目次
著者
2006年
(1)青天のヘキレキ
(2)「笑い」が唯一の健康法
(3)ナチュラル・キラー細胞くん
(4)胃の検診は胃カメラで
(5)黒い便は要注意
(6)セカンドオピニオン(上)
(7)セカンドオピニオン(下)
(8)腫瘍内科
(9)悔いのない第二の人生を
(10)インターネットは良薬
(11)副作用は怖くない
(12)インディアンの秘薬
(13)痔主、元痔主はご注意を
(14)白血球数に一喜一憂
(15)回復には運動も大切
(16)幸せの黄色いピアノのコンサート
(17)副作用もいろいろ
(18)前半戦を終わって
(19)体重も重要なバロメーター
(20)ガンの専門医の養成を
(21)やっと第4クールへ突入
(22)柿のへた
(23)ガンちゃんはバナナが苦手?
(24)久しぶりに温泉へ
(25)しぼんだガンちゃん
(26)バナナと柿のへた(続)
(27)うれしい先輩の励まし
2007年
(28)楽しく正月を過ごしました
(29)杏仁豆腐
(30)延長戦へ
(31)温泉旅行
(32)魔の土曜夜
(33)医療費控除
(34)腫瘍マーカー
(35)用いられた抗がん剤
(36)爪もみ療法
(37)1,2割の好運
(38)同伴退院しました
(39)免疫療法
(40)皮下埋め込み型ポート
(41)初めての通院治療
(42)健康御守
(43)NHK「きょうの健康」を視て
(44)通院治療の効果
(45)お花見ができた
(46)湯治に行ってきました
(47)同憂の士・小田実さん、がんばって
(48)順調に下がっている腫瘍マーカー
(49)がんとどう向き合うか
(50)ガンちゃんが反撃?
(51)再入院へ…
(52)ふたたび入院しました
(53)通院のような入院
(54)腫瘍マーカーが下がった?
(55)最後の親孝行
(56)第3クール延期
(57)腫瘍マーカーが下がり始めた
(58)ムカツキ
(59)治療生活のペース
(60)ふたたび退院しました
(61)手術はまた見送り
(62)生存率
2008年
(63)二度目の正月
(64)ガンちゃんもまた太り始めた??
(65)「がんと生きる」[がんに生きる]
(66)腫瘍マーカーは頭打ち?
(67)薬漬けの日々
(68)ガンちゃんもしぶとい
(69)二度目の花見
(70)腫瘍マーカーが下がらない
(71)三度目の入院へ
(72)三度目の入院にチャレンジ
(73)薬が効かなくなってきた?
(74)CT検査では変わりなし
(75)心の治癒力
(76)耐久レース
(77)ガンちゃんとの闘いは膠着状態
(78)三度目の退院
(79)ガンちゃんが暴れだした?
(80)突然の入院
(81)ガンちゃん、再活動始める
(82)ガンちゃん治まる?
(83)白血球が増えない
(84)ビワの種とワクチン
(85)四度目の入院治療へ
2009年
(86)また入院しました
(87)また下血
(88)ガンちゃん弱まる?
(89)「明日の風」と「がん残日録」
(90)腫瘍マーカーが下がりだした
(91)また入院治療から外来治療へ
(92)TS-1
(93)じわじわと出血
(94)突如、手術へ
手術速報
(95)手術成功! 大きな虹が出た 
(96)内科と外科の連係
(97)術後の経過は順調
(98)退院しました
(99)手術はしたけれど
(100)100回目を病院で書いています
(101)主治医の交代
(102)ガンちゃんの逆襲
(103)現治療法を継続
(104)ガンちゃんへの逆襲
(105)一難去ってまた一難
(106)薬が変わった
2010年
(107)ふりだしに戻る
(108)在宅ケアへ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

