目次
著者
2006年
(1)青天のヘキレキ
(2)「笑い」が唯一の健康法
(3)ナチュラル・キラー細胞くん
(4)胃の検診は胃カメラで
(5)黒い便は要注意
(6)セカンドオピニオン(上)
(7)セカンドオピニオン(下)
(8)腫瘍内科
(9)悔いのない第二の人生を
(10)インターネットは良薬
(11)副作用は怖くない
(12)インディアンの秘薬
(13)痔主、元痔主はご注意を
(14)白血球数に一喜一憂
(15)回復には運動も大切
(16)幸せの黄色いピアノのコンサート
(17)副作用もいろいろ
(18)前半戦を終わって
(19)体重も重要なバロメーター
(20)ガンの専門医の養成を
(21)やっと第4クールへ突入
(22)柿のへた
(23)ガンちゃんはバナナが苦手?
(24)久しぶりに温泉へ
(25)しぼんだガンちゃん
(26)バナナと柿のへた(続)
(27)うれしい先輩の励まし
2007年
(28)楽しく正月を過ごしました
(29)杏仁豆腐
(30)延長戦へ
(31)温泉旅行
(32)魔の土曜夜
(33)医療費控除
(34)腫瘍マーカー
(35)用いられた抗がん剤
(36)爪もみ療法
(37)1,2割の好運
(38)同伴退院しました
(39)免疫療法
(40)皮下埋め込み型ポート
(41)初めての通院治療
(42)健康御守
(43)NHK「きょうの健康」を視て
(44)通院治療の効果
(45)お花見ができた
(46)湯治に行ってきました
(47)同憂の士・小田実さん、がんばって
(48)順調に下がっている腫瘍マーカー
(49)がんとどう向き合うか
(50)ガンちゃんが反撃?
(51)再入院へ…
(52)ふたたび入院しました
(53)通院のような入院
(54)腫瘍マーカーが下がった?
(55)最後の親孝行
(56)第3クール延期
(57)腫瘍マーカーが下がり始めた
(58)ムカツキ
(59)治療生活のペース
(60)ふたたび退院しました
(61)手術はまた見送り
(62)生存率
2008年
(63)二度目の正月
(64)ガンちゃんもまた太り始めた??
(65)「がんと生きる」[がんに生きる]
(66)腫瘍マーカーは頭打ち?
(67)薬漬けの日々
(68)ガンちゃんもしぶとい
(69)二度目の花見
(70)腫瘍マーカーが下がらない
(71)三度目の入院へ
(72)三度目の入院にチャレンジ
(73)薬が効かなくなってきた?
(74)CT検査では変わりなし
(75)心の治癒力
(76)耐久レース
(77)ガンちゃんとの闘いは膠着状態
(78)三度目の退院
(79)ガンちゃんが暴れだした?
(80)突然の入院
(81)ガンちゃん、再活動始める
(82)ガンちゃん治まる?
(83)白血球が増えない
(84)ビワの種とワクチン
(85)四度目の入院治療へ
2009年
(86)また入院しました
(87)また下血
(88)ガンちゃん弱まる?
(89)「明日の風」と「がん残日録」
(90)腫瘍マーカーが下がりだした
(91)また入院治療から外来治療へ
(92)TS-1
(93)じわじわと出血
(94)突如、手術へ
手術速報
(95)手術成功! 大きな虹が出た 
(96)内科と外科の連係
(97)術後の経過は順調
(98)退院しました
(99)手術はしたけれど
(100)100回目を病院で書いています
(101)主治医の交代
(102)ガンちゃんの逆襲
(103)現治療法を継続
(104)ガンちゃんへの逆襲
(105)一難去ってまた一難
(106)薬が変わった
2010年
(107)ふりだしに戻る
(108)在宅ケアへ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

81 / 112ページ

(80)突然の入院

2008.09.20 Sat

前回9日の検査でヘモグロビンが7.0と下がっているので要チェックと書きましたが、やはりその後便をチェックしますと、黒っぽくなっていました。また消化器から出血している可能性があります。そこで11日に病院へ電話して、応急に診てもらいました。

すると血液検査ではヘモグロビンが6.5とさらに下がっており、すぐ胃カメラの検査を受けたところ、原発の腫瘍がまた大きくなっており、そこから出血していることがわかりました。ということで即入院を命じられ、また元の病室へ舞い戻りました。

