目次
ESSAY-1
001 三岸節子展を観る
002 満開のドラゴンフルーツ畑
003 20年前を覚えていますか?
004 映画 『ダウン・バイ・ロー』の魅力
005 枇杷の種は健康の素
006 ドラゴンフルーツの赤
007 バレーボーラー高橋みゆきのイタリア挑戦
008 瑠璃色のサルスベリ
009 北の街の芸術家たち
010 イエガーとオースチン、その後
ESSAY-2
011 「黄金むらさき」って知ってますか?
012 昭和30年代の銀座を訪ねて
013 総選挙を前に思うこと
014 図書館で考えたこと
015 『9・11生死を分けた102分』を読む
016 脳は変わってきたのか?
017 「ジョンがオノのように冷ややかで、
018 「松蔭、晋作、龍馬は死んで、
019 「満州の広野を驀進する特急「あじあ号」
020 「細菌戦部隊という非人間的なテーマ
ESSAY-3
021 「おかしいじゃないか!
022 「もし、ヒトラーが今の日本に突然出現し、
023 「肉を食べるときは、気合いを入れて食べる。
024 「いずこへ去りしか、まぼろしの光?
025 「政治的手腕とは、
026 「表現できないものは
027 「そして友人を失ってみて初めて、
028 「どこで人生を終えるか
029 「寝室を出る時から、
030 「二十歳のころ、
ESSAY-4
031 「一体全体、自分たちを何様と
032 「友あり、道あり、誓いあり、
033 「夜が来るなんて、
034 「ようやく彼は言った──
035 「楽しい。苦しい。きもちいい。
036 「形ある無しを問わず、何かをこの世で手に入れたら、
037 やっと、庭に出て
038 「マルクス主義の社会的政治的展開
039 「言葉を用いるべきときではなかった。
040 「街角に帽子を持って立ち、
ESSAY-5
041 「教育」「いのち」「暮らし」
042 「だから夢なんて
043 「いつも青空だけを見つめて
044 「弾いたメロディは弾かない。
045 「結局のところ人間と人間の関係には
046 「ありがとうございます、
047 「お父さん」
048 「ペリーを証人第一号として
049 「クソッタレの世の中は
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-1)
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-2)
ESSAY-6
051 「自分が最低だと
052 「人間は考える葦ではない。
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-1)
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-2)
054 「パンは肉体に必要だが、
055 「きょう、私は、バッグに(Part-1)
055 「きょう、私は、バッグに(Part-2)
056 「嵐を通らずに咲いた桜はない」
057 「資本主義は審判にかけられており、
058 「自分がどんな病気にかかろうと、
059 「私はモラルのチョッキを
060 「春は名のみの風の寒さや
ESSAY-7
061 「ああ良い気持だ。
062 「少年よ大志を抱け。
063 「ばかやろう!(Part-1)
063 「ばかやろう!(Part-2)
064 「まず年寄りになりましょうよ。
065 情熱の強度について(Part-1)
065 情熱の強度について(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-1)
066 「映画を見ることで、(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-3)
067 「空気のさわやかさ、水の冷たさ・・・。
068 「自転車はブルースだ。
069 「自分が本当にやりたいと思うこと
070 「嗚呼、もしーーと考えずにはいられない。

閉じる


<<最初から読む

52 / 77ページ

051 「自分が最低だと

 

 

 

思っていればいい。自分が最低と思っていれば、いくらでも学ぶことができる。自分が偉いと思っていると、人は何も言ってくれない。何も学ぶことができなくなってしまう」(赤塚不二夫)

 

 紅白歌合戦を見て年を越したけれど、新年になったからといって、別段変わったこともなければ、心境に変化もない。外は風もなく、ガラス窓を通して差し込む日の光も温かな1日だった。これで、おだやかな日々が3日続いたことになる。今年はこんふうにおだやかに過ぎていく1年であってほしいものだ。

 

