてくれました。

ところが1週間後の16日に内科の診察を受けに行ったところ、その期待に反して、腫瘍マーカー(AFP)は逆に21,190(前月比150%)と上がっていました。これには古林先生も想定の範囲外だったようです。

AFP0907
       (変化率がよくわかるように片対数グラフにしてあります)

「このように手術後1カ月でまた上昇するようなケースもあるのですか?」と質問すると、「あります。完全に取りきった場合は、そういうことはありませんが、(あなたの場合は)まだかなり残っていましたからね」という答えが返ってきました。

ということで予定していた外来治療でなく、また入院して「ガツン!」とやっつけなければならないことになりました。次回(23日)今後の方針について話を聞く予定です。なおヘモグロビンは、造血剤を1週間服用したのに10.6と依然として横這いが続いています。

せっかく手術もうまくいって、これでさすがのガンちゃんも相当参ったかと思っていましたが、どっこい残党もかなり手ごわいようです。どうせ食事もまともに摂れず、あまりあちこち出歩くこともできないので、ここはまた入院治療でがんばらねばならないようです。

(100)100回目を病院で書いています

2009.08.01 Sat

家族・親戚や友人に病状をお知らせするつもりで始めたこのブログですが、いつしか100回目を迎えました。こんなに続こうとは、まことに感無量のものがあります。

そして後数日で治療を始めて満3年になります。ステージ4の胃ガンの場合、3年後の生存率は15.7% とあります。ということは約6人に1人の狭き門を潜り抜けてきたことになります。

最初に入った病院で初めての治療を終えたとき、妻が「次の治療は?」と訊ねたところ、「後は緩和ケアです」と言われたそうです。その頃のことを考えると、100回目を書くことになろうとは、私も妻もまったく夢のようです。

もっともその100回目も入院中に書いています。前回書きましたように、せっかく胃の摘出手術に成功したものの、また腫瘍マーカーが上昇し始めたため、去る7月28日に入院したからです。そして30日から第1クールの点滴が始まり、先ほど終わったところです。

抗がん剤の入院治療の場合は、6クール終わると約半年は体を休めなければなりませんが、約4か月で始まりました。さらに今回は胃の手術後のため、その点からもやはりもう少し間をおいたほうがいいのですが、ただでさえ高い腫瘍マーカーがさらに上昇を始めたので、止むを得ず強行されたのです。

ところで原発の腫瘍を取り除いた場合、ガンちゃんの勢力は大きく減するので、抗がん剤の効き目は今までより高くなるという説があります。これをドクターに聞くと、「そんな甘い考えでは困る」と叱られてしまいました。

まあ幸い術後はふつう下がるはずの体重も約3キロ増えていますし、ずっと10台で低迷していたヘモグロビンも11.5まで上がりました。体調も自覚としは健康時と変わらないくらいです。

まだ食事が満足に摂れないため、どうせグルメや旅行などにも出かけられないので、この際治療専一にがんばらねばなりません。

(101)主治医の交代

2009.08.23 Sun

7月30日から始まった第1クールは、薬も前回入院治療時の第1クールとまったく同じで、副作用も毎度おなじみの程度でした。しかし白血球の回復が少し遅れてため、第2クールは予定より4日遅れて、8月17日から始まりました。

ところがここでたいへんなことが起こりました。これまでその熟達した技術で3年近く命を延ばしてきていただいた主治医の古林部長が突然病魔に襲われ、休職されることになったのです。そこで第2クールから主治医は池田医長に代わりました。

幸い古林先生は今回も全体の治療計画を立てられ、細部にわたって池田先生に引き継いでいただきました。池田先生もこの病院にすでに数年間勤務されており、古林先生の治療方法もよくご存じのはずです。その点心配はないのですが、何しろ命の綱と頼んできた先生が不在となって、一抹の不安は否めません。古林先生の1日も早い復帰を望んでいます。

そういうことで第2クールもまったく同じ薬で行われ、体調面では今のところとくに変わったことはありません。ところがここでもう一つ従来と代わったことが起こりました。それは病院の財政難を理由とした外泊の禁止です。

今まで抗がん剤の治療が終われば、体調もさほど悪くないし、自宅もすぐ近くなので、もっぱら外泊で家へ帰り、次の治療までの検査や診察は通院の形で受けていました。それが認められなくなり、外出ならいいというので、日中は家に帰り、食事をしたり、風呂へ入って、夜になったら病院へ寝に帰るという変な入院生活となりました。

また外泊できるくらい元気ならどんどん退院させるという方針も出たようで、前クールも後半の約10日間は一旦退院しました。今回も、5日間の白血球を増やす注射が終わる明後日にまた退院する予定です。

他の病院ですと、2、3日間の抗がん剤の点滴が終われば、後は通院でというのが一般的のようですが、芦屋病院の場合はとくに強い薬を使っているので体調が悪化する人が多く、そのため数クールの間ずっと入院することになっているようです。それが私の場合はとくに元気なのと自宅も近いので、外泊がいわばフリーパスになっていました。それがまたこれまで長い間にわたって体力・気力を維持、アップする源になってきたのです。

ということで、闘病生活にも大きな変化がありましたが、モチベーションを落とすことなく、いっそうがんばっていきたいと思っています。

(102)ガンちゃんの逆襲

2009.09.24 Thu

しばらくご無沙汰しましたが、その後第3クール、第4クールと予定どおり2週間のピッチで治療は順調に進みました。前半の1週間は入院、後半の1週間は退院という点が今までと違いますが、その間の経過はまったく同じで、薬も変わっていません。

手術後約3か月経ちましたが、食事も量は控えめながら、とくに消化の悪いものを除いては何でも食べられるようになりました。体重も手術前の61~3kgをずっとキープしており、体調もすこぶる良好です。

ところがこの間思いもかけないことが起こりました。ガンちゃんの強烈な逆襲が始まったのです。

8月24日に検査した腫瘍マーカー(AFP)の数値が何と前月の約13倍の269,840となりました。初期のころを除けば、今までこんなに極端に上がったことはなく、ドクターも異常値ではないかとのことで、今月の検査で再確認してみるとのことでしたが、どこか他に転移しているのではないとの不安も拭いきれませんでした。

そしてその不安が残念ながら的中し、去る18日受けたCT検査の結果、リンパ節の一つに腫瘍ができており、その大きさは約5cm もあるということがわかりました。

前回6月25日の検査ではまったく異常がなかったのに、手術で取りきれなかった転移叢がその後急激に増殖したものと思われます。5~6月と、出血や手術のため化学療法をまったく中断していた隙を狙って急成長したのでしょうか?

せっかく手術が成功して喜んでいたのに、まったく思いがけない事態にショックは否めませんが、取りあえずこの新たな腫瘍がまだまだ大きくなるのか、あるいは現在の治療が効いて成長が抑止できたのか、それを見極めることが必要です。

25日にまた腫瘍マーカーの検査がありますので、その結果も踏まえて、今後の治療方針をドクターと相談することになりました。場合によって、この際抗がん剤を変えるということになるかもしれません。


読者登録

Megumiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について