目次
著者
2006年
(1)青天のヘキレキ
(2)「笑い」が唯一の健康法
(3)ナチュラル・キラー細胞くん
(4)胃の検診は胃カメラで
(5)黒い便は要注意
(6)セカンドオピニオン(上)
(7)セカンドオピニオン(下)
(8)腫瘍内科
(9)悔いのない第二の人生を
(10)インターネットは良薬
(11)副作用は怖くない
(12)インディアンの秘薬
(13)痔主、元痔主はご注意を
(14)白血球数に一喜一憂
(15)回復には運動も大切
(16)幸せの黄色いピアノのコンサート
(17)副作用もいろいろ
(18)前半戦を終わって
(19)体重も重要なバロメーター
(20)ガンの専門医の養成を
(21)やっと第4クールへ突入
(22)柿のへた
(23)ガンちゃんはバナナが苦手?
(24)久しぶりに温泉へ
(25)しぼんだガンちゃん
(26)バナナと柿のへた(続)
(27)うれしい先輩の励まし
2007年
(28)楽しく正月を過ごしました
(29)杏仁豆腐
(30)延長戦へ
(31)温泉旅行
(32)魔の土曜夜
(33)医療費控除
(34)腫瘍マーカー
(35)用いられた抗がん剤
(36)爪もみ療法
(37)1,2割の好運
(38)同伴退院しました
(39)免疫療法
(40)皮下埋め込み型ポート
(41)初めての通院治療
(42)健康御守
(43)NHK「きょうの健康」を視て
(44)通院治療の効果
(45)お花見ができた
(46)湯治に行ってきました
(47)同憂の士・小田実さん、がんばって
(48)順調に下がっている腫瘍マーカー
(49)がんとどう向き合うか
(50)ガンちゃんが反撃?
(51)再入院へ…
(52)ふたたび入院しました
(53)通院のような入院
(54)腫瘍マーカーが下がった?
(55)最後の親孝行
(56)第3クール延期
(57)腫瘍マーカーが下がり始めた
(58)ムカツキ
(59)治療生活のペース
(60)ふたたび退院しました
(61)手術はまた見送り
(62)生存率
2008年
(63)二度目の正月
(64)ガンちゃんもまた太り始めた??
(65)「がんと生きる」[がんに生きる]
(66)腫瘍マーカーは頭打ち?
(67)薬漬けの日々
(68)ガンちゃんもしぶとい
(69)二度目の花見
(70)腫瘍マーカーが下がらない
(71)三度目の入院へ
(72)三度目の入院にチャレンジ
(73)薬が効かなくなってきた?
(74)CT検査では変わりなし
(75)心の治癒力
(76)耐久レース
(77)ガンちゃんとの闘いは膠着状態
(78)三度目の退院
(79)ガンちゃんが暴れだした?
(80)突然の入院
(81)ガンちゃん、再活動始める
(82)ガンちゃん治まる?
(83)白血球が増えない
(84)ビワの種とワクチン
(85)四度目の入院治療へ
2009年
(86)また入院しました
(87)また下血
(88)ガンちゃん弱まる?
(89)「明日の風」と「がん残日録」
(90)腫瘍マーカーが下がりだした
(91)また入院治療から外来治療へ
(92)TS-1
(93)じわじわと出血
(94)突如、手術へ
手術速報
(95)手術成功! 大きな虹が出た 
(96)内科と外科の連係
(97)術後の経過は順調
(98)退院しました
(99)手術はしたけれど
(100)100回目を病院で書いています
(101)主治医の交代
(102)ガンちゃんの逆襲
(103)現治療法を継続
(104)ガンちゃんへの逆襲
(105)一難去ってまた一難
(106)薬が変わった
2010年
(107)ふりだしに戻る
(108)在宅ケアへ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

88 / 112ページ

(87)また下血

2009.01.18 Sun

第1クールの治療が終わり、外泊で自宅に戻りましたが、例によって便秘になりました。12日になってやっと便が出たところ、それが赤黒いではありませんか。

9日の血液検査ではヘモグロビンが7.0と低く、なんとなく貧血気味で、いつものムカツキもことのほか強いように思っていましたが、やはりまた胃から出血していたのです。

そこで急遽病院へ舞い戻り、直ちに止血剤と栄養剤の点滴を受けました。もちろん絶食です。13日になって血液検査を受けたところ、ヘモグロビンがやはり6.2しかなく、輸血を受けました。

