目次
ESSAY-1
001 三岸節子展を観る
002 満開のドラゴンフルーツ畑
003 20年前を覚えていますか?
004 映画 『ダウン・バイ・ロー』の魅力
005 枇杷の種は健康の素
006 ドラゴンフルーツの赤
007 バレーボーラー高橋みゆきのイタリア挑戦
008 瑠璃色のサルスベリ
009 北の街の芸術家たち
010 イエガーとオースチン、その後
ESSAY-2
011 「黄金むらさき」って知ってますか?
012 昭和30年代の銀座を訪ねて
013 総選挙を前に思うこと
014 図書館で考えたこと
015 『9・11生死を分けた102分』を読む
016 脳は変わってきたのか?
017 「ジョンがオノのように冷ややかで、
018 「松蔭、晋作、龍馬は死んで、
019 「満州の広野を驀進する特急「あじあ号」
020 「細菌戦部隊という非人間的なテーマ
ESSAY-3
021 「おかしいじゃないか!
022 「もし、ヒトラーが今の日本に突然出現し、
023 「肉を食べるときは、気合いを入れて食べる。
024 「いずこへ去りしか、まぼろしの光?
025 「政治的手腕とは、
026 「表現できないものは
027 「そして友人を失ってみて初めて、
028 「どこで人生を終えるか
029 「寝室を出る時から、
030 「二十歳のころ、
ESSAY-4
031 「一体全体、自分たちを何様と
032 「友あり、道あり、誓いあり、
033 「夜が来るなんて、
034 「ようやく彼は言った──
035 「楽しい。苦しい。きもちいい。
036 「形ある無しを問わず、何かをこの世で手に入れたら、
037 やっと、庭に出て
038 「マルクス主義の社会的政治的展開
039 「言葉を用いるべきときではなかった。
040 「街角に帽子を持って立ち、
ESSAY-5
041 「教育」「いのち」「暮らし」
042 「だから夢なんて
043 「いつも青空だけを見つめて
044 「弾いたメロディは弾かない。
045 「結局のところ人間と人間の関係には
046 「ありがとうございます、
047 「お父さん」
048 「ペリーを証人第一号として
049 「クソッタレの世の中は
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-1)
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-2)
ESSAY-6
051 「自分が最低だと
052 「人間は考える葦ではない。
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-1)
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-2)
054 「パンは肉体に必要だが、
055 「きょう、私は、バッグに(Part-1)
055 「きょう、私は、バッグに(Part-2)
056 「嵐を通らずに咲いた桜はない」
057 「資本主義は審判にかけられており、
058 「自分がどんな病気にかかろうと、
059 「私はモラルのチョッキを
060 「春は名のみの風の寒さや
ESSAY-7
061 「ああ良い気持だ。
062 「少年よ大志を抱け。
063 「ばかやろう!(Part-1)
063 「ばかやろう!(Part-2)
064 「まず年寄りになりましょうよ。
065 情熱の強度について(Part-1)
065 情熱の強度について(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-1)
066 「映画を見ることで、(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-3)
067 「空気のさわやかさ、水の冷たさ・・・。
068 「自転車はブルースだ。
069 「自分が本当にやりたいと思うこと
070 「嗚呼、もしーーと考えずにはいられない。

閉じる


<<最初から読む

31 / 77ページ

031 「一体全体、自分たちを何様と

 

 

 

心得ているのか。彼らの行動の自由にも限界があることを教えてやらねばならない。イスラエル軍と英仏連合軍が(スエズ)運河を占拠しようとする時点で、アイゼンハウアーは撤退を命じた。その命令がまちがいなく実行されるように、これら三国の最大の弱点をついた。撤退しないかぎり、アメリカの経済的、金融的支援は一切中止するとしたのである」

 

 2007年に読んだ本の中で、いちばん記憶に残るのは何か、と自らに問うと、このウォルター・リップマンについて書いた『現代史の目撃者 リップマンとアメリカの世紀』(TBSブリタニカ)の中のロナルド・スティールの言葉に突き当たる。

