目次
第1章 誘い
第1章の主な登場人物
地図
第1話 ことのはじまり *
第2話 残されたノート 
第3話 旅立ちの日 *
第4話 おくれて話す老人 *
第5話 青い猫 *
第6話 お店番
第7話 リブロールの朝 *
第8話 定期船 *
第9話 印刷機
第10話 島便り +
第11話 なくしもの
第12話 別々の名前 * +
第13話 時間のはじまり *
第14話 跳魚釣り
第15話 海の見えるインキ
第16話 乾かない文字
第17話 きまぐれな友達 *
第18話 豚の素性
第19話 時間のカタチ
第20話 ハトの手紙
第21話 ミドリの海 *
第22話 かすむ目
第23話 水の島 +
第24話 雨の夕暮れ
第25話 針のずれ *
第26話 おいしい水
第27話 雨上がり
第28話 小さな楽団
第29話 窓の記憶 +
第30話 食堂の夜 +
第31話 水玉の光 +
第32話 飛行船
第33話 レンズの掃除 *
第34話 名前の由来
第35話 留守
第36話 並ばない頁 * +
第37話 火炎
第38話 新しい朝 +
第39話 楽しいお湯
第40話 残された印
第41話 望郷 *
第42話 呼び声 *
第43話 旅立ちのとき
第44話 手紙
第2章 彷徨
第1章のあらすじ
第2章の登場人物
第1話 反転する海
第2話 遥か天空
第3話 水の悪意
第4話 イルカの歓迎
第5話 旧世界への入港
第6話 新しく古い港
第7話 ウテラス様式のドーム
第8話 サーカス小屋.
第9話 ホテルの夕食
第10話 望郷 *
第11話 同じ川
第12話 守られた村
第13話 湖面の幻影
第14話 中州の文庫
第15話 消えた男
第16話 雲の塔
第17話 水の革命
第18話 来客
第19話 家族の家
第20話 湖水の道
第21話 出島
第22話 赤い灯台 *
第23話 水に映る顔
第24話 海の使者
第25話 覚醒
第26話 なくしたもの
第27話 うさぎの庭
第28話 もうひとつの扉
第29話 水調べ
第30話 水彩
第31話 見送り
第32話 紋章の透かし
第33話 砂浜のスケッチ
第34話 骨董の日
第35話 花瓶の花
第36話 はぐれた子供たち
第37話 トマト色の兆し
第38話 礎石の力
第39話 離脱
第40話 ノイヤールの緑石
第41話 ロマン
第42話 善と悪
第43話 静寂の時
第44話 光る魚
第45話 罪
第46話 汽水の調査
第47話 黒い六角の紋章
第48話 水上の村
第49話 豊漁の予兆
第3章 螺旋
第2章のあらすじ
第1話 再生する記憶
第2話 メビウスの時
第3話 時間の澱み
第4話 変わらない人たち
第5話 見えない鮫
第6話 薬草
第7話 二度目の下船客たち
第8話 入れ替わり
第9話 時間の層 *
第10話 偶然の地の灯台
第11話 島地鶏の卵料理
第12話 もうひとつの出航
第13話 季節のあいだ
第14話 飛行士
第15話 灯台のローソク
第16話 黒服の試飲
第17話 湖の正夢
第18話 魚拓のドット
第19話 幻の釣り
第20話 夕立
第21話 再会
第22話 赤色の宴 *
第23話 消えなれ
第24話 漂流するヨット
第25話 救護に
第26話 もぐらの話
第27話 おいしい世界 **
第28話 自分の手紙
第29話 夜の散歩
第30話 密漁
第31話 海の穴
第32話 ぬめる水 **
第33話 重なる影
第34話 同じ手帳
第35話 キノコステーキの薬味
第36話 かくされたもの **
第37話 摘み取り
第38話 走る光
第39話 時の流れ
第40話 ふたつの影
第4章 失踪
第3章のあらすじ
第1話 男の性
第2話 探さないこと
第3話 変わらないノート *
第4話 夕食の煮物
第5話 光りもの
第6話 白い朝
第7話 ノートの家
第8話 宿帳の名前
第9話 使者
第10話 悲しい空想
第11話 一切れのパン
第12話 タワーの理由
第13話 晩餐
第14話 召された子供たち
第15話 天気計画
第16話 水の約束
第17話 古地図
第19話 雪かき
第20話 期待
第21話 氷上の舟
第22話 生き写し
第23話 島の話
第24話 花と待ち人
第25話 書庫の入口
第26話 地下迷路
第27話 潜水
第28話 石窟
第29話 知らない言葉
第30話 再会
第31話 夜の時間
第32話 洪水の周期
第33話 共生
第34話 二人だけの話
第35話 昏睡
第36話 夢想
第37話 二匹の猫 
第38話 水の声
第39話 時間の重さ
第40話 増えたページ *
第41話 内なること
第42話 戻り道
第43話 図書目録
第44話 旅の途上の小説
第45話 あたらしい船
第46話 つづく
つづく
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

