目次
ESSAY-1
001 三岸節子展を観る
002 満開のドラゴンフルーツ畑
003 20年前を覚えていますか?
004 映画 『ダウン・バイ・ロー』の魅力
005 枇杷の種は健康の素
006 ドラゴンフルーツの赤
007 バレーボーラー高橋みゆきのイタリア挑戦
008 瑠璃色のサルスベリ
009 北の街の芸術家たち
010 イエガーとオースチン、その後
ESSAY-2
011 「黄金むらさき」って知ってますか?
012 昭和30年代の銀座を訪ねて
013 総選挙を前に思うこと
014 図書館で考えたこと
015 『9・11生死を分けた102分』を読む
016 脳は変わってきたのか?
017 「ジョンがオノのように冷ややかで、
018 「松蔭、晋作、龍馬は死んで、
019 「満州の広野を驀進する特急「あじあ号」
020 「細菌戦部隊という非人間的なテーマ
ESSAY-3
021 「おかしいじゃないか!
022 「もし、ヒトラーが今の日本に突然出現し、
023 「肉を食べるときは、気合いを入れて食べる。
024 「いずこへ去りしか、まぼろしの光?
025 「政治的手腕とは、
026 「表現できないものは
027 「そして友人を失ってみて初めて、
028 「どこで人生を終えるか
029 「寝室を出る時から、
030 「二十歳のころ、
ESSAY-4
031 「一体全体、自分たちを何様と
032 「友あり、道あり、誓いあり、
033 「夜が来るなんて、
034 「ようやく彼は言った──
035 「楽しい。苦しい。きもちいい。
036 「形ある無しを問わず、何かをこの世で手に入れたら、
037 やっと、庭に出て
038 「マルクス主義の社会的政治的展開
039 「言葉を用いるべきときではなかった。
040 「街角に帽子を持って立ち、
ESSAY-5
041 「教育」「いのち」「暮らし」
042 「だから夢なんて
043 「いつも青空だけを見つめて
044 「弾いたメロディは弾かない。
045 「結局のところ人間と人間の関係には
046 「ありがとうございます、
047 「お父さん」
048 「ペリーを証人第一号として
049 「クソッタレの世の中は
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-1)
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-2)
ESSAY-6
051 「自分が最低だと
052 「人間は考える葦ではない。
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-1)
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-2)
054 「パンは肉体に必要だが、
055 「きょう、私は、バッグに(Part-1)
055 「きょう、私は、バッグに(Part-2)
056 「嵐を通らずに咲いた桜はない」
057 「資本主義は審判にかけられており、
058 「自分がどんな病気にかかろうと、
059 「私はモラルのチョッキを
060 「春は名のみの風の寒さや
ESSAY-7
061 「ああ良い気持だ。
062 「少年よ大志を抱け。
063 「ばかやろう!(Part-1)
063 「ばかやろう!(Part-2)
064 「まず年寄りになりましょうよ。
065 情熱の強度について(Part-1)
065 情熱の強度について(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-1)
066 「映画を見ることで、(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-3)
067 「空気のさわやかさ、水の冷たさ・・・。
068 「自転車はブルースだ。
069 「自分が本当にやりたいと思うこと
070 「嗚呼、もしーーと考えずにはいられない。

閉じる


<<最初から読む

74 / 77ページ

067 「空気のさわやかさ、水の冷たさ・・・。

空気を胸に吸うこと、このすばらしい生命感、空気のうまさ、肺の健康さ、時計の動き、働きに出る人たち・・・。こうしたすべては「生きていること」のすばらしさを、じかに、はっきりと、こちらに伝えてくる。

 この空気を肌で感じ、太陽の光を浴び、窓辺で物を思い、恋に悩み、野心にゆらぐこの自分という存在・・・。この「生きているということ」。」

 春を感じる頃になると、いつも辻邦生のこのことばを思い出す。

 

 鹿児島紅梅が雨に散った庭に、すももが新芽をつけた。バイオチェリーとあんずの枝には花芽が膨らんできたのがわかる。たどたどしくケキョ、ケキョと鳴いていたウグイスが今日はホーホケキョ、ケキョケキョとやっとちゃんとした声で鳴いたのも、春の到来を予感させる。この雨が終わったら、春の嵐だろう。

 

 バンクーバー・オリンピックのフィギュアスケートの実況を音声で聞きながら、『冬の鷹』(吉村昭/新潮文庫)を読み終えた。

 日本最初の西洋医学書である『解体新書』を実質上は独力で、苦心惨憺、訳出しながら、その書に名を留めることを潔しとしなかった前野良沢の生涯を、名目上の訳者として名を留めることで、世間の名声を一身に集め、江戸屈指の流行医となった杉田玄白との対比で描いた歴史小説だ。

