目次
著者
2006年
(1)青天のヘキレキ
(2)「笑い」が唯一の健康法
(3)ナチュラル・キラー細胞くん
(4)胃の検診は胃カメラで
(5)黒い便は要注意
(6)セカンドオピニオン(上)
(7)セカンドオピニオン(下)
(8)腫瘍内科
(9)悔いのない第二の人生を
(10)インターネットは良薬
(11)副作用は怖くない
(12)インディアンの秘薬
(13)痔主、元痔主はご注意を
(14)白血球数に一喜一憂
(15)回復には運動も大切
(16)幸せの黄色いピアノのコンサート
(17)副作用もいろいろ
(18)前半戦を終わって
(19)体重も重要なバロメーター
(20)ガンの専門医の養成を
(21)やっと第4クールへ突入
(22)柿のへた
(23)ガンちゃんはバナナが苦手?
(24)久しぶりに温泉へ
(25)しぼんだガンちゃん
(26)バナナと柿のへた(続)
(27)うれしい先輩の励まし
2007年
(28)楽しく正月を過ごしました
(29)杏仁豆腐
(30)延長戦へ
(31)温泉旅行
(32)魔の土曜夜
(33)医療費控除
(34)腫瘍マーカー
(35)用いられた抗がん剤
(36)爪もみ療法
(37)1,2割の好運
(38)同伴退院しました
(39)免疫療法
(40)皮下埋め込み型ポート
(41)初めての通院治療
(42)健康御守
(43)NHK「きょうの健康」を視て
(44)通院治療の効果
(45)お花見ができた
(46)湯治に行ってきました
(47)同憂の士・小田実さん、がんばって
(48)順調に下がっている腫瘍マーカー
(49)がんとどう向き合うか
(50)ガンちゃんが反撃?
(51)再入院へ…
(52)ふたたび入院しました
(53)通院のような入院
(54)腫瘍マーカーが下がった?
(55)最後の親孝行
(56)第3クール延期
(57)腫瘍マーカーが下がり始めた
(58)ムカツキ
(59)治療生活のペース
(60)ふたたび退院しました
(61)手術はまた見送り
(62)生存率
2008年
(63)二度目の正月
(64)ガンちゃんもまた太り始めた??
(65)「がんと生きる」[がんに生きる]
(66)腫瘍マーカーは頭打ち?
(67)薬漬けの日々
(68)ガンちゃんもしぶとい
(69)二度目の花見
(70)腫瘍マーカーが下がらない
(71)三度目の入院へ
(72)三度目の入院にチャレンジ
(73)薬が効かなくなってきた?
(74)CT検査では変わりなし
(75)心の治癒力
(76)耐久レース
(77)ガンちゃんとの闘いは膠着状態
(78)三度目の退院
(79)ガンちゃんが暴れだした?
(80)突然の入院
(81)ガンちゃん、再活動始める
(82)ガンちゃん治まる?
(83)白血球が増えない
(84)ビワの種とワクチン
(85)四度目の入院治療へ
2009年
(86)また入院しました
(87)また下血
(88)ガンちゃん弱まる?
(89)「明日の風」と「がん残日録」
(90)腫瘍マーカーが下がりだした
(91)また入院治療から外来治療へ
(92)TS-1
(93)じわじわと出血
(94)突如、手術へ
手術速報
(95)手術成功! 大きな虹が出た 
(96)内科と外科の連係
(97)術後の経過は順調
(98)退院しました
(99)手術はしたけれど
(100)100回目を病院で書いています
(101)主治医の交代
(102)ガンちゃんの逆襲
(103)現治療法を継続
(104)ガンちゃんへの逆襲
(105)一難去ってまた一難
(106)薬が変わった
2010年
(107)ふりだしに戻る
(108)在宅ケアへ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

55 / 112ページ

(54)腫瘍マーカーが下がった?

2007.09.09 Sun

6日から第2クールが始まる予定なので、病院へ戻りました。まず血液検査を受けましたが、今回は腫瘍マーカー( AFP )の検査もありますので、その結果が気がかりでした。

結果は8,071となり、前月(5,727)、前々月(2,885)に引き続き、まだ上がっていました。ドクターによれば、「まだ1回終わったところだから、すぐには下がりません。まあ次回からは下がると思いますよ」と、いわば想定の範囲内といった感じでした。

この結果をアメリカにいる友人の医師にメールで伝えますと、「マーカーも、予想範囲、2,885,5,727は上昇値、8,071は下降値でないかと思います」との返事が返ってきました。

えっ、なぜ下降値? 慰めに言ってくれているのかと思いましたが、考えてみますと、前回、前々回とも前月の倍くらいに増えています。それからいえば、今月は10,000を超えてもおかしくないはず。ということは、この1カ月の間にいったん10,000を超え、その後治療の効果で下降に転じたと考えられます。

腫瘍マーカーは、健康保険で月1回しか検査できませんので、こういう場合はキメ細かくチェックできないのです。海を隔てた遠くからの、友情のアドバイスのおかげで気が楽になりました。来月のマーカー値に期待が持てます。

ということで、6日から第2クールの治療が始まりましたが、今回はとくにムカツキがひどいようで、もう2日目からふつうに食事できなくなり、今もその状態です。とにかく何を見ても食べる気がしません。何とかスープ、おかゆ、そーめんなどを食べていますが、口に入れてみると舌ではけっこうおいしく感じるのです。

