目次
ESSAY-1
001 三岸節子展を観る
002 満開のドラゴンフルーツ畑
003 20年前を覚えていますか?
004 映画 『ダウン・バイ・ロー』の魅力
005 枇杷の種は健康の素
006 ドラゴンフルーツの赤
007 バレーボーラー高橋みゆきのイタリア挑戦
008 瑠璃色のサルスベリ
009 北の街の芸術家たち
010 イエガーとオースチン、その後
ESSAY-2
011 「黄金むらさき」って知ってますか?
012 昭和30年代の銀座を訪ねて
013 総選挙を前に思うこと
014 図書館で考えたこと
015 『9・11生死を分けた102分』を読む
016 脳は変わってきたのか?
017 「ジョンがオノのように冷ややかで、
018 「松蔭、晋作、龍馬は死んで、
019 「満州の広野を驀進する特急「あじあ号」
020 「細菌戦部隊という非人間的なテーマ
ESSAY-3
021 「おかしいじゃないか!
022 「もし、ヒトラーが今の日本に突然出現し、
023 「肉を食べるときは、気合いを入れて食べる。
024 「いずこへ去りしか、まぼろしの光?
025 「政治的手腕とは、
026 「表現できないものは
027 「そして友人を失ってみて初めて、
028 「どこで人生を終えるか
029 「寝室を出る時から、
030 「二十歳のころ、
ESSAY-4
031 「一体全体、自分たちを何様と
032 「友あり、道あり、誓いあり、
033 「夜が来るなんて、
034 「ようやく彼は言った──
035 「楽しい。苦しい。きもちいい。
036 「形ある無しを問わず、何かをこの世で手に入れたら、
037 やっと、庭に出て
038 「マルクス主義の社会的政治的展開
039 「言葉を用いるべきときではなかった。
040 「街角に帽子を持って立ち、
ESSAY-5
041 「教育」「いのち」「暮らし」
042 「だから夢なんて
043 「いつも青空だけを見つめて
044 「弾いたメロディは弾かない。
045 「結局のところ人間と人間の関係には
046 「ありがとうございます、
047 「お父さん」
048 「ペリーを証人第一号として
049 「クソッタレの世の中は
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-1)
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-2)
ESSAY-6
051 「自分が最低だと
052 「人間は考える葦ではない。
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-1)
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-2)
054 「パンは肉体に必要だが、
055 「きょう、私は、バッグに(Part-1)
055 「きょう、私は、バッグに(Part-2)
056 「嵐を通らずに咲いた桜はない」
057 「資本主義は審判にかけられており、
058 「自分がどんな病気にかかろうと、
059 「私はモラルのチョッキを
060 「春は名のみの風の寒さや
ESSAY-7
061 「ああ良い気持だ。
062 「少年よ大志を抱け。
063 「ばかやろう!(Part-1)
063 「ばかやろう!(Part-2)
064 「まず年寄りになりましょうよ。
065 情熱の強度について(Part-1)
065 情熱の強度について(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-1)
066 「映画を見ることで、(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-3)
067 「空気のさわやかさ、水の冷たさ・・・。
068 「自転車はブルースだ。
069 「自分が本当にやりたいと思うこと
070 「嗚呼、もしーーと考えずにはいられない。

閉じる


<<最初から読む

41 / 77ページ

041 「教育」「いのち」「暮らし」

 

 

 

という、国民に責任を負うべき政府の主要業務が「民営化」され、

市場の論理で回されるようになった時、

はたしてそれは「国家」と呼べるのか?