183 / 186ページ

第45話 あたらしい船

 お祖父さんとお祖母さんの家に戻ると疲れもピークになっていた。

 

 ジノ婆さんの話はもうコノンさんから聞いたとのことだったけれど、あいかわらず元気だという話でひとしきり盛り上がることになった。

 

「寝るのがね、長生きの秘訣だよ」

 

「村の人はみんなそうなんですか?」

 

「どうだかわからないけど、ほら、外に出ている人も少ないだろ?」

 

 窓の外を見ながらお祖母さんが言った。

 

「100歳もすぎれば、みんなおんなじだ。ジノ婆なんか、ほとんど寝てるからな」お祖父さん寝るのが当然だというような口ぶりだ。

 

「お二人は、寝ているときに夢は見られますか?

 

 いい機会だと思ったので聞いてみた。

 

「若いころはよく見たもんだけど、このごろはそうでもないね」

 

 話を聞く限りでは、お祖父さんとお祖母さんが意識世界に行っているということはなさそうだ。

 

「オルターさん、夢と言えばな、ロウルさんが新しい舟の絵を持って来てな。みんなの意見を聞いているんだそうだ」

 

 お祖父さんはそう言うと、隣の部屋から丸めた紙を大事そうに持ってきて、テーブルの上に広げた。

 

「これは?」

 

「どうだ、大きいだろ? 大きい船を作りたいんだと。ほら、この前言ってた洪水のときな」

 

「ロウルさんがですか?」

 

「オルターさんと公書館に行ったときに、暖めていたアイデアを話す気になったんだと。見てくれと言って置いてったさ」

 

 ロウルさんも石窟に行っていて思うことがあるのだろう。同じように洪水のことが気になっているに違いない。もしかすると、公書館に船の設計図もあったのかもしれない。

 

「それにしても、これはなかり大きくないですか?」

 

「そうさ、村人全員を乗せるんだと張り切ってた。若いというのはいいもんだな」

 

 お祖父さんも洪水を受け入れると言いながらも、ロウルさんの気持ちはうれしいようだ。人間の心は複雑なものだ。自然の摂理をすべて受け入れるのは必ずしも本位ではないのかもしれない。自然に抗わず幸せになれるのであれば、それがいいに決まっている。

 

「何か意見があったら、今度会ったときに話してやってくれ」

 

「今度、公書館に言ったときに、関連する本があれば見てみますね」

 

「じゃあ、この絵はオルターさんに預けておくから。この船の前にうちの舟を直してもらうほうが先だからな」

 

 そう言うと、お祖父さんは絵をもとのように丸めて、大事そうに棚の上に置いた。その扱いを見れば、なんだかんだ言いながらも、ロウルさんに感謝していのがわかる。

 

「そう言えば、ホーラーの記憶はすごいですね。ミドリ鮫の本もすぐにわかりましたよ」

 

「あのホーラーがかい? ほんとうかね」

 

