目次
ESSAY-1
001 三岸節子展を観る
002 満開のドラゴンフルーツ畑
003 20年前を覚えていますか?
004 映画 『ダウン・バイ・ロー』の魅力
005 枇杷の種は健康の素
006 ドラゴンフルーツの赤
007 バレーボーラー高橋みゆきのイタリア挑戦
008 瑠璃色のサルスベリ
009 北の街の芸術家たち
010 イエガーとオースチン、その後
ESSAY-2
011 「黄金むらさき」って知ってますか?
012 昭和30年代の銀座を訪ねて
013 総選挙を前に思うこと
014 図書館で考えたこと
015 『9・11生死を分けた102分』を読む
016 脳は変わってきたのか?
017 「ジョンがオノのように冷ややかで、
018 「松蔭、晋作、龍馬は死んで、
019 「満州の広野を驀進する特急「あじあ号」
020 「細菌戦部隊という非人間的なテーマ
ESSAY-3
021 「おかしいじゃないか!
022 「もし、ヒトラーが今の日本に突然出現し、
023 「肉を食べるときは、気合いを入れて食べる。
024 「いずこへ去りしか、まぼろしの光?
025 「政治的手腕とは、
026 「表現できないものは
027 「そして友人を失ってみて初めて、
028 「どこで人生を終えるか
029 「寝室を出る時から、
030 「二十歳のころ、
ESSAY-4
031 「一体全体、自分たちを何様と
032 「友あり、道あり、誓いあり、
033 「夜が来るなんて、
034 「ようやく彼は言った──
035 「楽しい。苦しい。きもちいい。
036 「形ある無しを問わず、何かをこの世で手に入れたら、
037 やっと、庭に出て
038 「マルクス主義の社会的政治的展開
039 「言葉を用いるべきときではなかった。
040 「街角に帽子を持って立ち、
ESSAY-5
041 「教育」「いのち」「暮らし」
042 「だから夢なんて
043 「いつも青空だけを見つめて
044 「弾いたメロディは弾かない。
045 「結局のところ人間と人間の関係には
046 「ありがとうございます、
047 「お父さん」
048 「ペリーを証人第一号として
049 「クソッタレの世の中は
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-1)
050 「朝起きて、本屋に行って、(Part-2)
ESSAY-6
051 「自分が最低だと
052 「人間は考える葦ではない。
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-1)
053 「アメリカ国民は失敗した(Part-2)
054 「パンは肉体に必要だが、
055 「きょう、私は、バッグに(Part-1)
055 「きょう、私は、バッグに(Part-2)
056 「嵐を通らずに咲いた桜はない」
057 「資本主義は審判にかけられており、
058 「自分がどんな病気にかかろうと、
059 「私はモラルのチョッキを
060 「春は名のみの風の寒さや
ESSAY-7
061 「ああ良い気持だ。
062 「少年よ大志を抱け。
063 「ばかやろう!(Part-1)
063 「ばかやろう!(Part-2)
064 「まず年寄りになりましょうよ。
065 情熱の強度について(Part-1)
065 情熱の強度について(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-1)
066 「映画を見ることで、(Part-2)
066 「映画を見ることで、(Part-3)
067 「空気のさわやかさ、水の冷たさ・・・。
068 「自転車はブルースだ。
069 「自分が本当にやりたいと思うこと
070 「嗚呼、もしーーと考えずにはいられない。

閉じる


<<最初から読む

21 / 77ページ

021 「おかしいじゃないか!

 

 

 

特別な人間が大金を払えば受けられる治療があって、それを受けたら治る、なんてさ」

 

 『百万回の永訣』(中央公論新社)の中で、著者の柳原和子さんが引用した言葉・・・。

 医療も、今のように経済効率を追及していったら、こういうことも現実になるのだろう。というか、すでに、それは現実なのだろう。王監督の奇跡的な回復手術も、だれにでも受けられるものではないらしいのだから。

 それにしても、どうしてこの本を手に取ったのか? どの書評なり、広告なりで購入したのか、自分でもわからないのだが、読み始めると一気に読み終えてしまった。

 ガンの再発で“余命半年”を告げられてからの生への戦い。生身の人間の病気に立ち向かう気持がきりきりと浸みてくる。

 特に無神経きわまりない告知の現場があることを、知人の告知経験を聞いて知っていただけに、これだけの人でも、同じように扱われた現実を知らされて怒りさえ覚えた。

 自分だったら、とてもこれまで戦えないだろうが、勇気を与えられる本だった。

「医療の予測を超えてがんを克服した人の多くに共通するのは、医師がいかに最悪の告知をしたとしても、本人か家族の誰かが死なない、と直感していることだ」

 柳原さんが言いたいことは、これだったに違いない。


022 「もし、ヒトラーが今の日本に突然出現し、

 