 元旦ということでいつも思い出すは、8年前に逝った父の誕生日だったことだが、今年はもうひとり、24年前に逝った岡村昭彦さんもこの日が誕生日だったことを思い出した。  

 まだ20代の後半だったころの一時期、著者と編集者という関係の中で仕事をご一緒させていただき、舞阪町(現・浜松市)にあった岡村さんの実家でたくさんの資料を拝見させていただいたことがある。報道カメラマンとしてよりも一ジャーナリストとしてヴェトナム戦争を記録した岡村さんはそのころダブリン(アイルランド)に居を構えていた。従軍したビアフラの独立戦争が敗北という形で終わり、北アイルランド紛争やエチオピアの干ばつの取材に飛びまわっていた時期だった。お願いした連載のタイトルは『アイルランドからの小さな報告』。

 そのころの岡村さんの視点は、ケネディ家をはじめとするアイルランド系アメリカ人とヴェトナム戦争の結びつきを探ることに置かれていて、そのアイルランドの地から世界を見ようという企画だった。

 

 その岡村さんが56歳の若さで亡くなられたとき、病名は敗血症だったのだが、私の胸の中ではヴェトナムと枯れ葉剤が結びつき、それが早すぎる死といつまでも重なって離れなかったのだが、そのことが突然昨年末から読み進めた『花はどこへいった』(坂田雅子/トランスビュー)を手に取るなかで甦ってきたのである。

 

『花はどこへいった』は、ヴェトナム戦争に従軍し後に報道カメラマンとして活躍した夫のがんによる死をきっかけに枯れ葉剤の映画を作ることを決意して渡米、映画制作を学んで2007年に映画『花はどこへいった』を完成させた著者が、自らの奮闘の人生を綴ったものである。

 

 岡村さんと仕事をした駆け出しの編集者時代、海外物の取材原稿に使う写真を借用するため、頻繁に通った六本木にあったインペリアルプレスで、何度も顔を合わせていたはずの坂田雅子さんが、その著者であったこともまた驚きでもあり、懐かしくもあった。

 最愛の夫はなぜ急死したのか? を問い続け、映画制作を一から学んだ情熱、旧南ベトナム全土の12%に撒かれたと言われる枯れ葉剤の被害現場に脚を運び真実を見つめた勇気は、あの時代に生きた人間に共通のものなのだろう。米軍によって戦争を早めるという口実のもとに撒かれた枯れ葉剤は、同じ理由で広島と長崎に落とされた原爆同様、その下で生活していたベトナム人に多くの犠牲者を生んだ(多くの奇形児が産まれた)だけではなかった。撒いた加害者であるべきアメリカ人にもそこで取材したジャーナリストや派遣医師団といった人々の間にさえ、未だに癒えない傷跡を残したのだ。

 イラク、アフガニスタン、ソマリア、ダルフール、パレスチナ・・・、正義のための戦争はいつまで繰り返されるのだろうか?


052 「人間は考える葦ではない。

 

 

 

考える管である」

 

 福岡伸一著『できそこないの男たち』(光文社)で語られている言葉である。科学は苦手な自分だが、この本は楽しく読むことができた。

 上の文はつまり、こういうことである。

 ミミズを思い起こしてほしい。彼は正に管そのものであり、口から食物を取り入れておしりから排泄する、ただそれだけの存在だが、つきつめてみれば人間もそれは同じだ。その周りにミミズとは別に眼なり耳なり鼻なり腕なりを付けてはいるものの、管であることには変わりない、成り立ちは変わらないというわけだ。

 

 この本のテーマは実は別のところにあるのだ(表題に『できそこない・・・』とあるごとく、聖書に書かれているようにアダムがイブを作ったのではなく、イブがアダムを作り出したということ=男は女のできそこないの証明なのだ)けれど、腸をはじめとした消化管の話もおもしろく読んだ。

