目次
著者
2006年
(1)青天のヘキレキ
(2)「笑い」が唯一の健康法
(3)ナチュラル・キラー細胞くん
(4)胃の検診は胃カメラで
(5)黒い便は要注意
(6)セカンドオピニオン(上)
(7)セカンドオピニオン(下)
(8)腫瘍内科
(9)悔いのない第二の人生を
(10)インターネットは良薬
(11)副作用は怖くない
(12)インディアンの秘薬
(13)痔主、元痔主はご注意を
(14)白血球数に一喜一憂
(15)回復には運動も大切
(16)幸せの黄色いピアノのコンサート
(17)副作用もいろいろ
(18)前半戦を終わって
(19)体重も重要なバロメーター
(20)ガンの専門医の養成を
(21)やっと第4クールへ突入
(22)柿のへた
(23)ガンちゃんはバナナが苦手?
(24)久しぶりに温泉へ
(25)しぼんだガンちゃん
(26)バナナと柿のへた(続)
(27)うれしい先輩の励まし
2007年
(28)楽しく正月を過ごしました
(29)杏仁豆腐
(30)延長戦へ
(31)温泉旅行
(32)魔の土曜夜
(33)医療費控除
(34)腫瘍マーカー
(35)用いられた抗がん剤
(36)爪もみ療法
(37)1,2割の好運
(38)同伴退院しました
(39)免疫療法
(40)皮下埋め込み型ポート
(41)初めての通院治療
(42)健康御守
(43)NHK「きょうの健康」を視て
(44)通院治療の効果
(45)お花見ができた
(46)湯治に行ってきました
(47)同憂の士・小田実さん、がんばって
(48)順調に下がっている腫瘍マーカー
(49)がんとどう向き合うか
(50)ガンちゃんが反撃?
(51)再入院へ…
(52)ふたたび入院しました
(53)通院のような入院
(54)腫瘍マーカーが下がった?
(55)最後の親孝行
(56)第3クール延期
(57)腫瘍マーカーが下がり始めた
(58)ムカツキ
(59)治療生活のペース
(60)ふたたび退院しました
(61)手術はまた見送り
(62)生存率
2008年
(63)二度目の正月
(64)ガンちゃんもまた太り始めた??
(65)「がんと生きる」[がんに生きる]
(66)腫瘍マーカーは頭打ち?
(67)薬漬けの日々
(68)ガンちゃんもしぶとい
(69)二度目の花見
(70)腫瘍マーカーが下がらない
(71)三度目の入院へ
(72)三度目の入院にチャレンジ
(73)薬が効かなくなってきた?
(74)CT検査では変わりなし
(75)心の治癒力
(76)耐久レース
(77)ガンちゃんとの闘いは膠着状態
(78)三度目の退院
(79)ガンちゃんが暴れだした?
(80)突然の入院
(81)ガンちゃん、再活動始める
(82)ガンちゃん治まる?
(83)白血球が増えない
(84)ビワの種とワクチン
(85)四度目の入院治療へ
2009年
(86)また入院しました
(87)また下血
(88)ガンちゃん弱まる?
(89)「明日の風」と「がん残日録」
(90)腫瘍マーカーが下がりだした
(91)また入院治療から外来治療へ
(92)TS-1
(93)じわじわと出血
(94)突如、手術へ
手術速報
(95)手術成功! 大きな虹が出た 
(96)内科と外科の連係
(97)術後の経過は順調
(98)退院しました
(99)手術はしたけれど
(100)100回目を病院で書いています
(101)主治医の交代
(102)ガンちゃんの逆襲
(103)現治療法を継続
(104)ガンちゃんへの逆襲
(105)一難去ってまた一難
(106)薬が変わった
2010年
(107)ふりだしに戻る
(108)在宅ケアへ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

59 / 112ページ

(58)ムカツキ

2007.10.19 Fri

第3クールから2週間経った10月15日朝に、採血検査を受けましたが、白血球3,140、ヘモグロビン10.8、血小板182,000と問題はなかったので、予定どおり17日まで第4クールの点滴を受けてきました。

今回は血小板の状態もよくなったので、前回省かれたパラプラチンもまた投与されることになり、抗がん剤はまた当初のフルスペックに戻りました。それでも18日の検査では、血小板は136,000とそれほどは下がっていませんでした。

今のところ副作用は、今までと余り変わりませんが、胸のムカツキがだんだん早く出るようで、今回は1日目からもう感じられるようでした。どうも何回も繰り返していると、気分だけでそうなってくるのかもしれません。

最初の内は緊張していますし、とにかく必死でしたので、たいていのことはなにくそと耐えていましたが、最近は副作用以外は体調もよく、入院とは名ばかりでほとんど家に戻っていますので、少し気が緩んできているような気がします。

