目次
第1章 誘い
第1章の主な登場人物
地図
第1話 ことのはじまり *
第2話 残されたノート 
第3話 旅立ちの日 *
第4話 おくれて話す老人 *
第5話 青い猫 *
第6話 お店番
第7話 リブロールの朝 *
第8話 定期船 *
第9話 印刷機
第10話 島便り +
第11話 なくしもの
第12話 別々の名前 * +
第13話 時間のはじまり *
第14話 跳魚釣り
第15話 海の見えるインキ
第16話 乾かない文字
第17話 きまぐれな友達 *
第18話 豚の素性
第19話 時間のカタチ
第20話 ハトの手紙
第21話 ミドリの海 *
第22話 かすむ目
第23話 水の島 +
第24話 雨の夕暮れ
第25話 針のずれ *
第26話 おいしい水
第27話 雨上がり
第28話 小さな楽団
第29話 窓の記憶 +
第30話 食堂の夜 +
第31話 水玉の光 +
第32話 飛行船
第33話 レンズの掃除 *
第34話 名前の由来
第35話 留守
第36話 並ばない頁 * +
第37話 火炎
第38話 新しい朝 +
第39話 楽しいお湯
第40話 残された印
第41話 望郷 *
第42話 呼び声 *
第43話 旅立ちのとき
第44話 手紙
第2章 彷徨
第1章のあらすじ
第2章の登場人物
第1話 反転する海
第2話 遥か天空
第3話 水の悪意
第4話 イルカの歓迎
第5話 旧世界への入港
第6話 新しく古い港
第7話 ウテラス様式のドーム
第8話 サーカス小屋.
第9話 ホテルの夕食
第10話 望郷 *
第11話 同じ川
第12話 守られた村
第13話 湖面の幻影
第14話 中州の文庫
第15話 消えた男
第16話 雲の塔
第17話 水の革命
第18話 来客
第19話 家族の家
第20話 湖水の道
第21話 出島
第22話 赤い灯台 *
第23話 水に映る顔
第24話 海の使者
第25話 覚醒
第26話 なくしたもの
第27話 うさぎの庭
第28話 もうひとつの扉
第29話 水調べ
第30話 水彩
第31話 見送り
第32話 紋章の透かし
第33話 砂浜のスケッチ
第34話 骨董の日
第35話 花瓶の花
第36話 はぐれた子供たち
第37話 トマト色の兆し
第38話 礎石の力
第39話 離脱
第40話 ノイヤールの緑石
第41話 ロマン
第42話 善と悪
第43話 静寂の時
第44話 光る魚
第45話 罪
第46話 汽水の調査
第47話 黒い六角の紋章
第48話 水上の村
第49話 豊漁の予兆
第3章 螺旋
第2章のあらすじ
第1話 再生する記憶
第2話 メビウスの時
第3話 時間の澱み
第4話 変わらない人たち
第5話 見えない鮫
第6話 薬草
第7話 二度目の下船客たち
第8話 入れ替わり
第9話 時間の層 *
第10話 偶然の地の灯台
第11話 島地鶏の卵料理
第12話 もうひとつの出航
第13話 季節のあいだ
第14話 飛行士
第15話 灯台のローソク
第16話 黒服の試飲
第17話 湖の正夢
第18話 魚拓のドット
第19話 幻の釣り
第20話 夕立
第21話 再会
第22話 赤色の宴 *
第23話 消えなれ
第24話 漂流するヨット
第25話 救護に
第26話 もぐらの話
第27話 おいしい世界 **
第28話 自分の手紙
第29話 夜の散歩
第30話 密漁
第31話 海の穴
第32話 ぬめる水 **
第33話 重なる影
第34話 同じ手帳
第35話 キノコステーキの薬味
第36話 かくされたもの **
第37話 摘み取り
第38話 走る光
第39話 時の流れ
第40話 ふたつの影
第4章 失踪
第3章のあらすじ
第1話 男の性
第2話 探さないこと
第3話 変わらないノート *
第4話 夕食の煮物
第5話 光りもの
第6話 白い朝
第7話 ノートの家
第8話 宿帳の名前
第9話 使者
第10話 悲しい空想
第11話 一切れのパン
第12話 タワーの理由
第13話 晩餐
第14話 召された子供たち
第15話 天気計画
第16話 水の約束
第17話 古地図
第19話 雪かき
第20話 期待
第21話 氷上の舟
第22話 生き写し
第23話 島の話
第24話 花と待ち人
第25話 書庫の入口
第26話 地下迷路
第27話 潜水
第28話 石窟
第29話 知らない言葉
第30話 再会
第31話 夜の時間
第32話 洪水の周期
第33話 共生
第34話 二人だけの話
第35話 昏睡
第36話 夢想
第37話 二匹の猫 
第38話 水の声
第39話 時間の重さ
第40話 増えたページ *
第41話 内なること
第42話 戻り道
第43話 図書目録
第44話 旅の途上の小説
第45話 あたらしい船
第46話 つづく
つづく
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

