目次
はじめに
はじめに
南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~
1.南北戦争の背景
2.開戦前の見通し
3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機
4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始
5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦
8.1862年3月~7月 半島作戦
9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い
10.1862年9月17日 アンティータムの戦い
11.1862年12月13日 フレデリックスバーグの戦い
12.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い
14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道
16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道
17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦
18.1865年4月9日 南軍降伏へ
南北戦争会戦推移
.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い
.1862年9月17日 アンティータムの戦い
.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い
.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防
南北戦争将軍列伝
.ジョージ・B・マクレラン
.ジョージ・G・ミード
.ユリシーズ・S・グラント
.ウィリアム・T・シャーマン
.フィリップ・H・シェリダン
.ロバート・E・リー
.トーマス・J・ジャクソン
.ジョセフ・E・ジョンストン
.ネーサン・B・フォレスト
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 37ページ

6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い

 -西部戦線- ★グラント vs. ボーリガード

 西部戦線では、それより早く1862年2月6日にはヘンリー要塞を、2月16日にはドネルソン要塞を、グラント将軍が攻め落とすという戦功を得た。このニュースは意気阻喪していた北部に精神的勇気を与えた。グラントは勢いに乗じて敵に休むいとまを与えず攻撃を続ける事が重要である事を真に理解していたが、無能な上官ハレック将軍はグラントの成功をねたんで彼に追撃を許さず、無用な方面への攻撃を命じた。そうやって北軍が時間の浪費をしている間に、南軍は兵力を集める事が出来た。ハレックはその後やっとグラントが望む方向への進撃を許したが、ビューエル将軍の軍が合流してからという条件付きであった。

 ところがこのビューエル将軍というのが行動ののろい将軍であって、グラントは合流を待っていたシャイローの地で何の備えもないまま、南軍の攻撃をいきなり受けてしまった。これがシャイローの戦い(またはピッツバーグ・ランディングの戦い)である。

 南軍の指揮官はボーリガードとアルバート・ジョンストンの両名将であった。南軍の巧妙な指揮のもとでの突進に対して、グラントは揺るがぬ冷静さで指揮し、北軍兵士の勇敢さは敗走を防いだ。しかし、12時間にも及ぶ戦いのあと、4月6日が暮れる頃には北軍はどう見ても敗北の淵にあった。普通の将軍なら、退却して残余の兵力を全滅から救おうとしたはずである。だがグラントは普通の将軍ではなかった。ビューエル軍の一部などの増援を得て翌日の朝、グラントは猛然と反撃に転じた。ボーリガード将軍は10時間の死闘の後、南軍を撤退させた。

 シャイローの戦いは北軍の勝利となったが、その損害は大きかった。北軍が13,000以上、南軍が11,000の損失であった。グラントが備えを怠った事が新聞紙上で誇張されて、グラントはむしろ無能呼ばわりされた。リンカン大統領にはグラントを免官する様に政治的圧力がかけられたが、リンカンは「私はこの男を手放せない。あれは戦う男だ。」と答えた。



7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦

 -海上戦闘- モニター vs. メリマック

 1862年に入って海上経済封鎖はようやく効果を持ち始めた。南軍は艦船の絶対量でも劣勢で、数の劣勢を補う為に甲鉄艦メリマックを建造。だがこの情報を入手した北軍の方でも甲鉄艦モニターを建造していた。

 1862年3月8日、ヴァージニア州南東端の天然の錨地ハンプトン・ローズで甲鉄艦メリマック号は次々と北軍の木造鑑を血祭りにあげていたが、翌日、北軍の甲鉄艦モニター号と戦闘になった。史上初の甲鉄艦同士の戦いである。戦術的には引き分けに終わったが、メリマック号の自由な行動を妨げた事によって、北軍にとっては続く半島作戦が可能になった。

 4月25日には、ミシシッピ川河口の南部第二の都市ニューオーリンズが北軍艦隊の手に落ちる。続けて艦隊はミシシッピ川を遡って封鎖を完璧なものにしようとした。結節点であるヴィックスバーグは1863年7月4日まで落ちなかったが、それまでに北軍はじわじわと南部への封鎖を固く締めあげていく。



8.1862年3月~7月 半島作戦

 -西部戦線- マクレラン vs. リー★

 東部戦線では、3月末にいよいよマクレランが110,000の軍勢をもってリッチモンドへの攻勢を開始した。ただしそれは、陸上で真正面からリッチモンドをつくというものではなく、海路リッチモンド南東のヨーク半島に上陸し、そこから北西へ進撃しようというものであった。対する南軍は65,000、指揮するのは名将ジョセフ・ジョンストン。