 作者は徹底して、終始地道な翻訳作業に専心して、もてはやされることのない一学究としての生涯を終えた前野良沢に光を当てている。

 刷り上がった『解体新書』が玄白の自宅に運び込まれ、翻訳作業に当たった門人らが、墨の匂いもかぐわしい新書の頁をくくる場面がある。

 門人たちは、そこに、当然、著者名の筆頭にあるべき前野良沢の名がなく、代わりに、杉田玄白訳とあるのを見て、顔をこわばらせる。翻訳の中心人物だった良沢を除外して、自分たちだけの功績にしたように思えてなかなかったからだ。

 数年が経って、『解体新書』訳者としての杉田玄白の名が一般庶民の間にも顕著となってきたころ、父親が訳業の中心人物だったことを知っていた良沢の息子の達が、「父上の名は、なぜあの訳書にしるされていないのですか?」と問う。「玄白殿らの故意にしたはかりごとではないのですか?」

「そのような荒々しいことを口にするものではない。私の名が記されていないのは、私が辞退したからだ。・・・それは、あの書が完全な訳書ではないからだ。私の力は、まだそこまではいたっておらぬ。いわば未完訳稿ともいうべきものを出版すること自体が、私の意に反することなのだ」

 中年になってから志を立てて蘭学を学んだ良沢には、国内ではNo.1であっても、理想とは遙かに遠い域にしか達していない自らの知識を痛感しており、その中途半端な成果を世に問うたり、実用化する気になれなかったのである。

 その後も、ただひたすらオランダ書の訳読のみに心を傾け、日本一の蘭学者と言われながら、「教える暇があったら、学ばねばならない」と弟子もとらなかった彼は、家賃の安い借家住まいを続ける。息子にも妻にも先立たれた良沢はウグイスの声が聞こえる借家で、オランダ文字の輪郭すら、もはや捕らえられなくなった眼になっても、蘭書と向き合っていた。81歳で亡くなったとき、通夜にも葬儀にも焼香客はほとんどなかったと言われる。

 その死をその日に知った杉田玄白も、葬儀に出向くことはなかった。

 それから1ヶ月半後のお大晦日に、杉田玄白が詠んだ句が残されている。

「明日ありと 思へば嬉し 大晦日」


068 「自転車はブルースだ。

クルマや観光バスではわからない。

走る道すべてにブルースがあふれている」

(忌野清志郎『サイクリング・ブルース』小学館)

 

 ハワイ・オアフ島での「ホノルルセンチュリーライド」に毎年参戦するなど、海外レースや海外のロードを走り続けた忌野清志郎さんが亡くなってから、もう1ヶ月もしないで(5月2日)一周忌がやってくるという時期になった。

 清志郎さんが言ったように、“ブルースがあふれている”ということは、僕の場合はどうもないのだけれど、でも、自転車に乗っているとクルマでは知ることができなかった風景に出会って唖然とするし、思わず昔の歌を口ずさんでいたりするのだから、少しは僕の中にもブルースが流れていてくれるのだろうか。

 ともあれ、桜といっしょに自転車の季節がやってきて、風が心地よい季節になった。

 

 昨日(4月4日)はベルギー・フランドル地方を走るロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・デ・フランドル=通称ロンド)が開催され、その画像をヘリからの空撮で追いながら、ベルギーの風を懐かしく思い出したりしていた。平均斜度19度という石畳の急坂をものともしないで登り切ったカンチェラーラ(スイス、チーム・サクソバンク、北京五輪個人タイムトライアルの金メダリスト)が終盤、独走して優勝した。

 いよいよヨーロッパ・サイクルロードレースも本番。

 今度の日曜日には、もうひとつのクラシックレース、パリ~ルーベが行われる。ここには日本人レーサーの別府史之(昨年のツール・ド・フランス最終ステージで敢闘賞)が出場する。また眠たい眼をこすりながらの観戦になりそうだ。

 昨春、知人からロードバイクを譲り受けて以来、テニスのためのトレーニングにもなるからと自身に言い聞かせ、田舎の山道を一周することから始まったバイク生活だが、いつの間にか、GAORAATPツアー(テニス)を観る時間より、J SPORTSでサイクルロードレース関連の番組を観るほうが多くなってしまった。さすがに、もうレースに出られる年齢ではないから、余計にテレビに映るレーサーに自身を仮託してしまう。

 パリ~ルーベのあとも日曜日ごとに、アムステルダムゴールドレース、リエージュ~バストーニュ~リエージュとレースは間段なく続き、5月にはジロ・デ・イタリア、6月にはツール・ド・スイス、7月にはツール・ド・フランスが待っている。フレンチオープンもウィンブルドンも観るけれど、でもやっぱり今年もサイクルロードレースのほうに夢中になるような気がする。

 サイクルロードレースがいいのは、勝利を目指した厳しい競い合いの中に、チームスポーツのよさが隠されているからだ。エースを勝たせるためにボトルをウェアの中に6本、7本と突っ込んで最後方からチームメートを捜して追い上げる姿を見ると、涙しそうになったりする。

 先にあげた『サイクリング・ブルース』の中で、忌野清志郎さんは、こう言っている。

『レースの勝ち負けとか場所とか、そういうことにはあまり興味がなく、ただ、気持ちいい道を、できるだけ遠くまで走れれば、それでよかった』

 

 今日は寒くてさぼってしまったけれど、明日は久しぶりの暖かな日差しというから、iPodでアラン・トゥーサンでも聞きながら、1周してくることにしよう。筋肉痛にならない程度に。


069 「自分が本当にやりたいと思うこと

を見つけたら、

もう心配はいりません」(小柴昌俊/2002年ノーベル物理学賞)

 

 本当に、そうなのだろうか? 