45 / 186ページ

第43話 旅立ちのとき

 今日はいつだろう?
 あまりに深く眠り込んでしまったので、ベッドに入ってから何日も過ぎたような錯覚にとらわれた。子供の頃の昼寝のあとに感じた、あの一人時間から取り残されたような感覚だ。あまりに突然の火事だったから、自分でもわからないほど疲れていたのだろう。身体は正直だ。
 遠くから誰かを探しているらしい人の声が聞こえた。それがコピの声だとわかるまでに少し時間がかかった。夢と現実の間をふわふわと浮かんでさまよっているようだった。だれかが起こしに来てくれなければ、それこそ昼どころか何日も目が覚めなかったかもしれない。
 呼ぶ声に促され薄く目を開けたとき、世界は磨りガラスを通したように白くぼやけていた。コピの声のするほうに顔を向け、ミリルさんに印刷のお願いをするように頼んだ。確認のできたページを封筒に入れてなんとか持たせた。その後は、意識の奥からするするっと伸びてきた夢の触手に捕われて、また眠りの淵へと引き戻されていった。
 
 再び目覚めたのは真夜中だった。寝すぎで体中が痛く、それが同じ日なのかどうかさえも怪しくなっていた。夜中の散歩というわけにもいかないので、そのまま机に向かってメーンランドについて書かれているページ探してぱらぱらとページをめくった。あとで思い返してみると、この時点で私の意識はすでに島になかったのかもしれない。ノートの主が書き残したふるさとの情景が自分の記憶を塗り替えていくような不思議な時間だった。
 
 翌朝からのはじめた印刷は思ったよりも順調に進んで、3日もするとメーンランドのことが書かれているところはほとんど印刷で複製することができた。ミリルさんの頑張りがなかったらとても無理だっただろう。そして、あの船長の持ってきた青い表紙だけの本にメーンランドの思い出を書いたページが綴じこまれた。ノートの主の記憶を辿るように青い本の長い旅が始まった。
 
 新しい島便りもつくった。ひどい火事もあったけど、一日も早く水の力を借りて前のような美しい島に戻ることを祈りながら、楽しくなれそうな温泉のことを書いた。メーンランドでできるだけたくさんの人に渡してこよう。それが島のみんなを支えてくれて、森の再生も早めてくれるような気がする。
 
 船長の定期船が来たのはそれから2日たった朝だった。それからは、あわただしく出発の準備がはじまった。船長に予定を聞くと、今回は島に一泊して帰るとのことだった。新聞の効果かどうかわからないけれど、数人の観光客も乗っていた。それぞれに出発時間を確認して島の散策に出かけていった。彼らの観光の時間を取るために船内で一泊するのだという。
 