 

 1956年10月、スエズ運河の国有化を宣言したエジプトの指導者ナセルに激怒したイギリスとフランスはイスラエルと共同歩調をとって運河奪回作戦に出る。イスラエル軍のシナイ半島侵攻に呼応して英仏連合軍はスエズに上陸したのだが・・・、両国はそこで、アメリカの激しい反応にあって、度肝を抜かれるのである。

 運河占拠を目前に、イギリスが白旗を掲げる。するとフランスには一人で立ち向かう力はなかった。勝利を目前にしていたイスラエルも進撃を中止。

 こうして、英仏といえども、外交における自主性はワシントン(アメリカ)の許容範囲の問題であることが白日の下にさらされることになり、アメリカの世紀が始まる。かつての二大帝国は、いまやいかに斜陽化したかを劇的に知らしめられたのである。第2次世界大戦で疲弊し崩壊寸前のイギリス経済は、アメリカドルの支援を絶たれては立ち行かないところまで追い込まれており、大英帝国の栄光にしがみつくことを許さなかった。

 

 それから半世紀がたった2007年・・・。世界を牛耳ってきたアメリカ経済がサブプライム問題でひとつの転換点に立った、と考えるのは私だけだろうか?

 苦境が伝えられたシティグループを救ったアブダビ投資庁(アラブ首長国連邦)、

 同じく苦境のメルリリンチを支援したテマセクホールディングス(シンガポール)、

 モルガンスタンレーに投資した中国投資(中国)、

 スイスの大手銀行UBSを救ったシンガポール投資銀行(シンガポール)、

 アメリカ経済の凋落と中東とアジアの時代の幕開け。時代の潮目という冷厳な事実が透けて見えていないだろうか?


032 「友あり、道あり、誓いあり、

 

 

 

熱あり、つらぬく若さあり、

まごころありて、まことあり、

感激ありて、涙あり、

闘魂ありて、勝利あり、

のぞみぞありて、夢もあり、

おお わが母校 尾道商業

まなびやありて、ああ われらあり」

 

 3年間を過ごした母校の校歌は三好達治の作詞だったことを除くと忘れてしまったのに、なぜか、この尾道商高の校歌は忘れないから不思議である。

 なぜ、こんなことを思い出したかというと、このごろ、好きだったフランス国家「ラ・マルセイエーズ」の日本語訳を読む機会があったからである。

 

『いざ祖国の子らよ、

栄光の日は来た!

われらに向かって、暴君の、

血塗られた軍旗は掲げられた!

血塗られた軍旗は掲げられた!

聞こえるか、戦場で、

あの獰猛な兵士どもがうなるのを?

やつらは我々の腕の中まで

われらの息子や仲間を殺しにやってくる!

武器を取れ、市民諸君!

隊伍を整えよ!

不浄な血が我々の畝溝に吸われんことを!』(第1節)

 

 国際大会で聞くたびに、自分が知る国歌の中ではいちばん好きだった曲が、こういう歌詞だったことを知らなかった! これを、小学校に通う子供たちまでが歌っているのか、と考えると複雑な気持になる。

 

『震えよ、暴君ども、なんじら裏切り者よ、

あらゆる党の名折れよ、

振るえよ!なんじの親殺しの企みは、

ついにはその報いを受けるだろう!

ついにはその報いを受けるだろう!

すべての者がなんじら戦う兵士、

われらの若き英雄たちが倒れれば、

大地が再び彼らを生み出す、

なんじらに対して皆戦いの用意はできている!』(第4節)

 

 当初『ライン軍のための軍歌』と呼ばれたこの曲はリールという作詞と作曲を趣味としていた大尉によって、一晩で仕上げられた。その作詞作曲の一夜の営為を、詩人であり伝記作家でもあったツヴァイクは、『一晩だけの天才』(『人類の星の時間』みすず書房所収)の中で描いている。

