目次
著者
2006年
(1)青天のヘキレキ
(2)「笑い」が唯一の健康法
(3)ナチュラル・キラー細胞くん
(4)胃の検診は胃カメラで
(5)黒い便は要注意
(6)セカンドオピニオン(上)
(7)セカンドオピニオン(下)
(8)腫瘍内科
(9)悔いのない第二の人生を
(10)インターネットは良薬
(11)副作用は怖くない
(12)インディアンの秘薬
(13)痔主、元痔主はご注意を
(14)白血球数に一喜一憂
(15)回復には運動も大切
(16)幸せの黄色いピアノのコンサート
(17)副作用もいろいろ
(18)前半戦を終わって
(19)体重も重要なバロメーター
(20)ガンの専門医の養成を
(21)やっと第4クールへ突入
(22)柿のへた
(23)ガンちゃんはバナナが苦手?
(24)久しぶりに温泉へ
(25)しぼんだガンちゃん
(26)バナナと柿のへた(続)
(27)うれしい先輩の励まし
2007年
(28)楽しく正月を過ごしました
(29)杏仁豆腐
(30)延長戦へ
(31)温泉旅行
(32)魔の土曜夜
(33)医療費控除
(34)腫瘍マーカー
(35)用いられた抗がん剤
(36)爪もみ療法
(37)1,2割の好運
(38)同伴退院しました
(39)免疫療法
(40)皮下埋め込み型ポート
(41)初めての通院治療
(42)健康御守
(43)NHK「きょうの健康」を視て
(44)通院治療の効果
(45)お花見ができた
(46)湯治に行ってきました
(47)同憂の士・小田実さん、がんばって
(48)順調に下がっている腫瘍マーカー
(49)がんとどう向き合うか
(50)ガンちゃんが反撃?
(51)再入院へ…
(52)ふたたび入院しました
(53)通院のような入院
(54)腫瘍マーカーが下がった?
(55)最後の親孝行
(56)第3クール延期
(57)腫瘍マーカーが下がり始めた
(58)ムカツキ
(59)治療生活のペース
(60)ふたたび退院しました
(61)手術はまた見送り
(62)生存率
2008年
(63)二度目の正月
(64)ガンちゃんもまた太り始めた??
(65)「がんと生きる」[がんに生きる]
(66)腫瘍マーカーは頭打ち?
(67)薬漬けの日々
(68)ガンちゃんもしぶとい
(69)二度目の花見
(70)腫瘍マーカーが下がらない
(71)三度目の入院へ
(72)三度目の入院にチャレンジ
(73)薬が効かなくなってきた?
(74)CT検査では変わりなし
(75)心の治癒力
(76)耐久レース
(77)ガンちゃんとの闘いは膠着状態
(78)三度目の退院
(79)ガンちゃんが暴れだした?
(80)突然の入院
(81)ガンちゃん、再活動始める
(82)ガンちゃん治まる?
(83)白血球が増えない
(84)ビワの種とワクチン
(85)四度目の入院治療へ
2009年
(86)また入院しました
(87)また下血
(88)ガンちゃん弱まる?
(89)「明日の風」と「がん残日録」
(90)腫瘍マーカーが下がりだした
(91)また入院治療から外来治療へ
(92)TS-1
(93)じわじわと出血
(94)突如、手術へ
手術速報
(95)手術成功! 大きな虹が出た 
(96)内科と外科の連係
(97)術後の経過は順調
(98)退院しました
(99)手術はしたけれど
(100)100回目を病院で書いています
(101)主治医の交代
(102)ガンちゃんの逆襲
(103)現治療法を継続
(104)ガンちゃんへの逆襲
(105)一難去ってまた一難
(106)薬が変わった
2010年
(107)ふりだしに戻る
(108)在宅ケアへ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

21 / 112ページ

(20)ガンの専門医の養成を

2006.12.04 Mon

ガンちゃんの襲来を受けるまで、ガンの治療についての知識はまったくお粗末なものでした。まず手術、そして転移、再発を防ぐため、抗ガン剤を使うといった程度でした。

ですから前の病院で最初、他にも転移しているので、手術はできないと言われた時は、お先真っ暗になりました。しかしその後、いろいろ勉強して、ガンの治療には、手術以外に放射線療法、化学療法があり、最近では化学療法が重要視されるようになってきたことを知りました。