「オルターさん、準備のほうは大丈夫ですか」とミリルさんが気にかけてくれる。一人じゃなにもできない人だと思われているから仕方ない。
 
「少しの間ですから、荷物はあまり持たないでね。すぐ戻りますよ」と気軽な旅を装ってみる。
 
「すぐに戻るって言って戻らなかった人もいるからね」めずらしく顔を出していたノルシーさんが人の心を見透かしているように笑った。
 
「え? あー、ノートの主のことですね。ミイラ取りがミイラにならないとも限らないということですか?」ミリルさんがまた心配になったようだ。
 
 それを聞いていたコピまで「じっじ、早く帰って」と言い出した。
 
「だいじょうぶ、私は若くないし、この島が自分の終焉の地と決めているから」少なくとも今は本当にそう思っている。
 
「何かあったら、俺もいるしな」ソファーで寝ていた船長が目を覚まして、いつもの調子で話に割り込んできた。
 
「必ず連れ戻してくださいよ、船長」ミリルさんがソファーの船長のところで約束してくれというように話している。
 
「いや、その時は俺がリブロールのオーナーになる。わははは」とその願いを一笑に付した。
 
「もう、船長はそんなことばっかり言って」ミリルさんがぷいと横を向いた。
 
「ミリルさん、心配ないですよ。向こうにはトラピさんもナミナさんもいるから安心してください」
 
 みんなの様子をじっと見ていたコピが「じっじ、これ」と言って小さく握った手を差し出した。
 
「これは?」と聞くと「一番きれいな石。昨日みつけた」と精一杯の笑顔でこちらを見ている。
 
「これは宝石かな。コピありがとう。必ず肌身離さず持っているよ。これで大丈夫だね」光にかざして見ると、虹色に輝いた。石を通して光の先を見るとそこにも小さな虹が見えた。なんてきれいな石なんだろう。こんな石のある島を忘れてしまうわけがない。
 
 それを見ていたミリルさんが「なくさないように袋を作りましょう。ちょっと待っててくださいね」といって裁縫セットを手提げ袋から出した。
 
「みんなよお、なんだか俺が爺さんを誘拐でもするようじゃねぇか。どうなってるんだ、おい」
 
 船長の大きな声を聴いてちょっと雰囲気が和んだ。船長がいれば心配なことなんて起こるはずもない。すべてはうまくいくはずだ。
 
「あれ、オルターさん、もう出発ですか?」いつもと同じつもりで資料整理に来たノーキョさんがたくさんの人を見て驚いている。船長のように神経の太くないノーキョさんだから、これではいつものようにうたた寝もできないだろう。いつものリブロールでなくてちょっと申し訳なく思う。
 
「出発は明日ですよ」と言うと、ノーキョさんは、安心したようにいつものようにテーブル席の椅子に座った。
 
 そうは言っても、今日しか会えない人もいるかもしれない思い、留守のお願いを書いた手紙をみんなに手渡して回った。
 
「これは?」とノーキョさんが不思議そうな顔をした。
 
「みんなにひとことだけですけど手紙を書きました」
 
「オルターさんらしいな。あとでゆっくり読ませてもらいますね」
 
「そうしてください。ここで読まれるのはちょっと気恥ずかしいですから」
 
 出発の時間が近づくにつれ、島の美しさはこの人たちの温かな気持ちでできているのかもしれないとあらためて感じた。ノートさんに始まったかもしれない人のつながりはみんながどこに行こうとずっと続いていくのだろう。

第44話 手紙

 出発の日は好転に恵まれた。もう準備は万端だ。
 
「ミリルさん、しばらく留守にするけどよろしくお願いしますね」
 
「手紙を出すのを忘れないでくださいね」何度も何度も念押しをされた。コピのくれた虹色に輝く石もかわいい袋に入れてもらってなくさないように首から下げた。
 
 船長の案内に従って船に乗り込むと、タラップが船に引き込まれた。濡れてツルツルした硬い鉄板の床に足元を取られそうになる。今朝掃除したときの水がまだ乾いてないのだ。
 しばらく船内を見ているうちに、昨日島の散策に出かけた人たちも戻って、みんな乗船し終えた。初めて乗った船長の船は、甲板には気の利いた椅子があるわけでもなく、倉庫がそのまま船になったようだ。正直言ってあまりゆっくりできるような船ではない。でも、どことなく感じる安心感は船長のイメージそのままだ。
 みんな、揺れるから、間違えて落ちないように手摺をつかんでいてくれという船長の声がしたと思った瞬間に船が大きくうなづくように前後に揺れた。
 