それから4日間絶食、栄養剤と止血剤を点滴で1日12時間入れました。15日からやっとお粥が食べられるようになりましたが、止血剤の点滴は続き、17日になってようやく点滴が錠剤に変わりました。

16日の検査では、ヘモグロビンが8.2となり、便の色もよくなってきましたので、やっと17日から外泊が許されました。18日でめでたく?後期高齢者となりましたが、何とか自宅で75回目の誕生日を祝うことができました。といっても余りご馳走は食べられず、もちろんアルコールもだめですが、何とかまた歳を重ねることができたことに感謝せねばなりません。

19日に病院へ戻り、血液検査を受けたところ、ヘモグロビンは8.6となり、また便の色もほぼ正常に戻りましたので、その日で退院ということになりました。

CTで診る限り、胃の外部へ浸潤していた腫瘍は小さくなったままでしたが、9ヵ月ぶりの胃カメラで診ますと、ほとんど引っ込んでいた内部の腫瘍がふたたび大きくなったようです。腫瘍マーカーが上がっているのも、これが原因でしょう。

退院はひとまずやれやれですが、これからはまた暴れ始めたガンちゃんとの闘いが待っています。絶食のおかげで、4kgほどダイエットでき、腰痛もいつの間にか治まったので、秋風とともにまた体力増強に努めたいと思っています。

(81)ガンちゃん、再活動始める

2008.09.30 Tue

25日に血液検査を受けた結果、白血球4,580、ヘモグロビン9 .9 、血小板173,000となりました。便の色も正常になっていますので、一応出血は止まったと診断されました。しかし止血剤は当分飲み続けなければなりません。

ということで28日に3週間ぶりに外来で抗がん剤の点滴を受けてきました。薬は前回と同様ドセタキセル(1時間)とパラプラチン(2時間)です。

ところでその時、25日に検査した腫瘍マーカー(AFP)の結果を聞きましたが、残念ながらまた上がって、29,270と前月のちょうど2倍になりました。やはり胃の内部の腫瘍がまた大きくなっていることが原因とのことで、ドクターも今後外来での治療で好転するかどうかは、やってみないとわからないと言われました。
afp0809

ともかく今のところきつい入院治療はまだ無理なので、外来治療に頼らざるを得ず、次回は14日の予定です。幸い体調は良好なので、それまでまた小旅行にでも行って英気を養いたいと思っています。 

(82)ガンちゃん治まる?

2008.10.24 Fri

前回9月28日の治療から2週間経った14日に治療を受けに行きました。ところが白血球が1,070と異常に低いため、この日の治療は23日まで延期となりました。今まで外来の治療でこれほど下がったことはなく、わが骨髄もいよいよダメージが強くなってきたのかと思いました。

そこで昨23日再チャレンジのため、また病院へ行きました。まず14日に検査した腫瘍マーカー(AFP)の値を聞きましたが、20,450と前月に比べ約30%低くなっていました。前回の検査は9月25日でしたが、今回は14日とその間実質20日くらいですから、1か月換算ですと、減少率はもっと高くなることでしょう。

最近は骨髄の回復が遅いため、抗がん剤の量も抑え、投薬間隔も長くなっていますので、さらに増えているものと覚悟していましたが、取りあえずほっとしました。

血液検査の結果は、白血球2,920、ヘモグロビン9.0 、血小板141,000となり、白血球が何とか増えましたので、抗がん剤の治療を受けてきました。ドクターは敵の勢いが少し弱まってきたここが攻め時なのですがと言いつつ、しかし慎重を期して、ドセタキセルの量を前回の60ml から40ml に減らされました。

ここ2か月ほど腫瘍マーカーの値が急に上がったので、ドクターのご機嫌も少し斜めのようにうかがえましたが、昨日は心なしか愛想がいいように感じました。余り患者の前では感情を表に出さない方ですが、やはり内心では医師として一喜一憂しておられるようで、ドクターのご機嫌にこちらもすっかり安堵感を憶えました。

ようやく気候もよくなりましたので、ここのところ体力増強と英気を養うため、グルメの食べ歩きや小旅行に出かけています。それが効を奏しているのでしょうか? これからもせいぜい出歩きたいと思っています。ガンちゃんもいい気分になって、しばらく眠っていてくれればいいのですが・・・。