4日間絶食で止血剤の点滴を受け、やっと4日目の夕食から五分粥の食事が許されました。翌16日になって便の色も正常になり、血液検査の結果、ヘモグロビンも9.0と回復しました。その他白血球も、増強の注射を13日から打っているため、3,520となり、また血小板も135,000となりました。そこで外泊が許され、また自宅へ戻りました。

ドクターによれば出血は、抗がん剤の攻撃でガンちゃんが崩れつつあるためであるとのこと。そのせいか昨年9月同様な出血をした際は、翌月の腫瘍マーカーは一時的に下がりました。この出血がガンちゃんのダメージの結果なら、絶食や輸血の苦労も報われるのですが・・・。

3日半の絶食のおかげで、体重が4kg近く減りました。それでもまだ発症前の63kgより2kg以上もあります。すっかりメタボ体形になってしまいましたが、やはり貯金はしておくものです。幸い体調もよくなったので、また貯金に励みましょう。


(88)ガンちゃん弱まる?

2009.02.03 Tue

第2クールは、予定どおり2週間のピッチで1月20日から始まりました。薬は前回と同様です。その後の経過はおおよそいつもどおり。今回も出血するかもしれないとドクターに注意されましたが、幸い異常はありませんでした。

月が変わって昨2日、2月度の腫瘍マーカー(AFP)の検査がありましたが、26,000と前月からちょうど半減していました。マーカーが下がったのは昨年10月以来4カ月ぶりですが、前回も下血の直後でした。ドクターに確認したところ、やはりあの下血は腫瘍が崩れたためで、それがマーカー低下の原因とのこと。あるいはと期待していたのですが、そのとおり下がってくれて、ほっとしました。

これも抗がん剤が効いたのでしょうか、1月29日の検査では、白血球740、ヘモグロビン7.2 、血小板36,000と最近には珍しく大幅に低下しました。昨日の検査では、それぞれ2470、8.5、65000と少し回復しましたが、今日から予定されていた第3クールはまだちょっと無理との診断で、早くても5日からとなりました。

前回の記事に、いつも温かい励ましをいただいていますTさんから、「病気になると、絶対に太り気味が良いそうです」とのコメントをいただきました。

ドクターの口癖も「おいしいもんをしっかり食べてください」です(さすがにこのごろは言われなくなりましたが)。前にも紹介しましたが、ベテランの看護師さんも「よく食べられる人ほど、よくなる可能性が高い」と言っています。

スポーツもできず、遠くへの旅行もできない現状では、グルメが最大の楽しみです。幸いこの病気は、、他の生活習慣病と違って、好きなものを自由に食べることができます。今回の入院に備え12月には、志摩半島の天然とらふぐ、日本海の松葉蟹を楽しんできました。

このところガンちゃんに押され気味でしたが、テキも少し弱ってきたようで、ここはまた勝負どころです。グルメで体力を蓄えて、またひとがんばりしたいと思っています。

(89)「明日の風」と「がん残日録」

2009.02.18 Wed

第3クールは5日から始まりましたが、前回血小板が異常に低くなったので、今回は血小板を減らす可能性のあるパラプラチンを除いて実施されました。その結果血小板もそれほど下がらなかったので、第4クールは予定通り、19日から実施されることになりました。腫瘍マーカーも下がりかけているので、ここは攻め時です。

ネット上にずっと「がんと向き合う」という闘病記を書き続けてこられたKさんが、残念ながら去る1月27日にお亡くなりになりました。

Kさんは私より約半年後に胃ガンを発症されました。同じくまったくの健康体から突然の発症で、ともに胃ガンのステージ4と、よく似た同病の士でしたので、毎回関心をもってこの闘病記を拝読し、陰ながらエールを送っていました。

「がんと向き合う」は、このブログの雑文と違って、病気の状況や治療の内容、ご自分の心境などを詳細に書いておられ、たいへん参考になりました。Kさんは実に研究熱心で、ガンやその治療法についてよく勉強されており、実際に化学療法以外に免疫細胞療法や放射線治療なども受けられました。