今日で第4クール開始後5日目になりますが、今もまだ軽いムカツキはあり、食事も余り進まない状態ですが、明後日くらいには食欲も回復すると思いますので、その後の1週間はガンちゃんに負けないよう積極的に過ごしたいと思っています。

(59)治療生活のペース

2007.11.05 Mon

予定どおり先週10月29日から第5クールが始まり、ほぼ1週間が過ぎました。副作用も治まり、体調も快調です。今回は事前の血液検査で白血球が2,110と低かったので、パラプラチンは前回の半分の150mgに減らされました。

今日はまた腫瘍マーカー(AFP)の検査もありましたが、1,944と前月に引き続き順調に下がっていました。この配合の抗がん剤が相変わらず効力を発揮しているようです。

これで前回の入院時と合わせると、同じ薬による治療が13回にもなりますが、看護師さんに言わせると、「それだけ体力があるということ」だそうです。幸い体力はまだまだ大丈夫そうなので、さらに頑張りたいと思っています。

さてこれだけ繰り返しますと、治療生活のペースもほぼ一定化してきました。最初点滴を2泊3日で受けます。その後は、5日間連続の白血球増加の注射および週2回の血液検査を通院で受けます。

1クールは原則2週間ですが、前半の1週間は副作用で食欲が落ち、体重も2kgほど落ちます。後半の1週間はそのリバウンドで食欲も増し、体重も回復します。その体重も最低でも最初の入院前を上回るほどです。

かくなる上は、ガンちゃんとの長丁場の体力勝負、後半の1週間は体力を維持するため、スポーツこそは自粛していますが、グルメの食べ歩きやコンサート、時には1泊旅行など、できるだけ出歩いて足腰の衰えを防ぐとともに、気分のリフレッシュを図っています。

最近新しいデジカメを買ったので、花などの撮影などにも出かけています。今月は紅葉も撮りに行くつもりです。幸い腫瘍マーカーも下がりつつありますので、それを励みに前向きにガンちゃんと闘っていきたいと思っています。

aiko.jpg

            荒牧バラ公園

(60)ふたたび退院しました

2007.11.21 Wed

予定どおり11月12日から第6クールの治療が始まりました。たまたま院長の回診があり、院長は「こういう治療を繰り返し、ガンを“枯らして”から手術をして、そのあと再発防止の治療を少しして、治った人も何人かいますよ」と励ましてくれました。

これで当初予定されていた6回の治療が終わったので、その成果を診るために19日にCT検査を受けました。

その結果を昨日聞きましたが、かねて胃から浸潤して腹部に大きく膨れ上がっていた腫瘍は、1.5cmほどに縮小しているとのことでした。画像で見ると、ほんの小さな点でしかありません。

また肝臓にはのう胞が見られるものの、やはり前回同様ガン細胞はもう見当たらないとの診断でした。ガンちゃんはすっかり“枯れて”しまったようです。

そこで主治医と外科の先生が相談されて、これなら手術は可能という結論になったそうです。ただし腫瘍の部分のみ小さく切るだけですむか、それ以外にも癒着している部分があって大きく切らねばならないかは、開腹してみないと分からないとのことでした。しかし今までは開腹するまでもなく手術が困難と診断されていたわけで、それからみると、大きく好転したことになります。

ちなみにこのまま化学療法を続けていって、それだけでガンが消滅する可能性があるか聞いてみましたが、答えはYESでした。しかしそれは長期間を要し、体力も消耗するし、ガンに耐性が生じるリスクもある、物理的に切ってしまうほうが確実とのことです。

そこで26日に胃カメラの検査をして、その結果で最終的に手術かどうかの結論を出すことになりました。手術をするとすれば、1ヵ月以降ということになります。

ということで本日正式に退院ということになりました。もっとも入院とはいうもののほとんど自宅で過ごしていたので、退院といっても余り実感はありません。むしろ手術という新しい山が見えてきて、それで頭がいっぱいといったところです。

(61)手術はまた見送り

2007.12.06 Thu

その後11月26日に、9カ月ぶりで胃カメラの検査を受けました。かつて大きな腫瘍があった箇所は、前回(2/16)よりもよくなりましたが、まだ引きつれたような瘢痕が残っていました。またそのちょうど反対側(下側の胃壁)にごく小さな腫瘍らしいのがありました。新しく発生したのか、従来からの残りかわかないとのことです。