まあそれまでの1週間、ご馳走を食べたり、温泉へ行ったりして、体重もかなり貯金をしていましたので、ちょうどいいダイエットになるでしょう。

(55)最後の親孝行

2007.09.18 Tue

第2クールの治療が始まってから、12日が過ぎました。この間点滴で縛られていた3日間を除いては、ずっと自宅に帰り、検査と注射の時だけ病院へ通っていました。

前回に比べ、今回はとくに副作用がひどかったようです。約1週間ほど胸のムカツキが続き、食事が余り進みませんでした。体重も約3キロ減りました。やっとふつうに食べれるようになったので、また貯金に励んでいます。

前回はほとんどなかった脱毛が、今回はかなりありました。その他便秘がまたひどくなり、看護師さんに浣腸までしてもらう始末。

骨髄もかなりダメージを受けたようで、13日の検査では、白血球が1,610、血小板が29,000となりました。今朝の検査では、それぞれ1,810、41,000と少し回復しましたが、この程度では2日後に予定されている第3クールがはたして始められるかどうか心配です。

ところで今日74歳の誕生日を迎えましたが、この74歳という歳にいささか拘りがあるのです。というのは、かねてから父親より少しでも長生きするのが最後の親孝行と思っていましたが、その父が74歳で亡くなっているからです。

晩年の父は母に先立たれたこともあって、ずいぶん弱っていました。それに比べ私の場合は、昨年の夏になるまでは夫婦ともどもいたって健康で、74歳など楽勝と思っていました。

ところが晴天のヘキレキというべきガンちゃんの襲来で、その自信が微塵にも砕かれてしまいました。それだけに今日好運にも誕生日を迎えることができて、まことに感慨無量なるものがあります。

これからは、息子たちにより高い目標を遺してやるために、頑張っていきたいと思っています。

(56)第3クール延期

2007.09.26 Wed

20日から予定されていた第3クールの治療も、血液検査の結果、白血球が2,050、血小板が50,000とやはりまだ低いので延期になりました。

さらに25日になっても、白血球が2,720、血小板61,000とあまり上がらず、白血球はともかく、血小板がまだ低いので、一応28日まで延期になりました。結局予定より1週間以上延びましたが、その間体力回復にも努め、体重も約2kgほど増えました。

前回入院時は、第4クールに入るときに同様の理由で延期になりましたが、今回は少し早いようです。それだけガンちゃんにも影響を与えておればいいのですが…。

昨日はまた上腹部のCT検査も受けました。CTの装置が新しくなっていて、従来ほど長く息を止めていなくてもよくなりましたので、楽になりました。

その結果、かつて自分でもさわれるくらい大きかったリンパ節の腫瘍はもう見られない、また新しい腫瘍も見られないとのことでした。

ただ肝臓にはっきり確認できないがまだ小さな腫瘍がある可能性があり、またもちろん元凶の胃壁内のガンちゃんも依然残っていると思われ、それらについては、来月早々の腫瘍マーカー値で判断するとのことでした。

来月のマーカー値に期待したいと思います。

(57)腫瘍マーカーが下がり始めた

2007.10.05 Fri

10月に入って早速1日に、注目の腫瘍マーカーの検査がありました。結果は3,399と前月に比べ約60%も減りました。再入院後の治療もやはり奏効しているようで、やれやれ一安心です。下の図は、腫瘍マーカー(AFP)の推移を、変化がわかりやすいように対数グラフにしたものです。

腫瘍マーカー0710


さて延期になっていた第3クールは、先週28日もまだ血小板が増えずまたまた延期になりましたが、10月1日になって、何とか白血球3,720、ヘモグロビン10.3、血小板183,000と、大幅に増えましたので、やっと治療ができることになりました。

そこで1日から2泊3日で点滴を受けてきました。ただし前回は血小板が大きく減ったため、血小板減少の副作用があるパラプラチンは今回は省かれました。

今回は久しぶりに2日目にシャックリが出ました。3回ほど出ましたが、一番長いので1時間半ほどで済みました。また今回も2日目からムカツキが出て、食欲がなくなりました。それは今も続いおり、まだまともな食事はできない状態です。

点滴が終わってすぐ翌日に血液検査を受けましたが、さすがに血小板はむしろ増えて217,000となりました。白血球はやはり下がって、1,750となりましたので、今日から5日間白血球を増やす注射(グラン)を通いで受けています。

この調子だと、今度は予定どおり2週間のインターバルで第4クールへ進めるかもしれません。

(58)ムカツキ

2007.10.19 Fri

第3クールから2週間経った10月15日朝に、採血検査を受けましたが、白血球3,140、ヘモグロビン10.8、血小板182,000と問題はなかったので、予定どおり17日まで第4クールの点滴を受けてきました。

今回は血小板の状態もよくなったので、前回省かれたパラプラチンもまた投与されることになり、抗がん剤はまた当初のフルスペックに戻りました。それでも18日の検査では、血小板は136,000とそれほどは下がっていませんでした。

今のところ副作用は、今までと余り変わりませんが、胸のムカツキがだんだん早く出るようで、今回は1日目からもう感じられるようでした。どうも何回も繰り返していると、気分だけでそうなってくるのかもしれません。

最初の内は緊張していますし、とにかく必死でしたので、たいていのことはなにくそと耐えていましたが、最近は副作用以外は体調もよく、入院とは名ばかりでほとんど家に戻っていますので、少し気が緩んできているような気がします。

今日で第4クール開始後5日目になりますが、今もまだ軽いムカツキはあり、食事も余り進まない状態ですが、明後日くらいには食欲も回復すると思いますので、その後の1週間はガンちゃんに負けないよう積極的に過ごしたいと思っています。


読者登録

Megumiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について