 しかしむしろ危機に瀕したのは北部の首都ワシントンの方であった。マクレランが度を超した慎重さでのろのろと行動している間に、南軍のストーンウォール・ジャクソン将軍がワシントンの西側のシェナンドア渓谷を縦横無尽に駆け回り、続けざまに4度の戦勝(5月8日~6月9日)を得て北軍に首都防衛を余儀なくさせ、戦史に不滅の名を残す。

 しかしヨーク半島ではさすがの兵力の差で5月末までにマクレランがリッチモンドまで10数kmのところまで進撃し、負傷したジョセフ・ジョンストン将軍に代わってリー将軍が指揮を引き継いだ。だがマクレランは南軍の兵力を過大に誤認し、要害の地を占めたのち好天を待って進撃しようと考え、それから一ヶ月かかって数kmしか前進しない。

 6月26日、シェナンドア渓谷からジャクソン将軍がリー将軍のもとに合流し、リー将軍は先手を打って反撃を開始した。7月1日まで続く、「七日間の戦い」である。マクレランは巧妙に防戦し、自軍が受けた損害以上の損害を南軍に与えたが、撤退は余儀なくされた。結局マクレランは、リッチモンドまであと7kmの地点にまで迫りながら、8月にはヨーク半島から完全に撤退したのである。



9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い

 -東部戦線- ポープ vs. リー★

 7月9日、リンカン大統領はマクレランを北軍総司令官の地位からおろし、ハレック将軍をその地位に任じた。西部戦線でグラントの邪魔をするしか能のなかったあのハレックである。彼はまた、西部戦線から子飼いの将軍ポープを呼び寄せ、南部侵攻軍の指揮をとらせた。ポープは悪い意味で常識を欠いた人物で、軍事的力量にもとぼしかった。

 ハレックとポープは、ワシントンからリッチモンドへの正面進撃作戦を行おうと考え、8月半ばに兵力を集中し始めた。これに対してリーは、大胆不敵な戦法をとった。すなわち、はるかに優勢な敵軍を前にして兵力を分割してジャクソンに預け、ポープをおびき出してこれを叩こうというのである。

 この戦いはマナサス駅北方で行われ、第2次ブル・ランの戦い(または第2次マナサスの戦い)と呼ばれるが、リーとジャクソンの恐るべき手際のよさの前にポープは失策に失策を重ね、北軍は惨敗を喫した。またもや北部は致命的危機に陥った。ハレックは司令官の地位を投げだし、リンカンは再度マクレランを司令官に任じた。9月2日であった。



10.1862年9月17日 アンティータムの戦い

 -東部戦線- ★マクレラン vs. リー

 北部が直面した危機の中で、この時期が最も恐ろしいものであった。北軍の建て直しには時間がかかると判断したリーが、間髪おかずにメリーランド州とペンシルヴェニア州へ侵入したのである。ペンシルヴェニア州へ入って55kmほどのハリスバーグという町は鉄道の重要な結節点にあたっており、そこを占領できれば北部は東西に分断される事になる。また、経済封鎖によって南部で手に入りにくくなった食糧や靴や衣類を獲得すること、戦勝によってメリーランド州を南部に引き入れる事も企図されていた。メリーランド州が南部連合に入れば、首都ワシントンは孤立する。

 この危機に際して、マクレランは偶然にもリーの作戦命令書を手に入れていた。だが例によって度を越した慎重さから行動開始が遅く、南軍撃滅の千載一遇のチャンスを逃しはしたが、攻勢分断の為に70,000の軍を率いて進撃。

 攻勢進路が背後で分断されそうになり、リーは急遽来た道を戻らねばならなかった。分かれて行動していたジャクソンとは何とか合流出来たが、それでも北軍より明らかに劣勢な兵力の状態で攻撃を受けざるを得なかった。

 アンティータムの戦い(またはシャープスバーグの戦い)は、南軍36,000のうち死傷者10,700、北軍は50,000弱のうち死傷者12,400を出す南北戦争最大の血みどろの戦いとなった。南軍は戦術的には勝っていたと言えるが、あまりにも損害が大きすぎた。マクレランは潤沢な予備を持ってはいたが、グラントなどとは違い、翌日の戦闘再開を拒否。リーは退却、危機は去った。

 アンティータムの戦いは、第2次ブル・ランの戦いののち高まった、諸外国による南部独立承認の動きを粉砕した。続けてその5日後にリンカンは、奴隷解放予備宣言を布告した。これは1863年1月1日付けで反乱州の奴隷を全て解放するという宣言である。実質的効果はともかく、政治的にこの布告は抜群の効果を持った。以後、諸外国は南部独立承認など出来る雰囲気ではなくなったのである。




読者登録

DSSSM(松浦豊)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について