その結果を踏まえ、また外科部長の小川先生に手術の可能性について意見を聞くことになりました。

ところで最近同年輩の二人の知人が相次いで亡くなりました。二人とも肺癌で、手術は成功してふつうの生活に戻っていたのに、一人は再発で、もう一人は手術による体力の低下で持病が悪化し、亡くなったとのことです。そういうこともあって、やっと手術の可能性が出てきたものの、ちょっと逡巡を感じるようになりました。

今の体調は、自覚できない骨髄の状況を除けば、健康な時とまったく変わらないほど良好です。したがって手術によるQOLの低下(食事の問題等)などを考えると、このまま化学療法を続けるほうがいいような気がします。

小川先生とは二回にわたって面談しました。最初の面談では、前回2月に聞いた時と同様、やはり胃から肝臓に通じる血管である門脈にもガン細胞が残っている可能性があるので、門脈も切除する必要があり、これは循環器外科のある病院でないと芦屋病院ではできない。そこで他院の専門の先生にも相談してみるとのことでした。

2回目の面談を今日受けてきました。その結論は次のとおりです。

<門脈のガン細胞のため、肝臓への血の流れが悪くなっている可能性がある。そうなると体は他の血管を通じて肝臓へ血を送ろうとするので、回りの毛細血管にも浸潤していることが考えられる。そうなれば門脈だけでなく、回りの血管も切除する必要がある。

もしそういう手術をすると、肝臓へ送られる血液が少なくなり、肝機能が低下したり、また消えかかっているガン細胞を生き返らせることにもなる可能性がある。CTではガン細胞が見えなくなっているということだが、腫瘍マーカー(AFP)の高さから言ってもまだまだ残っていると思える。>

そこで、私としては医師である友人のアドバイスも踏まえ、そこまでの手術をしても、QOLも低下するし、100%完治する可能性もないのなら、せっかく今の治療が奏効しているので、このまま化学療法を続けたいと思っていると答えました。

すると先生は、ほっとしたような顔になって、やはりそのほうがいいでしょうと、即座に同意されました。ということで当面手術は見送って、化学療法を続けるということになりました。

手術するとしても年明けになるということで、すでに3日にまた外来で抗ガン剤の治療を受けました。前の外来の時と同じく、「カンプト」(100mg ) と「ドセタキセル」(40mg )の2種類で、点滴時間はそれぞれ1時間です。次回は2週間後の17日の予定です。

なお3日の血液検査の結果、腫瘍マーカーは1,164となりました。これは前月比約40%減で、毎月ほぼ半減のペースが順調に続いていることがわかりました。これは今までの最低値です。何とかこのペースで下がり続けてほしいものです。

(62)生存率

2007.12.18 Tue

昨日定期治療で病院へ行きました。主治医の古林先生は先日の外科部長の話を受けて、「腫瘍マーカーも下がってきているし、手術もたいへんなようで、また化学療法でがんばりましょう」と言われました。

血液検査の結果は、白血球が2,890と下がりましたが、ヘモグロビンが11.2 、血小板が220,000とヘ増えており、予定どおり抗がん剤の投与を受けてきました。

ところでジャーナリストの鳥越俊太郎氏が2年前に直腸ガンで手術をしたことは知っていましたが、その当時からすでに肺にも転移していて、今年の1月と8月にも手術をしたことは、最近になって知りました。

 鳥越氏は先日テレビで次のように語っていました。
「最初は第2期のガンと言われていたのに、実は第4期だったのです。家内が先生に『第4期の次は何ですか』と聞いたら、『次はないです』(笑)」

同じ4期生のガン・キャリアとして、鳥越氏の活躍ぶりは大いに力づけられます。しかし実は私は今まで正式にステージ4(第4期)と言われたことはないのです。

最初に症状を聞いた時、本などで調べたらどうもそうではないかと思いましたが、怖くて確認できませんでした。というより、何ステージかとか、生存率はなどと考えるより、「何とか生き抜くのだ」という思いでいっぱいだったと思います。

当時妻がドクターに訊ねたところやはりステージ4という答えだったそうで、病状が好転してきてから教えてくれました。その時点で、家族たちも“ステージ4の次”を心配していたようです。

最近になって少し精神的にも余裕が出てきたので、国立がんセンターの統計でステージ4の胃ガンの生存率を調べてみました。

1年     2年    3年    4年   5年
55.2%  26.8%  15.7%  9.4%  9.4%

1年ごとに約半数が死亡するというまさにサバイバルゲームですが、何とか1年後は生き残り組みに入ることができました。目下の目標は、鳥越氏がクリアした2年後の26.8%です。

次回の治療は、年末年始になりますので、3週間後の1月7日となりました。この分では何とか無事2度目の正月を迎えられそうです。皆さんもどうかお元気で楽しい新春をお迎えください。



読者登録

Megumiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について