閉じる


<<最初から読む

17 / 38ページ



なにかを さがすのは。 なにせ ものすごく はなが ききますからな。 あそこを あるいている おじょうちゃんの にんぎょうを かぐだけで、 あなたを ちゃんと ごあんないして さしあげます。 あれを あげたのが サンタの おじさんなのですから。 ぜひとも あなたの おともを させてください。 いまや すていぬの わたくしを ぜひに。」
 そのことばを きいた ババール、 めを こいぬに むけて ひとこと。
「なるほど、 では つれていこう。」
 あとは いそいで かってきた さらの おたかい おにんぎょうを、 ヴィルジニーちゃんに みせると よろこんで じぶんのものと とりかえてくれまして。 さて ババールは サンタの にんぎょうを いぬに かがせて、 ごほうびに あまいものを あげます。



17
最終更新日 : 2011-12-19 22:20:16


 たびだつまえ ババールが また ものしりはかせの ウィリアム・ジョーンズに あいにいくと、 ほんを かえしてくれて さらに もうすこし くわしく おしえてくれました。 まちから 20キロほど はなれた やまのうえ もりのなかに サンタさんが すんでいるとか。 ながい みちのりを こえて、 ババールは はるばる ちいさな まち ドコカオクソコに たどりつきます。
18
最終更新日 : 2011-12-19 22:35:33


 そこは さむく、 ものすごい ゆきでした。 ですので ババールも そなえて スキーいたを てにいれ そりを てはいします。 やまの ふもとまでは そりで すべってゆけるのですが、 そこで いったん おりなければなりません。 そこからは いたを あしに はめ、 ずっしり かばんを せに、 デュック(と なづけた こいぬ)を つれて ふしぎの もりを のぼってゆくのです。 やるき まんまん デュックも きゃんきゃんと ほえながら じっくり あたりを さぐります。 と ふいに たちどまって しっぽを たて、 はなを ならしまして。 ついに サンタさんの においを かぎつけたのです。
19
最終更新日 : 2011-12-19 22:35:57


 たちまち デュックは そのさきへ むかいはじめます。 「とらえた、 つかんだ、 このにおいだ!」と わんわん おおきく ほえるので、 もりじゅうに ひびきまして。 ところが そのとき だれも いない このもりで なにが うごいたと おもいます? なんと きの うしろに やまの こびとさんが かくれていたのです。 デュックは ちかよって たしかめようと おもったのですが、 こっちへ むかって かためた ゆきだまを ちからいっぱい なげつけてきます。 そいつを あたまに わきばらに くらってしまいまして。

20
最終更新日 : 2011-12-19 22:36:17


 ほとんど いきも できず めも みえなくって、 しっぽも だらんと とにかく ひきかえすことにします。 もう ぜえはあ とぼとぼ。 もどってくるのを みて ババールは たちどまり わけを たずねます。
「おやおや! デュック、 いったい なにごとだい?」
 ですので デュックは ひげを はやした こびとたちとの できごとを はなしまして。 ババールの へんじは こうです。
「そうだったのか! だが なんとしても さきへ すすまねばなるまい。
ここは ぜひとも そのこびとたちと おちかづきに なりたいぞ。 そやつらの もとへ つれってってくれ。」
21
最終更新日 : 2011-12-21 21:37:42


読者登録

Alzさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について