 われわれ人間は、消化管に沿って緻密な末梢神経系を持っており、そこにリトル・ブレイン、つまり“小さな脳”といわれる消化管神経回路網が作られている。ひょっとすると、われわれは脳ではなく消化管で物事を感じ取ったり、思考したりしているのかもしれない、というのである。

 

 そう言われてみると普段、根性とかやる気という意味で使っているガッツ(guts)が、ガット(gut=腸などの内蔵、消化器官)の複数形であることや、予感や直感、あるいは第六感を英語ではガットフィーリング(gut feeling=腸感覚)と表記することなども、何となく納得できるではないか。朝、お通じがスポンと気持ちよく出ると、よーし、今日も頑張るぞ!という気持になるのも、このへんに原因があったのか、と納得した次第。 人間の生命力は脳や心臓にではなく、腸の周りにあるのかもしれない。


053 「アメリカ国民は失敗した(Part-1)

 

 

 

わけではない」

 

 アメリカ第44代大統領の就任式をテレビで観ながら、パラパラとめくっていた『栄光と夢』(ウィリアム・マンチェスター/草思社)の中で目に留まったのが、こんなことばだった。1934年3月4日に就任式を迎えた第32代大統領フランクリン・デラノ・ローズヴェルトの就任演説の一節だ。その大統領の下でアメリカは大恐慌から立ち上がり、第2次世界大戦を経て世界に君臨する国家へと上り詰めていったのだが、当時のアメリカがどんな経済状況下にあったかを知るにつれ、現下の“経済危機”など果たして危機と呼べるのだろうか、と思わざるをえなかった。

 フーバーを472票対59票の大差で破った日の夜、我が家に戻ったローズヴェルトは、25歳になる息子にこう語ったとされている。

「なあ、ジミー、私はこれまでの生涯でたったひとつのことだけを恐れてきた。つまり、火事だよ。だが、今夜は、何かほかにも恐れていることがあるらしい」

「恐れているって、何を?」と問う息子ジミーに、

「ひょっとして、自分にはこの仕事をやるだけの力がないのではないかという恐れだよ」

と答えた。

 ローズヴェルトをして、そう言わしめた時代とは次のような時代だった。

 

            1929年の株価の大暴落で、

(1)    GM(ゼネラルモータース)の株価は暴落以前の8%にまで下がり、

(2)    約5,000の銀行が破産し、

(3)    86,000社がビジネスをやめてしまっていた。

(4)    以下の自動車会社が消滅した。

スタッツ、オーバーン、コード、エドワード・ピアレス、ビアース・アロウ、デューセンバーグ、フランクリン、デュラント、ロコモビル、ロックン

            『フォーチュン』1932年9月号によれば、

(5)3,400万人の人々が無収入と推定され、それは人口の約28%だった。しかも、これには農家1,100万世帯(全人口の25,1%)が除外されていた。

(6)スコット・フィッツジェラルド(『偉大なるギャッツビー』で知られる)までがマルクスを読み、「革命を起こすには、共産党の内部で活動する必要がある」と書いた。

●1933年3月2日、フランクリン・D・ローズヴェルトが就任式のためにユニオン駅に到着し、宿舎のメイフラワーホテルに入ると1通の電報が届いていたが、そこに書かれていたのは、

(7)21州とコロンビア特別区で銀行が閉鎖されたか、あるいは閉鎖されつつあること、

(8)ここ1週間の金の国外流出が2億2,600万ドルに達し、国庫には3月15日に満期となる短期証券決済のための7億ドルはおろか、公務員の給与を支払うにたる金もないということだった。

●1933年3月4日の就任式当日、

(9)ウォール街には大統領就任を祝う国旗がひるがえっていたが、株式取引所は正式に閉鎖され、シカゴの商品取引所も85年の歴史で初めて閉ざされた。

(10)17の州で、取り乱した知事たちが銀行の休業を宣言し、

(11)大統領就任式に臨むペンシルバニア州のビンショー知事のポケットには95セントしか入っていなかった。

(12)ルイジアナ州のアレン知事はワシントン行きの費用を銀行から引き出し、自分の口述したすべての銀行を閉鎖するという指令を出して、大統領就任式に向かう汽車に乗った。

