twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション その他 作者 hirotakashina
価格 無料
タグ 俺たちの本当の敵はどこにいるかショートショートシリアス伝染病強欲ムテクチャデバホーレス廃墟死の町ゴーストタウンSuddden Fiction ProjectSFPサドンフィクション
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

99 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
5ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
5月23日公開。その伝染病は強欲が招いた人災だった。ゴーストタウンと化した村で怒りにかられたムテクは災厄をもたらした者たちを制裁しにいくことにする。ハードで重いテーマです。

Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました。お題を投げてくれた方や感想を寄せてくれた方と一緒につくったSudden Fictionの数々。どんどんご紹介します。いずれも短いお話ばかり。気軽にお楽しみください。2011年10月、新作の執筆スタート!新作SFP第15弾。

コメント一覧

mina5east さま。その動画、ぼくも放送直後に見ました。泣きました。嗚咽を漏らして。何をどうしていいのかまったくわからないあの頃、彼の言葉はある種心の拠り所になりました。ムテクの怒りはすぐにはおさまらないでしょう。ムテクがこれからどうするのか、気がかりです。
hirotakashina : 2011-10-23 08:41:06

むぅ……。せつないです、辛いです…。まさしく、「いま」の私たちの悲劇的寓話です……(涙)。でもね、ちょうど今日、FBで震災後の気仙沼市立階上中学校卒業式で卒業生が読んだ答辞を知る機会がありました。「しかし、自然の猛威の前には、人間の力はあまりにも無力で、私たちから大切なものを容赦なく奪っていきました。天が与えた試練というには、むごすぎるものでした。つらくて、悔しくてたまりません。…(中略)…しかし、苦境にあっても、天を恨まず、運命に耐え、助け合っていきていくことが、これからの私たちの使命です。」という一文がありました。中学生がこの言葉を言ったのです。まさしく私たちはムテクでもあり、隣村の人々でもあります。でも、ちょうどこの言葉を知ったばかりの時にこの作品を読んだのも何かあるのでしょうネ。ムテクも救われるとイイなぁ。この言葉が届くといいなぁ。
mina5east : 2011-10-23 01:07:34

facebook コメント一覧