先週発売されました週刊朝日12/8号でも、「がん治療の嘘 下」という記事で、化学療法や放射線療法の発達により治療法が多様化し、今やがん治療は、ただ切ればいいという時代ではなくなっているとし、しかし日本では、いまだにがん治療の大部分を外科医が担っているのが実情なのであると、書いています。

ですから、ドシロウトの私が「ガン→手術」と思っていたのも無理はありません。以下この記事から、二人の専門医の発言を引用します。

<この現状について、静岡県立総合病院消化器センター外科・核医学部長の高木正和医師はこう話す。

「これまで外科医は、自分の患者は術前から術後まで、手術から化学療法まで、すべて面倒を見てきたのです。しかし、現在は外科医だけではカバーしきれません。腫瘍内科や放射線治療といったそれぞれの専門家が役割を分担してくれることで、外科医はやっていけるのです。ところが、日本の多くの外科医はまだ一人だけでがんばっています。スタンドアローン(ひとりぼっち)の外科医ばかりです」>

<国立がんセンター中央病院腫瘍内科医長の勝俣範之医師は、こうした現状の弊害をこう指摘する。

「抗がん剤を有効に使うには、専門的な経験と知識が不可欠です。われわれ腫瘍内科医は副作用をコントロールする自信があるから、例えば白血球が減ってきても、極端にいえばゼロになっても抗がん剤を使えるし、感染症も予防できる。しかし、経験と知識がなければ、怖くてちょっと副作用が出たら治療をやめるしかない。これでは効果が出ないのが当たり前です。患者さんも必要のない副作用で苦しい思いをするだけです。そういうケースが多いのが日本の現状なんです」>

このような現状から、日本でもようやくガンの専門医の養成が急務だと認識されるようになり、例えばがん治療認定医制度が発足に向けて動きつつありますが、さらにはすべての大学に臨床腫瘍医学の講座を設けることなども必要だと、記事は結んでします。

(21)やっと第4クールへ突入

2006.12.07 Thu

4日に腹部のCT検査を受けました。前回(11月7日)は丸々とした感じであったガンちゃんでしたが、素人の目にも明らかに小さくしぼんだように見えます。

今回初めて腫瘍マーカーの数字を教えてもらいました。私の場合AFPがとくに高いとのことですが、これも最高95万台もあったのが、4日の検査では8万台までに下がっているとのことです。

このように、第1, 2クールでは余り顕著な効果は見られなかったのが、第3クールになってはっきり効果が確認できたので、ドクターもかなり自信を持たれているようです。

ところが、前回の治療以降白血球数がぜんぜん回復せず、11月27日以降2,000台前半の数字が続いています。ドクターも、せっかく効果が出てきたので、この際どんどん攻めたいのだが、とやきもきしておられますが、昨日の結果も2,330と依然として低いレベルでした。

しかし一時2万台にまで落ちていた血小板が33万と回復し、食欲その他の体調も万全ということで、ドクターも腹をくくって、今日から第4クールを決行することになり、目下点滴を受けているところです。使用する薬は、これまでで効果が確認されているので、今までとまったく同じですが、量は副作用を軽減するため約3割減らしてあります。

これでやっとマラソンでいえば折り返し点を過ぎたことになります。後半はさらに厳しいアップダウンが待ち受けていることでしょうが、また気分を新たにがんばりたいと思います。

ところで、私の場合はAFPという腫瘍マーカーが問題のようですが、念のため4月に受けた人間ドックの結果を調べてみますと、AFPという検査項目はありません。胃ガンの代表的なマーカーであるCEAは2.0となっているのですが、昨日の結果も同じような値でした。腫瘍マーカーは何十という種類があり、これからガンの判定をするのはたいへん困難のようですね。

(22)柿のへた

2006.12.10 Sun

7日から始まった抗がん剤の投薬は昨9日に終わりました。精神的、肉体的疲労からか、薬の蓄積からか、副作用も心なしかだんだんきつく感じられます。

昨日の午後から胸焼けが強くなり、夕食はデザートしか食べられませんでした。シャックリも、前回同様2日目に3回ほど起こりましたが、これは1日だけで終わりました、その他、抜け毛もまた増えています。

シャックリといえば、何と“柿のへた”が薬なのですね。昔から漢方薬として使われており、薬局でも売られているそうですが、こういう大きな病院でも使われているのです。

柿のへたを煎じて飲むのですが、味も香りもさっぱりしていて、飲みにくいということはありません。ただ煎じるのに時間が掛かるため、すぐには間に合いません。今回は予め用意してもらっていて、投薬の初日から飲んでいたのですが、結局効果はなかったようです。

これも人によって効く、効かないがあるようですが、次回はもう少し早目から飲んでみて、それでもだめならこれは諦めるしかないようです。

(23)ガンちゃんはバナナが苦手?