 宮本常一と渋沢敬三について書かれた『旅する巨人』(佐野真一/文藝春秋)を読みながら、何度も考えたのは、そのことだった。

 『旅する巨人』は、柳田国男以後、最大の功績をあげた民俗学者と言われる宮本常一の生涯を、その宮本を物心両面で支えた渋沢栄一の孫・渋沢敬三の生涯と重ねながら追ったノンフィクション作品だ。

 一方は、善根宿と呼ばれた旅する者なら誰でも無料で泊めた宿に生まれた一百姓として、生涯を旅に生き、73年の生涯に合計16万キロ、地球を4周する行程をズック靴を履き、よごれたリュックサックの負い革にコウモリ傘をつり下げ、1000軒を超す民家に泊めてもらいながら、ただひたすら自分の足だけで日本全国を歩き続けた男。

 一方は、柳田国男や折口信夫と並び称される民俗学者でありながら、”近代日本資素本主義の父”渋沢栄一の孫として、幼い頃から家長の立場に立たされつづけ、渋沢家という巨大な重圧にうちひしがれそうになりながらも、戦中は日銀総裁、戦後は大蔵大臣として、経済人でもあり政治家でもあるとい人生を生ききった男。

 その二人が、常一28歳、敬三39歳のときに運命的な出会いをし、没するまでの人生がここには語られている。

 

 年齢も境遇もまったく異なる二人を結びつけたのが、民俗学だった。

 だが、””自分が本当にやりたい”ものとして人生のスタート時に見つけた民俗学は、二人にとっては、まったく異なる対象物でもあった。常一は家族をも顧みないで旅から旅を続けて民俗学に人生のすべてを注ぎ込み、没頭したのに対し、敬三にはそれは許されることではなかった。決して逸脱することのできない渋沢家の頭目としての重責、企業経営者としての責務があり、夢に没頭してばかりはいられなかった。だがそれゆえにこそ、常一を物心両面で支援したのだし、常一の夢に自らの夢を重ねたのだ。共に充実した人生を生き切ったのだと思いたいが、幸せだったのは常一のほうだったに違いない。

 大切にしなくてはならないのは、見つけることではなくて、見つけたあと、それにどう向き合うことができたかなのだ。

 

 58歳になって武蔵野美術大学の正式の教授になるまで、定職というものを持たず、ひたすら日本全国の僻地に足を運び、”日本列島改造”の中で失われゆく日本人の姿を記録にとどめようとした常一の次の言葉が小気味よく響く。

「金持ちが貧乏人の面倒をみるのはあたりまえじゃ」



070 「嗚呼、もしーーと考えずにはいられない。

スターリンの父親が息子をあれ程ひどく虐待しなければ、おそらく二千万人もの人々は殺されずに済んだのである」


 600万人のユダヤ人殺害を強行したヒトラー、その数倍にものぼる2000万人以上(推定)を殺害したとされるスターリン、そして、毛沢東、金日成、ポル・ポト、フランコ、ミロソビッチ、フセインなど、君主制にも増して不条理で不自由な独裁体制を敷いた独裁者を誰が生んだか?

 元NHKディレクターでノーベル賞学者である利根川進夫人である吉成真由美がNHKテレビにインタビュアーとして出ているのも見たのに刺激されて、正月休みに氏の著作『危険な脳はこうして作られる』(新潮選書)を読み返した。

 人間の脳がどうかしてしてしまったのだろうか? 年が明けても、ニュースにはろくな事が報じられない。“まじめで大人しく、礼儀正しい”普通の兄が妹を殺して切り刻む。そして繰り返される同じ嘆き・・・。

「なぜこの子だけが突然変わってしまったのか、まったく理解に苦しむ」

 そのあとには、決まって両親の育て方やしつけ、学校や先生、社会の対応が問題と指摘される。

 吉成氏はその著書の中で、酒鬼薔薇事件以来の非論理的な殺人について、脳の不調による殺人として、脳の病気の観点から取り組まないと、これはどうしようもないと指摘している。

 特にかつて精神分裂病と言われたスキゾフレニア患者が日本でも少なく見積もっても100万人にのぼっており、その患者の50%近くが両親に同じ患者を持っているという指摘には考えさせられた。人間は皆平等に正常であり、親のしつけや先生の教育がよければ、よい子に育つものなのだろうか?


この本の内容は以上です。


読者登録

chikara77さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について