 ゴクン、ゴトン、 ドン、 ドン、 ドン、 ドン、 ドン、 ドン ……
 
 目覚めの悪そうなエンジンがゆっくりと回りはじめた。
 
「オルターさん、元気でねー」
 
「おいしいものたくさん食べてきてねー」
 
「お土産よろしくーねー」
 
 見送りの言葉を聴いていると観光旅行にでも出かける気分になる。
 
 同乗している乗客たちはみんな船室に入ってしまったようだ。一人甲板に残ってみんなが見えなくなるまで手を降った。パン屋さんの近くに見えるのはユーヨアさん、床屋さんのところに二人でいるのはエモカさんとネモネさんだろう。灯台のところでも手を降っている人が見える。あの大げさな手の振り方はまがいなくノルシーさんだ。こちらもノルシーさんが小さくなって見えなくなるまで手を降り続けた。しばらくスローさんの船もついてきてくれていたけど、ふたつの船の間は少しずつ離れていった。追いかけるのを諦めたスロウさんは船をとめて、こちらから見えなくなるまでその場所で見送ってくれた。
 船のほうは見送りはいつものセレモニーですとでも言いたげに、スピードを少しずつ上げて島からの距離を広げていった。さっきまでいっしょだったナツヨビも、海の色が変わるあたりまで来たところで島のほうに戻って行った。
 
+++++ 島の人々 +++++
 
 見送りから戻ってきたナツヨビがリブロールのデッキのポールにとまった
 
「オルターさんが戻るまでに森を少しでも元に戻しておかないと」ノーキョさんが言うと、遠い沖のほうで別れを惜しむようにくぐもった汽笛が鳴った。
 
「ほんとうに行っちゃいましたね」ノーキョさんが言った。
 
「ほんと」デッキから戻ったミリルさんが力が抜けたように椅子に座った。
 
「じっじはいつもどる?」コピがもう待ち遠しくなって聞いた。
 
「すぐに戻るよ。たぶんこの島好きだから」灯台から戻ったばかりのノルシーさんが答える。
 
 いるはずの人がいない空虚な時間がリブロールの店内をゆっくりと包んでいった。見送りに集まっていた人が船のほうを名残惜しそうに見ながら、それぞれに椅子を選んで座りはじめた。夢から目を覚ましたようにミリルさんがみんなのお茶の用意をはじめた。みんな口々に突然の旅について話しながら手紙を開きはじめた。
 
「半島の森をよろしくって書いてありました」最初に読んだノーキョさんが言った。
 
それを聞いたミリルさんが「私には、お客さんとコピをよろしく、ですって」と言いながらコピの頭に手を当てた。
 
「よろしく?」コピが首をかしげた。
 
「コピちゃんを可愛がってねって、じっちゃんが」
 
「いいこ、いいこ!」コピが手を合わせてうれしそうに笑う。
 
「コピちゃんには、ナツヨビやシマモグラと仲良くって書いてあるよ。ノートの印刷ももらえたしよかったね」
 
「みんな、みんな、友だち!」
 
 それぞれに手紙を読んでいると、少し沖まで見送りに行っていたスロウさんの船が戻ってきた。リブロールのデッキに船を横付けし、ぐったりした様子で店に入ってきた。
 
「この先の海は、なかなかむずかしいね。気流も影響しているんだと思うけど、方位と距離がうまくとらえられない。よく船長は座礁しないで来られるな」
 
「そんなにむずかしいの?」
 
「並の航海士じゃ無理だな。自然気象すべてに通じてないとだめだね」
 
「船長ってやっぱりすごい人なのね」
 
「あんなに連結した船を操舵できること自体普通じゃないよ」あきれたような顔をして言った。
 
「オルターさんたちが、帰って来るまでに温泉つくって、おいしい水もみつけてお迎えできるといいですね」高台で見送ったというネモネさんが言った。
 
「おいしい水が見つかったって連絡をすれば、きっとすぐに帰ってきますよ」ノーキョさんが笑った。
 
「ネモネさんのおいしい水頼みですね」ミリルさんもそんな気がした。
 
+++++ 島の人々 +++++

第1章のあらすじ

 時計がなく、時間に追われることのない辺境の小さな島ウォーターランド。大陸メーンランドから遠く離れたこの島は、都会の喧噪を逃れた人たちが自然と共に暮らす自由な生活を楽しんでいるところです。

 
 この島には200年以上も前に島を一人で訪れた人によって書かれたノートの一部が残されています。そのノートには大きな時間がゆるりと動き、島が消えるという謎めいた話が書かれています。しかし、今そのことについて知っている住人はだれもいませんし、それを目にしたものもいません。
 