 

 

その政治的野望のもとに大衆をファシズムの嵐にまき込もうとしたならば、必ずや彼女のスタジオを訪問して、その運動への参加協力を懇願したであろう」

 

 五木寛之が『EIKO by EIKO』の中でそう書いた石岡暎子。

 その石岡の著した『私デザイン』を、やっと読み終えた。

 総ページ数が476ページにのぼる分厚い本だが、どのページにも彼女の制作への志が詰まっていて、十分に読み応えがあった。

 映画『MISHIMA』の美術監督としてのプロダクションデザインの制作から始まって、ソルトレイク冬季五輪時のデサントのレーシングウェアデザインまで、石岡暎子がデザインという仕事とどう格闘してきたか? どうオリジナリティを実現させてきたか?

 教えられると同時に勇気づけられもした。

 マイルス・デイビスのジャケットデザインの最終決定に当たって、「貴方が私からのベストワークを期待するなら、私が一番自信のある案を実行することがベストです」と言い切るところは圧巻だ。「マイルスは自分の音楽にいろいろ注文をつけられて、その通りにやりますか?」と言ってしまうのである。


023 「肉を食べるときは、気合いを入れて食べる。

 

 

 

なぜなら、相手は生命を投げ出しているのだから」

 

 東京にいた頃、友人に誘われて肉料理を食べるときはいつも、どこかで読んだかしたそんなことばを噛み締めて、背筋を伸ばし、はしを持ったものだ。

 しかし、田舎にこもってからというもの、とんと肉というものを食べなくなってしまった。別にベジタリアンになったというわけではない。ただ、東京では、月末には自身へのご褒美の意味で、奮発した焼き肉も、今は食べたいと思わない。そういえば、渋谷でよく行ったしゃぶしゃぶも、大久保のコリア街で食べたぷるこぎもうまかったなあ。と、思い出したりはするのだが。

 

「肉を食べるときは、気合いを入れて食べる」

 内澤旬子著『世界屠畜紀行』を読みながらも、この言葉は何度も何度も噛み締めた。

 世界の屠殺現場をイラストルポしたこの本が、ドキュメンタリー部門の書店ランキングで上位を占めている時期があって、思わずアマゾンで買ってしまったのだ。とても面白い1冊だった。

 私たちは常日頃、レストランではきれいに調理された肉を食する。スーパーにはスライスされラッピングされた肉が並んでいる。

 しかし、最初からきれいに切り分けられた肉が存在するわけではない。そこに至るまでには、様々な屠殺の行程が存在するわけで、内澤氏は、日本だけでなく、韓国、バリ島、エジプト、チェコ、モンゴル、インド、アメリカ等々の屠殺場を訪ねて、動物が肉として我々の目の前に並ぶまでの行程とそこに働く人々を取材している。

 核家族化の下で、人の死というものが身近なものでなくなったのと同様に、食肉加工工程の近代化の中で、いつのまにか我々は、我々の犠牲となっている動物の死というものも意識しないで暮らしている。

 何かを食するということは、必ず、他の生命を犠牲にしている。食べるという行為を通して、多くの生命を奪っている。そういう教育がもう少し成されていたら、現代の世相も、もう少しましなものになるのにな、と思わざるをえない。

 

★★★

“ご飯を食べる前に『いただきます』って言うでしょ。あれはつまり、『命をいただく』という意味なんですね。だから肉の隅々までムダにしないできれいに食べる。結局、食を大切にするということは、ことばで教えられることじゃなく、ふだんの生活すべてに埋め込まれていることなんです”(『世界屠畜紀行』の中に引用されている小長谷有紀・国立民俗学博物館教授のことば)


024 「いずこへ去りしか、まぼろしの光?

 

 

 

いずこにありや、栄光と夢?」

 

 『栄光と夢』の著者ウィリアム・マンチェスターは、その本の冒頭に、このワーズワースの詩の2行を引用している。それが、まるで、今のアメリカへの問いかけのように思えて、5巻本を読み進めた。

 1932年というから、日本では昭和7年から1972年、昭和47年までの40年間のアメリカの現代史を、政治経済の視点からだけでなく、ラジオやテレビといった大衆娯楽や科学、ファッション、セックスまで、社会風俗の変化を織り交ぜて描いた大作だ。

 あまりにも長過ぎて、覚えている事は少ないのだが、いくつかはノートに書き写しておいた。

 