 

 2001年にノーベル経済学賞を授賞したアメリカの経済学者スティグリッツが『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』を発表したのは2002年だから、6年も前のことになる。久しぶりに上京した往復の新幹線の中で、堤未果の『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)を読みながら、早くスティグリッツの上著書も読まなくてはと思った。

  アメリカ野村證券に勤務中、9・11同時多発テロに遭遇し、隣のビルからビル倒壊を目撃したことをきっかけにジャーナリストに転向した著者は、「弱者」が食い物にされ、人間らしく生きるための生存権を奪われた挙げ句、使い捨てられていく“自由で豊かな”アメリカの現実をひとつひとつ追っていく。

 グローバルスタンダードを追うとしてそのアメリカの後を追った日本でも、今、日本国憲法が保障する、“健康で文化的な最低限度の暮らしを営める権利”が浸食されようとしているが、アメリカではもっと早くから、それは始まっていたのだ。

 いまや戦争さえが民営化され、現アメリカ副大統領チェイニーがCEOを勤めた石油サービス・建設企業ハリバートン社傘下の民間戦争請負会社が、インドやスリランカ、ネパール等の貧困層をターゲットに派遣社員を募集して、イラクの戦場に送り込んでいる現実が、そこでは指摘され、彼らは米軍ではなく民間人であるため、アメリカ軍の死傷者の数にも数えられていない現実が突きつけられる。それが明日の日本の姿でないことを願うばかりだ。


042 「だから夢なんて

 

 

 

見るんじゃなかったんだわ。

 この山に登れば、すばらしい夕焼けが見られるなんて言葉に乗せられて、夢見たりするから、こんなことになるんだわ」

 

 確か、そんな文章だった。

 辻邦生の作品の中で読んで、忘れずにきたものだが、その出典がどうしても確認できない。残してきた作品を手当たり次第に斜め読みしたのだが、見つけることができず、今日で諦めることにした。

 だから、上記の文章も、こんな感じだったというくらいで、まったく自信はない。

 

 夕焼けを見ようと兄に誘われた主人公は、山登りなどしたこともないのに、その素晴らしい夕焼けの話を信じて兄の後ろについて丘に登るのだった。だが、夕焼けは一瞬後には、赤黒い雲に覆われた空に一変し、瞬く間に夜が忍び寄る。二人を待っていたのは、暗さを増す夜道を転がるように下る長い長い時間だった。

 

 なぜ、こんなことを思い出し、その文章を探したかというと、その夕焼けの一瞬を、“マジックアワー”ということを、三谷幸喜監督作品『ザ・マジックアワー』を観て、教えられたからだ。

 日没後の一瞬、高い鱗雲が一面に浮いているようなとき、地上は夕闇に包まれつつあるのに、高度のあるその雲に沈んだ太陽の残光が差し込んで、ほんの一瞬、空一面を真っ赤に染める瞬間がある。それが、“マジックアワー“と呼ばれる一瞬であり、映画はそれを転じて”誰にでもある人生で最も光り輝く一瞬“として描いていく。

 

 しかし、その瞬間は本当に一瞬だ。犬を連れて散歩に出ようとして、そんな空一面の夕焼けに一度だけ出会ったことがある。犬を柱にくくりつけて部屋に飛んで入り、カメラを抱えて飛び出したときには、「まさか」と声を出してしまったほど、見上げた空は暗く、西の空の一画にわずかな赤黒い雲が浮かんでいるだけだった。そのときの落胆というか悲しみを今でも忘れることができない。

 

「マジックアワーを逃してしまったとき、どうするのか、君は知っているかい?」

 柳澤慎一演じる1作品の主演を最後に消えてしまった“かつての映画スター”が、主人公(佐藤浩市)に語る場面がある。

「明日を待てばいいんだよ。明日になれば、必ずマジックアワーはやってくる」

 

 しかし、経験で言うのだが、そんな夕焼けの瞬間を、わたしはまだ2回しか見たことがない。

 


043 「いつも青空だけを見つめて

 

 

 

暮らしなさい」

(小笠原の父島で暮らすサトウ・ハチローのもとに届いた母親からの手紙の一節)

 

 まだ梅雨明け宣言が出されないが、窓からのぞくと真っ青な青空が広がっている。気温は今日も30度を超すという予報だが、やっぱり夏は青空がいい。

 

 青空はいいけれど、新聞をのぞくと、ろくなニュースはない。

 親に怒られたという理由でバスを乗っ取った少年、防衛省の裏帳簿破棄、教員汚職と、相変わらずのガソリン代高騰。

 新聞は、なぜ、もっと人間のよい面を拾わないのだろう?