2006.12.13 Wed

抗がん剤投与の終了日から強くなった吐き気は、翌日までで何とか治まりました。4回目となると、食事のとり方などだんだん要領を覚えてくるせいでしょうか。今回は「ナゼア」という高価な薬を2回飲んだことも効いたかもしれません。

これで後、問題は白血球だけです。11日の検査では、2,160と投薬直後では比較的高い数字となりましたが、ドクターによれば、これは当然下がってくるだろう、ということで、第5クールは年明けにずれ込む公算が大となってきました。

そこで何とか白血球を増やす方法はないかと、インターネットで探してみますと、それにはバナナを食べるのがいいということが分かりました。

昨年4月2日の読売新聞に、次のような記事が出ています。

< 見た目は多少悪くても、よく熟したバナナの方が免疫力を高める効果が大きいことが、帝京大薬学部の山崎正利教授らの実験でわかった。

 山崎教授らはこれまで、バナナが果物の中でも特に免疫力を高める効果が高いことを明らかにしているが、今回は熟成の度合いと免疫力の関係を調べた。

 青いバナナを、店で売る場合と同様にエチレンガスで熟成処理し、皮全体が黒っぽくなる10日目まで、成分抽出液をマウスの腹部に入れ、免疫をになう白血球の数や、免疫を強める生理活性物質の量を調べた。

 その結果、日数がたったバナナほど白血球を増やす効果があり、10日目のバナナは、初日のバナナより白血球を5倍多くしていた。この日数は、お店で買ったバナナの「購入後8~9日目」に相当するという。生理活性物質は、5~7日目(店頭購入後4~6日目)のバナナで最も増えていた。>

すなわ同じバナナでも、皮の表面に黒い斑点(シュガースポット)が出て、よく熟したものほど効果があるとのことです。味もその方が甘く、コクが出てきますので、よりおいしく食べることができます。

さらにバナナは、免疫システムを活性化させるので、がんを予防するだけでなく、治療効果もあるともいわれています。

またバナナの中でも、1000メートル以上の高地で栽培される「高地栽培バナナ」がとくに効果が高いとされます。バナナは苗から通常11か月で収穫しますが、高地栽培では昼夜の温度差が大きいので、13カ月かかります。そのため夜の温度の低い間に養分を蓄えじっくりと熟成させたのでおいしいといわれているのです。

早速妻にデパートでエクアドル産の「高地栽培バナナ」を買ってきてもらって食べ始めています。普通のバナナより少し高いですが、その分おいしいです。味はともかく、はたしてその効果のほどは? いずれご報告したいと思います。

参考サイト:
バナナでがん予防
バナナの話

(24)久しぶりに温泉へ

2006.12.17 Sun

14日の血液検査の結果、白血球、赤血球ともに問題はなく、その他の体調も好調なので、その日の夜から17日まで外泊の許可が下り、自宅へ帰ってきました。

自宅へ帰ると、今回はとくに体調もいいので、食欲も元に戻り、ほぼふだんどおりの生活ができました。そこで運動のため、入院以来4か月ぶりに徒歩での外出もしてみました。1kmほどの距離にある蕎麦屋まで行って、そばを食べて帰ってきましたが、とくに疲れはありません。

ところで、腫瘍から来る痛みを止めるため、前の病院からずっと胸に貼り薬を貼っていましたが、それが8日で終了となりました。その後もまったく痛みは出ませんが、ドクターによれば、これは腫瘍が弱くなってきている証拠で、いい傾向とのことです。

ということで、目障りな貼り薬がなくなったので、何か月ぶりかで、日帰り温泉にも行ってきました。病院ではせいぜいシャワーなので、久しぶりに命の洗濯をすることができました。

この分で行くと、年内にもう1回治療できる可能性が出てきたと、ドクターも言われます。そろそろ退院後の生活に備え、体も鍛えておきたいと思います。


読者登録

Megumiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について