目次

閉じる


ただ楽しい毎日が平凡でもなんでもいい

心から楽しいと思える場所

 

俺は作りたい

 

それを邪魔する存在

それは人の心の闇

 

分かったような口をきき

分かってないくせして言いたい放題に言う奴ら

 

何をするわけでもない

ただ自分の思い書いているだけなのに

 

それを評価をし何かを言ってくる

関係ないだろあんたらには

 

俺は俺の言葉で

俺のやり方で俺自身を見つけるため書いている

 

心から楽しめる時それは分かってくれる仲間とそして書いている時だけだ

 

 

 

 

 

 

 


1
最終更新日 : 2012-01-13 22:25:06

理解者

俺は大人の気持ちなんか分かりたくない

俺のことを分かろうとしてくれない大人の気持ちまで分かろうとは思わない

 

俺の気持ちも分からないのにただ自分の気持ちを押し付けてくるような奴の気持ちなんか

分かりたくない

 

ただ俺は理解者がほしいだけ

相手も理解してくれて俺もその相手を理解できるそんな奴がほしい

 

薄っぺらい感情でなくて心の底から分かり合える奴が

 

時には仲間のように

時には真剣に怒ってくれる奴がいてほしい

 

大人だけでなくて同い年の奴でも

 

薄っぺらい関係はもういい

ただ俺が苦しいだけだから

 

 

 

 

 

 

 


2
最終更新日 : 2012-01-14 17:02:05

この本の内容は以上です。


読者登録

みらいさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について