 歴史の転換点となった出来事の裏には、こうした“人類の星の時間”と言っていいようなひとときが必ず存在する、とツヴァイクは言う。無数の無名の人間が存在したからこそ現れた天才ともいうべき人間がその命を燃焼させた忘れがたい瞬間があるのだと。

 しかし、それは必ずしも幸せを運んできたわけではない。

 1789年のフランス革命の勃発から3年後の1792年の4月26日、下劣な内容の軍歌が歌われる宴会場から抜け出したリール大尉は一夜でこの歌を仕上げるのだが、その歌は4日後、地元の軍楽隊によって披露されたまま忘れ去られてしまった。その歌が『ラ・マルセイエーズ』として復活したとき、そこには彼の名はなく、いつの間にか革命を歌った詩人は反革命分子として牢獄につながれ、1794年のロベスピエールの失脚がなければ、断頭台の露と消えていたのである。

 このほか、パナマ地峡を踏破し、西洋人として初めて太平洋を見たバルボアを描いた『不滅の中への逃亡』、コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)陥落の瞬間や、ワーテルローの戦いで天才ナポレオンが喫しいた不覚など、『人類の星の時間』はなかなか面白い1冊であった。ただ、難を言えば、訳があまりに直訳的過ぎて、私の頭では理解できない部分が多かった。


033 「夜が来るなんて、

 

 

 

大都会に灯が入るなんて、

冬が来て、やがて春が来るなんて、

雲が行き、あわただしく雨が石の舗道を濡らすなんて・・・、

 

空気のうまさ、肺の健康さ、時計の動き、

働きに出る人々・・・、

 

太陽の光を浴び、窓辺でものを思い、

恋に悩み、野心にゆらぐ、

青空を見、鳥の声に心打たれる・・・、

 

これ以上に心ときめくことがあるだろうか!」

 

 もう20年以上も前に夢中になって読んだ辻邦夫の小説の中に、確か、こんな言葉があったはず。ノートに書き留めたはずだと思い、アルフレッド・ランシングの『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読みながら、何度も思い立って探してみたが、だめだった。

 

 オーロラ撮影のためにアラスカ山脈で1ヶ月間テント生活をした写真家の星野道夫氏(故人)が原文で読んで感動し、それを手渡されたフリー編集者の青木久子氏が新潮社に持ち込んで1998年に翻訳出版されたこの『エンデュアランス号漂流』が、アメリカで発行されたのは1959年のことだ。今から50年も前。実際に起こったのは、1914年から16年、90年以上前のことである。

 あとがきによると、星野氏は原文を3日間で読破したそうだが、こちらは翻訳版に1週間以上を費やしてしまった。

 

「船はもう駄目だ。下船するぞ」

 初の南極大陸横断を目指して流氷の中を航行していた「エンデュアランス(忍耐)号」が流氷に押しつぶされ、船を放棄、氷の海に取り残されるところから、このドキュメンタリーは始まっている。乗っていたのは船長のシャクルトンを含めて28名。その28名が奇跡の全員生還を成し遂げるまでの1年5ヶ月が、生き残った全員の日記と手紙、インタビューによって再現されている。

 アムンゼン隊から1ヶ月遅れで南極点に達したスコット隊5人が、帰路次々と倒れ、一人も生還できなかったのに比べ、シャクルトン隊は28人全員が生還を果たす。恐らく生きては帰れないだろうと思わざるをえない同じ運命に立ち向かいながら、彼らは生き残ることで失敗をはるかに凌ぐ偉業を達成した。特に冷静な分析と決断で28名を率いたシャクルトンには、いつも歩兵の先頭に立って、常に最前線を突き進んだハンニバルが重なる。リーダーシップとはどういうもので、どうあるべきか? 今の首相に煎じて飲ませたいような1冊である。


034 「ようやく彼は言った──

 

 

 

「これはわたしの忠告ですが、自分ひとりで立とうとせんことです」

「しかし──」

「しかしも何もありません。人間にとって最も致命的なことは、ひとりで立とうとすることです」

コープランド医師は教えさとすように言った」

(カースン・マッカラーズ『心は孤独な旅人』)