17 / 112ページ

(16)幸せの黄色いピアノのコンサート

2006.11.12 Sun

黄色いピアノ

最近あちこちの病院で、患者の癒しの行事として院内コンサートが流行っていますが、その草分けというべきなのが、目下入院中の市立芦屋病院の「幸せの黄色いピアノのコンサート」です。

阪神淡路大震災から約1年半後の96年夏、ちょうど入院中だったピアニスト金澤佳代子さんと主治医の金山良男さんが、「音楽で被災者や患者の心を癒やせないか」と相談して、院内コンサートを計画し、金澤さんがピアノを担当して初回をその年末に開きました。

その後99年7月、市民団体の募金により、映画『幸福の黄色いハンカチ』のハンカチのように、皆の心をパッと明るくするよう、黄色いピアノが病院に寄付されました。そしてその後も毎月1回、「幸せの黄色いピアノのコンサート」として、金澤さんなどのボランティアの手でコンサートは続けられ、今年の8月6日で100回目を迎えました。

その様子は、中国の「人民網」(日本語版)にも紹介されています。
患者癒す『幸せの黄色いピアノ』 震災ケアから演奏続く

今日も103回目のコンサートが開かれましたので、聴きに行ってきましたが、思わぬハプニングが起きました。フルートとピアノの二重奏で、「カルメン幻想曲」を演奏中、フルート奏者の山田律子さんが、いきなり私に近寄り、一輪の赤いバラを手渡してくださったのです。

もちろんこれは、オペラ「カルメン」の第1幕で、カルメンが口にくわえた赤いバラをホセに投げてけるシーンを象徴したもので、思わぬ演出に皆さんの拍手を浴びて、ずいぶんいい気分になりました。ガンちゃんもきっと魂消て、身が縮む思いをしたことでしょう。

実はこの前の102回目にも聴きに行ったのですが、そのときは日経新聞の取材があり、記者にコンサートの感想を聞かれました。どうも聴衆の中には、男性の患者が少ないので、目立つようです。そのときの記事が、ちょうど今日の日経新聞の日曜版に「心癒す院内演奏会」という見出しで掲載されました。

<兵庫県芦屋市の閑静な住宅街にある市立芦屋病院。十月下旬の日曜日、外来棟五階の待合ホールがコンサート会場に「変身」した。

 中央に黄色いグランドピアノ。長いすが周りを囲み、病室から車椅子で参加した患者も。地域住民を含めた約百人が約一時間にわたって、唱歌「もみじ」や童謡「赤とんぼ」などの温かな音色に包まれた。「入院生活は単調なのでありがたい。楽しかった」と七十代の男性患者。>

この男性患者が私なのです。もっと含蓄のある?ことを喋ったのですが、予定原稿の一行で済まされてしまいました。ともあれ、入院生活の楽しい思い出になり、また励みになったコンサートでした。

このコンサートは、金澤さんらのご努力で、来月23日のクリスマスコンサートで、満10周年を迎えます。いつまでも長続きすることを願っています。

(17)副作用もいろいろ

2006.11.15 Wed

第3クールの投薬も12日に終わり、翌13日の採血検査では、また白血球数が1,440にまで落ちました。ふたたび面会者もマスク着用ですが、二度目ですから、そう驚きません。

また今回は投薬2日目にシャックリが出ました。一時間前後のが、少し間をおいて4回です。前の西宮病院のときにも出ましたが、こちらへ来ては初めてです。しかし1日だけで終わりましたので、助かりました。その他、吐き気が今までよりも強く、13日の昼食では、ついに少し戻してしまいました。これは初めてです。

病院から貰った副作用の注意には、実に17項目が挙がっています。もちろんこれが全部出たらたいへんですが、可能性のあるものがすべて網羅されているわけです。私の場合は、そのうちの6つが今までに出ました。

消化器症状(吐き気など)、骨髄抑制(白血球減少など)、皮膚障害(脱毛、皮膚が荒れる)は、やはりほとんどの人と同様、人並みに出ましたが、その他としては、顔が赤くなる(これはすぐ消えました)、シャックリ、むくみなどです。