 さらに島での生活の記録として、ミドリの鮫との遭遇、方位のずれ、ゆがむ虹など常識では考えられないできごとが次々に起こったと記録されています。しかし、ノートの一部しか残されていないため、そこからすべてを知ることはできません。一人で生活していたノートの主がどうなったのかさえも謎のままです。
 
 住民で最古参になる本屋のオルター爺さんがそのノートを手がかりに、島で起きるふしぎな出来事の秘密をなんとか解き明かそうとします。一方で、住民の失踪やおいしい島の水の発見、島特有の動植物との暮らし、不審火など、島では都会とは違う出来事が頻繁に起きます。
 
 住民たちは予想もつかないそれらの出来事を自然の一部として受け入れています。不思議と発見が交互に現れては消える暮らしがこの島の日常です。島のおおらかで、時間やお金に縛られない自由な生活はそれらのできごとを楽しみに変えてしまうほどに豊かなものなのです。
 
  メーンランドとの連絡船の船長もこの不思議な島に魅せられている一人です。島のすばらしさをメーンランドに伝え、ノートに関する情報を得ることを提案します。古い印刷機を手に入れみんなで島便りを定期的に出すことになりました。それを読んだ人が少しずつ訪れはじめたころ、メーンランドに仕事で渡っていた島の住人から、オルターに知らせたいことがあるのですぐに来てほしいとの手紙が届きます。
 
 島をまったく出たこともなくのんびりと生活していたオルターでしたが、ノートの謎が解かれる期待を持って船長の船でウォーターランドを後にすることにしました。
 

第2章の登場人物

オルター    うたた寝書店リブロールの店主

ダルビー    定期船の船長

マリエール   船長のパトロン 俗称マリー

ルーラー    スラント・ケーブ港の情報屋

ナーシュ    行方の知れないマリエールの主人

トラピ     大道芸の手品師

ナミナ     小さな楽団をもつ トラピさんの友達

ネモネ     おいしい水を探しカバと旅する人

コノン     ウサギを背負った女性

お祖父さん       コノンさんの祖父

お祖母さん       コノンさんの祖母

ミオ      家族の家に住む赤毛の少年

ヨシュア    家族の家の主催者

ターク     ヨットマン

ホーラー    自称公書館管理人の男

ハロウ     歴史ある雑貨屋の主人

ジノ婆     湖に住む180歳の老婆

 

その他


第1話 反転する海

 ドッコン、ドッコン、ドッコン……エンジンの音が船底のほうから響いてくる。荷馬車のようにずっしりと重いリズムが足から身体に伝わる。慣れるまでに少し時間がかかるかもしれない。

 

「船長、こんな日が来ると思わなかったね」

 

「おれは、いつかこの日が来ると思っていた。爺さんはメーンランドに行くだろうってな

 

「どうして?」

 

「船乗りの勘ってやつだな。航海と人生って似たようなものよ。おおよそは見当がつく」

 

「そういうものかね」

 

「そこに海図があるだろ。それを見てみな。方位計と合わせると位置がわかる」

 

  言われた通りに地図と方位計を合わせてみる。

 

「島からメーンランドの方向へ向けて離れている? ということだね?」

 

「島は見えるか?」

 

「あれ、地図の向きがおかしいのかな?」

 

「いや、合ってる」

 

「しかし、窓に見える島の方向が……違う」

 

「おかしいだろ? この島の入口は普通じゃないってことだ。常識じゃあり得ない航路だからな」

 

「島の見える方角が磁石の示すものと違うということ?」

 

「早い話がそういうことだ。島に方位計通りに入ろうとすると入れない。常識じゃあり得ない方位の組み合わせでやっと到着できるってわけよ」

 

「そんな話、聞いたことないね」

 

「ないだろうな。俺しか知らない」と言って高笑いした。

 

「ただ、俺にはなぜだかわかっている。誰でも自由に島に行かれちゃ困るから教えないけどな」船長の笑い声が操舵室に響く。

 

 外に出て、今出たばかりの島を眺めて見る。いつも島から見ていたのと逆にとても早く遠ざかってるように見える。島から見たとき、遠いものが近くに見えるのとは逆に、目の前にあるはずのものが水平線の端にあるように感じる。まだ出向して数分なのに。

