閉じる


<<最初から読む

44 / 61ページ


バラの アーチを くぐって
バラの アーチを くぐって バラの まちへ
 ―― おかのうえの バラのまちへ
なつかぜ さわやか すてきな しらべ
 そして バイオリンの ねが ひびくゆえ。

ああ バラこそ そのこの じゅうたんだ
 バラの カーテンも また すばらしい
バラの かんむり したから ながく
 きんの まきがみ ふわり ながれる。
バラと ユリを よれ ひねれ
 はっぱは みどり
 クイーンに ふさわし
バラと ユリを よれ ひねれ

バラと ユリを よれ ひねれ
 すずは みな なり
 だれしも うたう
バラと ユリを よれ ひねれ

44
最終更新日 : 2011-11-22 10:19:38


おしとやかな おうち
 
ふつう わるいこも いれば
 いいこも いるわけで
でも おしとやかな おうちは
 いつも わきまえていらっしゃる。

おでかけには てぶくろ つけて
 おててでも はしりません
あめのひでも だれひとり
 おみあしを よごしません。

それに いつも おぎょうぎよく
 いつも ひとに ふかぶか おれい
おもちゃも なげちらかさず
 わるいことは ちがうのです。
 

45
最終更新日 : 2011-11-22 10:19:38


みんな やるべきときには
 いつも ちゃんと おべんきょう
おさらも きれいに する ――
 とっても いいこたちです。

あそびぎも やぶけなければ
 えりも いつも ぴかぴか。
かみのけも とても こぎれい
 いつでも はずかしくない。

それに ママにも ちゃんと きくし
 かなりの しっかりもので
おもてで ひとに であっても
 きちんと あいさつするのです。

そのこたちは どこからみても
 りそうの こども そのもので。
おてんほんなのも もっともだ
 ちいさな きみにも ―― わたしにも。
 

46
最終更新日 : 2011-11-22 10:19:38


 たかい たかい
 
たかい たかい きよりも たかい
 たかい たかい はなより たかい
たかい たかい おひさまよりも
 たかい たかい くもより たかい
たかい たかい りくより たかい
 たかい たかい うみより たかい
それに ママだって むかしは
 こんなに かわいかったのよ ね!

47
最終更新日 : 2011-11-08 08:58:39


おんなのこと ひつじのこ
 
ときは 5月 はなの さくころ
おんなのこが のはらに でる。
ひつじのこが はしゃぎまわって
よるになれば くさむらで ねる。
ことりが ひがな うたってて
もう あんなに たのしく!
おひるは おひさま ぴかぴか
よるには おほしさま きらきら。
プリムラが サクラソウに いうの。
「はるの そよかぜ さわやかね!」
ヒナギクと キンポウゲが かおを
あげると きまって うた うたう。
だって すんだ あおぞらの した
めのまえで ちょうちょが ひらひら。
ちょうちょも めを したに むけて
いうの。 「おはなの まち すてき!」

48
最終更新日 : 2011-11-01 10:07:40


読者登録

Alzさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について