 お祖母さんは疑心暗鬼のような顔をしている。お祖父さんのほうはミドリ鮫と聞いて、興味を持ったようだった。

 

「何が書いてあった?」

 

「遭遇した証言というか」

 

「村のものにとっては、見つけるのが成人の証だったからな。自分らより前の人は記録も残していたんだろうな。そういやあ、オルターさんはまだ鮫塚に行ってないな。今度教えてやろうな」

 

「鮫塚?」

 

「ジノ婆の小屋の近くにある。そこで祈ると鮫に会えるという言い伝えだ」

 

「飢饉のときは鮫に助けられたこともあったらしくて、村の守り神として祭られているらしいよ。ただ、男神と言ってわたしらは女人禁制さ。証言録っていうのもどうだかねえ」

 

 お祖母さんは不満もあってか、あまり興味なさげに言った。

 

 「この村がミドリ鮫に守られているのは間違いない話だ」

 

 お祖父さんはミドリ鮫に対するお祖母さんの言い方が気に入らないようだ。この信頼感は信仰と同じなのだろうか。それとも、自分と同じ意識世界への案内人としての信頼なのだろうか。

 

「オルターさん、ミドリ鮫なんてほんとにいるのかね」

 

 お祖母さんに言われて言葉に詰まった。いると言いたいけど、どこにいるといえばいいのかわからない。自分ならあの証言禄に何と書き残すだろうか。村の男たちがどういう気持ちで書いていたのか。もう一度ゆっくり読んでみようと思った。

 

「いるに決まってるだろ」

 

 お祖父さんが困っているのを察してくれてか、代わりに答えてくれた。それはこちらにも信じることを求めているようでもあった。

 

「それより、ロウルさんは船のことを何と言っているんですか」

 

 自分にとっては船の話のほうが気になる。洪水が近いのだからまずこちらが優先だろう。

 

「過去の話を聞きたいというのと、材料になる大きな木がないかとか、みんな乗ってくれそうかとか、いろいろだな」

 

「作るとするとどれぐらいかかりそうなんですか」

 

「まあ、2、3年ってところじゃないか。手伝える人も多くないからな」

 

 間に合うかという質問はしなかった。そう聞くと間に合わなくてもいいという話になるだろう。図面を見ると、乗り心地より荒波でも沈まないことを優先しているように見えた。それでいいと思った。

 

「土地が水没してしまったら、この船で別の土地に移るのかね。そこまでしないといけないのかね」

 

 お祖母さんもこの地を離れてまで、生きることにあまり関心はないようだ。増水した水が引くまでの退避場所にもなりますよねと言うと、それがいいねとうれしそうに言った。

 

 ナーシュさんのいない今でも、ロウルさんも、ホーラーもしっかりこの村を守ろうとしている。彼らの思いはきっとこの村を救ってくれるはずだ。自分もそのためにこの村に来たのではないかと思えてきた。そして、この村を救うことが意識世界との繋がりまでも救うことになるのかもしれない。

 

 ロウルさんの描いた船の絵には本はもとより、ウサギやユイローの束までも描かれていた。まるで村のすべてを載せようとしているようだ。ナーシュさんの志を別の形で追いかけるつもりなのかもしれない。自分にもできることはあるだろうか。


第46話 つづく

長いあいだ連載におつきあいいただきありがとうございました。

こちらのサイトの閉鎖が正式に告知されましたので、『仮想の水』は下記のサイトにて継続させていただくことにしました。

9月まではこちらも残しておきますが、更新はすべて新しいサイトで行うことになりますのでよろしくお願いいたします。

 

https://ncode.syosetu.com/n8156fl/


つづく


この物語は、現実世界の流れと同じように、終わりのない物語となっています。

1週1話のペースで進んで行きますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

奥付


仮想の水 - Waterland of Inworld -


 

http://p.booklog.jp/book/39348


著者 : uota noel
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/uota/profile


感想はこちらのコメントへ
http://waterland123novel.wordpress.com/

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/39348



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

noelさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について