 

「船長、これはどういうことなんだろう」

 

「さあな、こればかりは俺にもよくわからない。いずれにしても、見えるものと実際は違うということだ。海から島に入る人は今でも少ないだろ? 昔と変わらず、今でもやっかいな島ということだな。わはは」

 

「飛行船も同じなのかね」

 

「俺は飛行船乗りじゃないし、わからねぇな。でも、似たようなことは起こるんじゃないか。今度飛行船のやつに聞いてみな」

 

 船は、一歩ずつしっかりと海底を踏みしめるようにして進んで行く。船長の船は後ろに3つの貨物船を連結しているので相当の馬力が必要だろう。まるで海を走る蒸気機関車だ。

 

「爺さん、あらためて紹介するよ。こいつはマリエールだ。マリーでいい」客室には何人か人がいたようだったが、その一人なのだろう。妖艶な佇まいの女性だ。

 

「はじめまして」しっとりした落ち着きのある声だ。

 

「俺の仕事のパトロンってところだな。それでいいな?」と言いながらマリーさんの方を見た。

 

「この人とは長いつきあいで、私が昔働いていたお店のお客だったの。船乗り相手のバーね。今は私の気まぐれにつきあってもらってる人かしら」

 

「お抱え運転手ってとこか」と言って船長は大きな声で笑う。

 

「そうね。よく窓も磨いてくれるわね」となにか意味ありげに言った。

 

「まあ、あれやこれやで持ちつ持たれつってとこだな」

 

いいも悪いもお互いを知り尽くしている関係のようだ。

 

「爺さん、マリーと知り合いになっておくといいぜ。こいつはいい女だ」

 

「いい女……」マリーさんが無表情に繰り返した。

 

「と、俺は思ってる」にやりとこちらを見た。

 

「パトロンとしてね」

 

「金だけじゃないぜ。爺さんのこころの隙間を埋める手伝いをしてくれるはずだ」

 

「こころの隙間……」船長は何を思っているのだろうか。

 

「オルターさん、あの島に時々伺っていいかしら?」遠くに見える島を見ながら言った。

 

「あそこはだれのものでもないですよ。自給自足のようなところだから、マリエールさんのような人に納得してもらえるか心配ですけど」

 

「ははは、すっかりお嬢様と思われたようだな」船長がおかしそうに笑った。

 

「私はだいじょうぶ。メーンランドから離れる時間さえあればいいの。必要なのはそれだけ」

 

「それなら、だいじょうぶでしょう。現実世界からかけ離れたようなところですから」と言うと、マリーさんが少し微笑んだように見えた。

 

 彼女は、ずっと船窓から水平線を見ている。その言葉や物腰からはするとただ漫然とぜいたくな生活をしているというわけでもなさそうだ。お金にはまったく興味がないようにさえ見える。

 

「いい島だっただろ? あれが俺の愛するウォーターランドだ」

 

「わかるわ、ダルビーの気持ち」

 

「なにもない島ですけどね」

 

「なにもないから大切なものがわかるの」

 

「そういうことだな。メーンランドは何が大切なんだかわからなくなってるからな」

 

「なんでもあればいいというものじゃないわ」

 

気がつくと船の振動も気にならなくなっていた。島を離れるにつれて波も高くなり、海面が巨大な生き物のように大きく呼吸する。

 

「おっと、灰皿は?」落ちそうになった灰が船長の葉巻にぶらさがった。

 

「そのドアの横のキャビネットに」マリーさんが落ち着いた声で言う。

 

「ありがとよ。爺さんこういう関係だ。わははは」

 

 葉巻を灰皿に置くと、船長は舵輪を両手を使って右に大きく回した。島は今まで見えていた左後方から右側に移った。まるで島に戻るように見える。その瞬間、大気がハレーションを起したように原色にフラッシュした。何が起こったのかわからなかったけど、世界の何かが入れ替わったように思えた。気がつくと今まで見えていた島が視界から忽然と消えていた。マリーさんは何事もなかったかのように、船窓から外を見ている。船の向いていた方向に反して、ウォーターランドでの生活がとても遠くにいってしまったような寂しさを感じた。

 

 



読者登録

noelさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について