むくみは、第2クールから出始め、両足が大きくむくみました。マッサージなどしますと、少しましになるのですが、また薬を点滴で入れると、元に戻ります。しかしこれは、ちょっときつめのハイソックスをはくことによって、ほとんど解消されました。

その他これはどうも私だけのようなのですが、何か独特の臭気を感じるのです。とくに食事のときそれを感じると、食欲が阻害されます。薬によって、息が臭くなっているのか、臭覚が異常になっているのか分かりません。

このように抗がん剤の副作用は、実に多岐にわたり、しかも人によってその発症の仕方もまちまちなので、なかなか厄介のようです。そこでその様子を見ながら、副作用を抑えたり、薬を変えたりしながら、最小限の副作用で、より大きな効果を挙げるのが、腫瘍医の手腕のようです。

うちの主治医も、細かい手書きのメモを手にしながら、かならず毎日こまめに回診しては、副作用の状況などを観察しておられます。

病院の売店に、「当院も紹介されています」という貼紙つきで、「別冊月刊現代 医師がすすめる最高の名医+治る病院」という本が売られていましたので、立ち読みしました。やはり「抗がん剤治療」のトップ25の病院に、市立芦屋病院も入っていました。近畿では、京大付属病院(外来のみ)、大阪医大付属病院(高槻市)、兵庫県成人病センター(明石市)と芦屋の4病院です。

そして「抗がん剤治療」の名医を代表して、わが主治医・古林孝保先生の談話も掲載されていました。こんな近くに、こんな病院があったとは、本当にラッキーでした。

(18)前半戦を終わって

2006.11.22 Wed

第3クールの投薬が終わって、はや10日過ぎました。全体で6クールの予定ですから、ちょうど半分が終わったところです。さすがに3回も続きますと、副作用も累積してくるのか、体調にもやや陰りが見え始めました。

吐き気も今までより強い感じですが、一番悩ましいのが骨髄抑制による、白血球の減少や貧血の問題です。今まで投薬後8日目では、白血球数が上昇に転じていたのですが、今回は依然下がり続け、8日目の20日で1,180、翌21日はさらに1,140と下がりました。そしてヘモグロビン値も21日には5.9と6を割り込みました。

そこでその対策として、白血球を増やす注射を3日間打つことと、輸血をすることになりました。しかし、予定では24日から第4クールを開始することになっていましたが、それには間に合いそうにないので、開始は来週にずれ込むことになりました。

20日に、この病院へ来て初めて胃カメラを飲みました。これは何回やっても、なかなか慣れません。しかし結果は幸い、前はもっこりしていたガンちゃんが引きつれたようになってきており、大分収縮しているようだとのことでした。

そういえば、ドクターが“腐ったミカン”と称した腹部の大きな腫瘍も、前は腹の中で大きな顔をしていたのが、最近はすっかり引っ込んでしまったようです。ドクターも回診のたびに触ってみて、「どうも主治医の欲目のようですが、大分小さくなりましたね」と言われます。

ということで、ドクターもある程度手ごたえを感じておられるようで、次回も引き続き同じ薬で攻めていくが、副作用の様子を考慮して、量はやや減らすとのことです。

ガンちゃんとの戦いもちょうど半ばを過ぎ、確かにいささか疲れてきました。とくに白血球や赤血球が下がるというのは、自分でもどうしょうもできないので、困ったものです。体力回復のための運動も、これによって制限されますので、運動して気合を入れるということもできません。

しかし幸い化学療法の効果も出ているようなので、それを励みに後半戦もまた気持ちを新たにがんばりたいと思います。

(19)体重も重要なバロメーター

2006.11.28 Tue

しばらくご無沙汰していましたが、ここのところ治療のほうも小休止の状態です。第3クールが終わって、だんだん疲れが出てきたのか、今までのように体調が回復しません。前回述べましたように、とくに血液の状態がよくありません。