 

”ひとりで立つ”ということは、どういうことなのか? いまだにわからないのだけれど、南米大陸に人生の再生を賭けて挑んだ136人の軌跡を追いながら、それが少しはわかったような気がした。

 1968年(昭和43年)、横浜港を出港した「あるぜんちな丸」で南米移民として日本を捨てた乗船者136人を31年にわたって追い続けた元NHKディレクター、相田洋の『移住31年目の乗船名簿 航跡』(NHK出版)を、やっと読み終えた。

 総ページ数が550ページを超える大著で、購入したのは2004年だから、4年を要してしまったことになる。

 

 本著を開いては数ページ読んで閉じながら、そのたびに、さすがはNHKだなあと思ったものである。

 相田氏がカメラマンと音声マンと3人で横浜港に停泊する第29次航あるぜんちな丸に乗り込んだのは1968年3月2日。

 ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチンに移住する136人を追っての密着取材も大変な作業なのだが、彼はその10年後の1978年、20年後の1988年、31年後の1999年と、4たびにわたって、同一人物を南米大陸に訪ね歩くのである。民放では、とてもではないが、こうはいかなかったにちがいない。

 

「理想の村」建設に夢を賭けた69歳の元県会議員、牧場主を目指し15年で300頭の牛を飼いたいと語る農林学校卒業生、写真でしか見たことのない夫のところに向かう移住花嫁、学生結婚をしてアマゾン流域に入る夫妻、再び海外移住を余儀なくされた満州開拓団からの引き上げ者、修理工具を積んでブラジル中を巡回修理に回る夢を語る青年、ブラジルで美容院を開くという女性、花栽培を夢見る青年・・・。

   「人間として生まれたからには、一度は夢を描き、すべてを賭けて戦いたい!」

 取材陣に手を振って、希望に溢れ、それぞれの港で下船していった136人を待っていたのは、どんな人生だったのか?


035 「楽しい。苦しい。きもちいい。

 

 

 

甘い。苦い。しょっぱい。くすぐったい。かゆい。寒い。暑い。なまぬるい。

 いったいわたしは、どんなふうに生きてきたんだっけか。」

 

 川上弘美の『センセイの鞄』(文春文庫)は、1時間もあれば読めてしまうが、せつなくて、どこか温かい文章が、ちょっぴり人生を振り返らせてくれた。

 

「キミは女のくせに一人でこういう店に来るんですね」

 駅前の居酒屋で見知らぬ男から声をかけられたとき、主人公は名前も思い出せないその高校時代の先生を“センセイ”と呼び、それはセンセイとの別れの日まで続く。

 読んでいると、近頃とんと縁遠くなってしまった居酒屋というものが、懐かしく思い出された。居酒屋にはどこにも共通した独特の雰囲気があり、前後左右から聞こえてくる罵声や繰り言もバックミュージックのようで、とりとめのないことを、それでも真剣に語るには最適な環境だった。

 

“センセイ”という言葉も、どこか懐かしく、それも心に染みた。

 小学校時代の大石センセイ、中学校の校長だった山本センセイ、高校時代の倫理社会の担当だった吉田センセイ、大学時代のゼミの担当教官だった池島センセイ。 一昨年に亡くなられた大石センセイ以外は、消息も知れないのだけれど、今でも「センセイ」と呼びかけてみたい気がする。

 センセイと呼べるのは、別に学校のセンセイだけではない。

 振り返れば、人はたくさんのセンセイに励まされ、勇気をもらって生きてきたはずだ。そして、そのことが分かるころは、もう会えなくなっている。

 

『憂きことの なおこの上に積もれかし、

 限りある身の 力試さん』(山中鹿介幸盛)

 ガリ版刷りした赤茶けたプリントを配り終えると、教壇にすっくと立って、この言葉を読み上げた吉田先生。僕は今でも、覚えています。



読者登録

chikara77さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について