 

『人生において重要なのは、いかに進歩すべきかを知ることではなくて、

辛抱強く働き、気高く堪え忍び、そして

幸福な生活ができるように、吾々の人生をいかに整理すべきかを知ることである。

・・・金銭や名誉のためのあらゆる空しき闘いの後には、

人生は主として実のある或る事柄に還元される。例えば

うまいもの、

良き家族、

苦労のない平和な心、

寒い朝の一杯の粥。

 その余は空の空なるものにすぎない』(『支那のユーモア』の著者・林語堂)


044 「弾いたメロディは弾かない。

 

 

 

通った道は通らない」(ピアニスト・上原ひろみ)

 

日本で初めての本格的なテニススクール校長として、

日本で初めての本格的なテニスショップの店長として、

日本で初めての本格的なテニス専門誌の編集長として、

日本で初めての女子テニス団体戦(フェドカップ)監督として、

 

 戦後の日本テニス界で道なき道を切り開き、この6月1日に逝った宮城黎子さんを“偲ぶ会”が25日(金)に緒方貞子さんが発起人となって東京帝国ホテルで開かれた。

 

 縁あって、その下で9年間働いた。

 テニスと、編集と取材のいろはを教わった。

  緒方さんや正田美智子さま(現皇后陛下)のコーチをされ、シングルスとダブルスを合わせて30個の全日本タイトルを獲得、テニス界の大御所といえる立場にもかかわらず、常に相手の目線までおりてきて物事に向き合う人だった。

  ネットを挟んで行き交うのは、単なる黄色いボールではなく、勇気とガッツなのだ・・・、ということを教えていただいた。

  弱気になる自分の心に打ち勝って、まずは土俵に上がっていかなければ、何事も始まらない・・・、ということを無言のうちに教えられた。 

 縁あって口述筆記することになり遺本となった『宮城黎子の昭和テニス史』(日本文化出版 5月1日刊)の完成を見届けて逝かれたことが、せめてもの慰めである。

 

「テニス、やってるの? やらきゃだめよ!」

 その声が今も聞こえる。


045 「結局のところ人間と人間の関係には

 

 

 

我々が一般的にそう思っているよりずっと多くの謎が潜んでいるのではないだろうか?

 

 誰か他人のことをきちんとわかっているなどと本気で言える人間はどこにもいない。それがたとえ何年も起居を共にしている相手であったとしてもである。

 我々の内なる人生を構成するものについては、我々はもっとも親しい相手にさえその断片しか伝えることができないのである。その全体像は伝えることができないし、相手も理解することはできないだろう。

 我々は隣人の姿さえはっきりと見極めることのできないこのような薄暗がりの如き人生をともに手探りでふらふらと進んでいる。

 ただときおり、我々がその道連れとともにした何かの経験とか、相手が口にしたふとした発言とかによって、まるでパッと閃光に照らし出された如く、その相手と我々がぴったりとくっつくようにして立っていることを一瞬知ることがある。

 そのようなときに、我々は相手のあるがままの姿を見るのだ。 

 そのあと、我々は再びともに暗闇の中を歩いていく・・・。

 おそらく長い時間。

 そして、その仲間の旅人の姿を見極めようと努めるのだが、その思いが果たされることはない」(アルベルト・シュヴァイツァー)

 

 帯に書かれた「こんなに読書にのめりこんだのは、『嵐が丘』を読んで以来です」の文章は嘘ではなかった。重いテーマだし、それによって元気が出るとか、さあ明日も仕事に頑張るぞと励まされたわけではないが、『メモリー・キーパーの娘』(NHK出版)は、まさに一気呵成に読ませる長編だった。一気呵成とは言っても3日間かけてしまったけれども、私にしてみれば、こんなに根を詰めて、本に向き合ったのは、久しぶりのことだった。

 たったひとつの嘘によって、それに関わった人々の人生がどう変わってしまったのか? “フィービ”と名付けられた一人の女の子を巡る25年の物語が綴られた546ページをめくりながら、上のシュヴァイツァーの言葉を何度反芻したことだろう。



読者登録

chikara77さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について