27日の血液検査でも、白血球数が2,480、血小板が26,000と低いので、まだ第4クールには進めません。それ以外の体調はまずまずなので、ここのところ検査の合間に、時々外泊の許可を得て、自宅に帰っています。自宅では、食事も進みますので、体重も少しは回復したようです。

体重といえば、医師である友人がこれも重要なバロメータだと言います。

61歳でサラリーマン生活を卒業した時は、62kgだったのが、その後のんびりしたせいか、一時68kgまで増えました。おかげで、退職前に作ったスーツがどれも着られなくなりました。

そこで少しダイエットに心がけて、63kg程度にまで落としてきたところで、突然ガンちゃんの襲来を受けたのです。

最初県立西宮病院に入院した時は、元々胃の中のガンちゃのために食事がじゅうぶん摂れなかったところへ、化学療法の副作用のため、食欲もなく、ほとんど点滴で栄養を摂っていました。そのため僅か10日ほどの間に56kgほどになり、ダイエットの目標値を大幅に割り込みました。

市立芦屋病院へ移ってからは、ほぼその体重を維持していましたが、第3クール後さらに1kgほど減って、20代の頃の体重になりました。しかしこのところ、食欲も出てきて、2kgほど増え、57kgまで挽回しています。

ドクターからも、食べたいものをうんと食べるようにと言われています。今日もまた自宅へ戻っているところですが、おいしいものをできるだけ食べて、後半戦に備えたいと思っています。

(20)ガンの専門医の養成を

2006.12.04 Mon

ガンちゃんの襲来を受けるまで、ガンの治療についての知識はまったくお粗末なものでした。まず手術、そして転移、再発を防ぐため、抗ガン剤を使うといった程度でした。

ですから前の病院で最初、他にも転移しているので、手術はできないと言われた時は、お先真っ暗になりました。しかしその後、いろいろ勉強して、ガンの治療には、手術以外に放射線療法、化学療法があり、最近では化学療法が重要視されるようになってきたことを知りました。

先週発売されました週刊朝日12/8号でも、「がん治療の嘘 下」という記事で、化学療法や放射線療法の発達により治療法が多様化し、今やがん治療は、ただ切ればいいという時代ではなくなっているとし、しかし日本では、いまだにがん治療の大部分を外科医が担っているのが実情なのであると、書いています。

ですから、ドシロウトの私が「ガン→手術」と思っていたのも無理はありません。以下この記事から、二人の専門医の発言を引用します。

<この現状について、静岡県立総合病院消化器センター外科・核医学部長の高木正和医師はこう話す。

「これまで外科医は、自分の患者は術前から術後まで、手術から化学療法まで、すべて面倒を見てきたのです。しかし、現在は外科医だけではカバーしきれません。腫瘍内科や放射線治療といったそれぞれの専門家が役割を分担してくれることで、外科医はやっていけるのです。ところが、日本の多くの外科医はまだ一人だけでがんばっています。スタンドアローン(ひとりぼっち)の外科医ばかりです」>

<国立がんセンター中央病院腫瘍内科医長の勝俣範之医師は、こうした現状の弊害をこう指摘する。

「抗がん剤を有効に使うには、専門的な経験と知識が不可欠です。われわれ腫瘍内科医は副作用をコントロールする自信があるから、例えば白血球が減ってきても、極端にいえばゼロになっても抗がん剤を使えるし、感染症も予防できる。しかし、経験と知識がなければ、怖くてちょっと副作用が出たら治療をやめるしかない。これでは効果が出ないのが当たり前です。患者さんも必要のない副作用で苦しい思いをするだけです。そういうケースが多いのが日本の現状なんです」>

このような現状から、日本でもようやくガンの専門医の養成が急務だと認識されるようになり、例えばがん治療認定医制度が発足に向けて動きつつありますが、さらにはすべての大学に臨床腫瘍医学の講座を設けることなども必要だと、記事は結んでします。


読者登録

Megumiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について