●1932年秋、19歳のリチャード・ニクソンはホイッティアー・カレッジの新入生として歴史を専攻し、家族の経営するニクソンズ・マーケットの生鮮野菜のカウンターを切り盛りしていた。毎朝、夜明け前に、ロサンゼルス公共市場へ仕入れに出かけ、生産者と値段の駆け引きをした。

●1938年、ホテルの部屋でラジオを聴いていたハリー・ジェームスの妻が、「あなた、この子の歌をお聴きなさいな」と言うと、

ハリーは、ニュージャージーのエングルウッドに車を飛ばし、ラスチィック・キャビンというドライブインでシナトラを探し出し、すぐに契約した。

●「われわれは一身をあげて憎悪しなければならない。戦闘を渇望しなければならない。われわれの人生の目標は、殺すことでなければならないのだ」(太平洋戦争中の米海軍レスリー・J・マクネアー中将)

●ウィリアム・J・レヴィットが、ロングアイランドのナッソー郡にある馬鈴薯畑1500エーカーを買い取り、1949年、風の強くて肌寒い3月7日の朝――彼が小さな事務所で分譲の受付を始めたとき、すでに100組以上の夫婦が行列していた。中にはコーヒーとドーナツを持参して4昼夜もそこで待っていたものもいた。(こうして郊外住宅の時代が幕を開けた)

●ある婦人「ええ、家の主人が前よりもずっと良い仕事について、たくさんかせぐようになったんですのよ。この戦争がいつまでも続けばいいと思いますわ」

 これを聞いていた別の婦人が立ち上がると、その女性の顔をぴしゃりとやって、言った。

「これは真珠湾で死んだ私の息子のかわりよ」

そして、2度目の平手打ち、

「これは、パターンで死んだ子のためだわ」

●赤狩りのマッカーシー旋風が吹き荒れていた1954年のアメリカ上院で、マッカーシーの常設小委員会の支出に対する評決が行われたとき、ケネディも、ジョンソンも、ハンフリーも、マンスフィールドも、後難を恐れて賛成に回ったとき、勇気を持って反対票を投じたのは、アーカンソーのフルブライトただ一人だった。

そして、それから1年後の同じ議場で、上院総会は、マッカーシーの譴責勧告を承認するのだが、その票数は賛成67票、反対22票だった。

●1954年、この年までに、家事を手伝うアメリの夫は、全体の3分の2になっていた。そこに住む若い父親は、皿洗いや料理や赤ん坊のおむつを熱心に取り替えた。つまり、「若い妻は、夫をパートタイムの召使いか最新の家庭器具のように扱いはじめた」

●アメリカで最初の商業用コンピューターを作ったジョン・モーチリーは、「この機械を有効に使えるのは、4社か5社の巨大企業だけだろう」と予言したが、1967年、エーリック・フロムは警告した。「妖怪がわれわれの中をさまよっている……それは、コンピューターに動かされる……完全に機械化された社会という新しい妖怪である」


025 「政治的手腕とは、

 

 

 

人々に、その欲するところではなく、

欲すべきであったと、後に気づくところのものを

与えることにある」

 

 エアフォース・ワン(アメリカ大統領専用機)に唯一、置かれている政治雑誌といわれる『ニューリパブリック』の創刊に立ち会い、ウッドロー・ウィルソン大統領のアドバイザーを務めたあと、戦後はマッカーシズムとベトナム戦争に疑問を投げかけ、ジョンソン大統領と激しく論争を展開したジャーナリスト、ウォルター・リップマンのことば。(『現代史の目撃者 リップマンとアメリカの世紀』[TBSブリタニカ]より)

 

 ニュースでは23日の自民党総裁選に向けて、街頭演説に立つ麻生幹事長と福田元官房長官の姿が伝えられているが、両人とも参院選の敗北からか、“人々が欲するところ”にべったりと寄り添うふりが目立ち、“欲すべきであったと、あとで気づくところのもの”のことなど、おくびにも出さない決意のようだ。

 両人はそれでも、政権奪取という目標のためだからしかたがないとしよう。しかし、一夜で雪崩を打ったように福田支持に走った自民党議員という人種には、節操というものがないのだろうか? 理念というものがないのだろうか?

 どちらが有利で、どちらが勝つか? どちらについたら選挙に有利で、役職がもらえるか? そんなことにしか頭が回っていない。特に“小泉チルドレン”と呼ばれる人々の狼狽ぶりは、見ているこちらが恥ずかしくなるほどだ。政治家として何かを成したいのではなく、ただ政治家でいたいだけ、としか見えない慌てぶりだ。

 小泉さんは、自民党をぶっ壊す! と言っていたが、残念ながら、それは完全な失敗だったのだと気づいただろうか?



読者登録

chikara77さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について