(13)しかし、上記2人はまだよかった。イリノイ州のホーナー知事とニューヨーク州のレーマン知事は就任式に出席する望みを放棄していた。

 

 ローズヴェルトの時代と比べれば、オバマの時代は、とても“100年に一度の危機”などとは言えないのではないだろうか?(次ページに続く)

 

 

 


053 「アメリカ国民は失敗した(Part-2)

 

 

 

 それはさておき、深夜まで起きて就任演説を期待して待った身には、今回の演説には少なからぬ失望を感じざるをえなかった。アメリカの建国については熱を込めて語っていたけれど、しいたげられた黒人を祖先に持つオバマならと期待していることがあった。それは建国以前のことだ。日本人と同じモンゴロイドであるアメリカの先住民、インディオたちを追い立て、奪い取った土地に建国したのがアメリカであるという負の遺産に、彼ならば触れるのではないかと思っていたのだ。その点ではやはりオバマといえども、ナショナリズムの限界を突破できないということなのだろう。自由と民主主義の国として建国したアメリカが、その象徴として建設した議事堂を作ったのが実は黒人奴隷だったということを知っているオバマをしても、その後のインディオたちを駆逐しつつ拡大していった母国のことを反省できないという事実に、怒りはなく、ただ悲しかった。

 

『人民の人民による人民のための・・・』と語ったリンカーン、そしてオバマ。だが、その”人民”には、奴隷としてアメリカ社会を最底辺で支えた黒人までは含まれていても、彼らが西部開拓の名の下に駆逐していき、今も無数に点在する居留地に囲い込んでいるインディオは入っていないのである。


054 「パンは肉体に必要だが、

 

 

 

スイセンは心に必要だ」(マホメット)

 

 3日続きの雨の中で、白梅が花をつけ、スイセンの蕾が開いた。そろそろ晴れたら夜空にシリウスが輝く季節である。シリウスは太陽を除けば最も明るく地球から見える恒星で、「焼き焦がす」という意味のギリシャ語セイリオス(Σείριος, Seirios)」に由来する語だそうである。中国では天狼星と呼ばれているから、狼の目はあのようにキラキラと輝いていたのだろう。

 

 アメリカにオバマ大統領が誕生して、世界も少しずつだが変わりはじめただろうか?

 

 それにしても、報道陣の立ち入りが認められたガザ地区(パレスチナ)の映像を見るにつけ、イスラエルが目指した今回の攻撃の目的は何だったのかと思う。

 ピーナッツやガムを噛みながら銃を乱射する若い兵士に4人の娘を打たれ、その中の一人だけがエジプトの病院で生きていたと知らされた男の映像を、英BBCが映していた。日本の民放でも、白リン弾を浴びて、抱きかかえていたわが子を火の海に投げ落としてしまった女性の悲鳴に近い声が伝えられた。

 その背景に映し出されていた風景は、まるで廃墟・・・、原爆を落とされた翌日に記録された長崎の市街地のモノクロ写真を見るかのようであったし、阪神淡路大震災後の神戸の街並みを見るかのようでもあった。

『非(不だったか?)道徳でも目的は達せられます、・・・ヒロシマのように』と、映画『惑星ソラリス』の中で主人公はつぶやくけれど、人間はいつまでこんなことを繰り返すのだろう?

 

 昨日読み終えたばかりだが、フランス・ナント大学教授で作家のフィリップ・フォレストは、小林一茶と夏目漱石、山端庸介(写真家)の人生をたどった小説『さりながら』(白水社)の中で、こんな一茶の句を取り上げていた。

 

世の中は 地獄の上の 花見哉

 

 そして、

 

斯う活て 居るも不思議ぞ 花の陰

 

 また、こんな句も・・・。

 

露の世は 露の世ながら さりながら



読者登録

chikara77さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について