(83)白血球が増えない

2008.11.11 Tue

昨日病院へ行きましたが、血液検査の結果は、白血球2,350、ヘモグロビン9.6 、血小板194,000でした。白血球の数値が思ったより低かったのですが、何とか滑り込みセーフで予定どおり抗がん剤の点滴治療を受けてきました。内容は前回とまったく同じです。

前回より18日も日が空いており、その間食欲も旺盛でおいしいものを食べたり、先日は牛窓、尾道と2泊の旅をしてくるなど、元気にしていますが、白血球だけはどうも増えないようです。

そういうこともあって、次回は3週間空けて、12月1日の予定となりました。「何も薬ををどんどん打てばいいというわけではないですからね」とはドクターの言です。

また少し間があるので、体力増強に努め、自力での回復を目指したいと思っています。友人のK医師も「自然の抵抗力は自然とのふれあいで強くなります。白血球もそれで増えます」と励ましてくれています

よころで先日ジャーナリストの筑紫哲也さんが亡くなりました。私よりも後からガンを発症され、先に逝ってしまわれました。同じく同世代の小田実さんもそうでしたが、まことに残念でなりません。

筑紫さんには、私も著者の末席に名を連ねています「むかし、みんな軍国少年だった」という本に扉の言葉を書いていただきました。幸い生き残っている者として、筑紫さんや小田さんの遺志を体してがんばらねばと思っています。

(84)ビワの種とワクチン

2008.12.02 Tue

前回の治療から3週間、その間もやはりできるだけ出歩いたり、おいしいものを食べたりしていて、体調は快食、快便、快眠で過ごしました。

ところが昨日病院の血液検査の結果は、白血球2,600、ヘモグロビン10.0 、血小板147,000と余り回復していませんでした。やはり骨髄だけはどうも元気がないようです。一応それでも予定どおり抗ガン剤の治療は受けてきました。薬は前回と同様です。

また先月10日検査した腫瘍マーカー AFP の結果も出ていましたが、25.480と前月より約25% 上がっていました。先月はせっかく下がったのに、また上がっているのは、治療がゆるめになっているからでしょうか?

先日ある友人から、ガンに効くという「ビワの種の微粉末」を紹介されました。実際に数カ月でガンが消えたという人が何人もあるそうです。

ネットで検索してみますと、ビワの種や葉は古くから民間療法で使われておるようで、がんにも有効であるというサイトが非常に多くあります。一方また、国立健康・栄養研究所のサイトには、<最近では、健康食品にも利用されるが、ヒトでの有効性・安全性に関する信頼できるデータが見当たらない>とも書かれています。

そこでまた医師である友人に尋ねてみますと、<古くからガンの薬として効果が知られているならば,製薬会社が試している筈で、実用されていない事は効果が無いか、どこかに問題があると言う事かと思います。>との答えでしたが、しかし心理的効果や自然治癒力は否定することはできないとも述べていました。

主治医に聞いてもたぶん同じような意見を言われるでしょうし、6月に「がんと心の治癒力」という講演を聞いた黒丸尊冶先生の意見もほぼ同じでした。まあ一つの選択肢として考えておきたいと思っています。

また先日NHKテレビのニュースが、ガンのワクチンが各施設で臨床試験段階に入っており、効果のあって例もみられると報じていました。そのことを昨日ドクターにお聞きしますと、「まだ5年先にならないとわかりません」との答えでした。これも有力な選択肢ですが、5年先まで待てるでしょうか?

参考サイト:がん、ワクチン療法

ともかく当面は自力を頼りに、ガンちゃんと闘っていくしかありません。医師の友人からも、次のようなメールを貰いました。

<マーカーも血液像も横這いですね。骨髄は、無理押しして許容範囲を越すと困るので、難しい所です.ガンちゃんはもともと無法者ですから,道理にはなかなか従いません。先生は良く遣って居られると思います。

化学療法にも制限のある現在は、食事、適度の運動、外気、日光、新鮮な空気、前向きの気持ち,笑い、睡眠と休養、当たり前の事ですが、総動員して味方になってもらうしか無いですね。一つ一つは僅かでも,纏まれば力に成ります。手近で、比較的安価なのも良いところです。>

このアドバイスを旨として、次の治療までの3週間を過ごしたいと思っています。



読者登録

Megumiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について