しかしKさんの胃ガンは悪性のスキルス胃ガンであったため、どの治療法も効果がなく、、病状は悪化し、ついに昨年12月自宅で緩和ケアを受けることを決意されます。その後のことは毎日の日記「明日の風」に綴られていましたが、それも1月20日で途切れてしまいました。そして1週間後、67歳の若さで安らかに息を引き取られたとのことです。

ガンの闘病記といえば、昨年11月7日肺がんのため亡くなった筑紫哲也さんの「がん残日録」(文芸春秋2月号)を読みました。

筑紫さんが突然ガンの告知を受けたのは私より9カ月後でした。その時点では私より軽いステージ3との診断でしたが、彼の場合も悪性の小細胞ガンということで、やがて転移は全身に及びました。そして免疫療法や樹状細胞両方などの新しい治療法も試みられましたが、ついに約500日の闘病の末お亡くなりになりました。

しかしその短い闘病の中でも、治療の合間を縫ってテレビに出演するなど、ジャーナリストとしての活動を最後まで続けておられました。その気迫が行間から伝わってくるようでした。

このお二人の闘病記を読んで、その病気と闘う姿勢、そして最後までまことに充実した人生を送られたことにたいへん感銘を受けました。

私は幸い名医にめぐり合ったこともあって、ただ化学療法のみでお二人より長い時間を生き延びています。まだ治療の合間に温泉に行ったり、グルメを楽しむこともできます。その僥倖に感謝し、残された日々を有意義に過ごしたいと思っています。

(90)腫瘍マーカーが下がりだした

2009.03.08 Sun

2月19日から始まった第4クールもほぼいつもどおりの状態で経過し、幸い体調もよく、2週間後の3月5日からの第5クールを迎えました。

最初に血液検査を受けたところ、白血球3,170、ヘモグロビン8.3 、血小板115,000となりました。白血球は注射で増えましたが、このところ赤血球の回復は悪く、結局第3クールと同じく血小板を減らすパラプラチンを除いて抗がん剤の投与を受けました。例によって約45時間の点滴を昨日まで受け、また家に帰ってきているところです。

5日の血液検査では3月度の腫瘍マーカー(AFP)の検査もありましたが、幸い前月に引き続いて、15,615(前月比40%減)と下がっていました。2カ月続けて大幅に下がったのは、一昨年以来です。

 昨年は5月から8月にかけて3度目の入院治療を受けたのにもかかわらず、ずっと上昇基調でした。それが今回の入院でやっとストップがかかった感じで、今までの薬の効果は依然効果を失っていないようです。 まだまだ予断は許されませんが、少しほっとしているところです。



(91)また入院治療から外来治療へ

2009.03.31 Tue

第6クールも予定どおり3月19日から始まりました。事前の検査では白血球5,430、ヘモグロビン8.5、血小板222,000となって血小板もj回復しましたし、これで最後ということもあって、またパラプラチンも含めたフルスペックで抗がん剤の注射を受けました。

その後の経過もほぼこれまで同様順調でしたが、ただ26日の検査ではヘモグロビンが6.7と大きく下がってしまいました。少しふらつく感じで、また下血かと心配しましたが、便の色は正常で、ドクターもやはり副作用によるものだろうと言われました。2年半もの間、ずっと化学療法を続けていますので、骨髄の造血機能もだいぶダメージを受けているようです。

強力な薬を使う入院治療は6回が限度なので、これで今回の治療は終了です。30日の検査ではヘモグロビンが7.3と若干ながら上がりましたので、この日で一応退院しました。退院といっても、完治したわけでなく、また入院中も例によってほとんど家に帰っていましたので、特別の感慨はありませんが、今回は前回と違って腫瘍マーカーが下がりつつあるので、まあ少しは明るい気分です。

これからはふたたび外来治療に戻って、原則2週間ごとに弱めの抗がん剤治療を受けることになります。第1回は4月6日です。まだ少し貧血気味ですが、それ以外は体調も良好ですし、暖かくなれば、また徐々に体力の増強に努めたいと思っています。


読者登録

Megumiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について