閉じる


<<最初から読む

15 / 61ページ


きたひとから
ほおら きょうは パーティ
みんな いちれつに すわって
のこりの ひとを まちながら
はじまるのを たのしみにしてる。

さあて ベルが りんと なると
おともだちが ぞくぞく とうじょう。
こうして みんな すこしずつ
きんちょうも ときほぐれていく。
まつのは ちょっと つらい
ちこくよりは はやめが いいけど
ぼーっと してると かなしくて。
でも おちゃが くると ふきとぶ。

おちゃがしは なにが くるかな。
ジャムは いちごだと いいな。
ダンスと ゲームは なにかな。
とても うきうきしてくる わけで。
みんな たのしんでくれますように。
おちゃも きにいってくれますように。

15
最終更新日 : 2011-11-08 08:58:39


おばあさまと おでかけ
おばあさまと おでかけするさい
 ママが うやまいなさいって。
でも おもてを あるくだけで
 こんな きまじめに ならなくても。
ふたりで さゆうを はさんで
 わらわずに ふらふらせずに。
あたしは スパニエルを かかえて
 トムは おばあさまの かさ。

16
最終更新日 : 2011-11-08 08:58:39


あたしが みぎ トムが ひだりを
 みるだけで 「あらやだ はずかしい。
きっと わんちゃんも あきれてるわ。
 こんな めにつく おいたを しちゃ。」
うたったり おしゃべりしたら
 はしたないって いってさ
「わかいころの わたしは 
 あるきかたの おてほんでね。」

むかしは ほんとに よかった
 おとこのこも おんなのこも
うるさくなんか しなくって って
 もう そればっかり いうの。
あそぼうなんて おもいも
 しなかった ―― んだって!
おさいほうを おぼえたり
 よみかきを まなんだり。

ごはんのときは ひいおばあさまから
 しずかに させられたって。
「なのに いまは こどもの
 したも くるくる まわって。
はやくちに ぺちゃくちゃ ぺちゃくちゃ
 どうか よく おききなさい
きょうの ことから べんきょうして
 りっぱな すがたを おみせなさい。」

17
最終更新日 : 2011-11-08 08:58:39


 なぞの くにへ
 
「ねえ どこまで あるの?」
ペギーと スージ おてんばざかり
どこに いるかも わからずに
こんなに たかい ところまで
もうすぐ おそらに ついちゃうね。
きっと きょじんが すんでいて
かわいい おひめさまも いる。
でも ぜったい おじゃまだし
とんでもないことに なりそうだ。
「うん これ まちがいない。」
どうして そんなに きになるの?
だって ほら ―― もお ――
ひとさまを のぞきみなんて
はしたないってば ――
かってに おうちへ はいるとか
まねかれても いないんだよ。
だから もどったほうが いいって
まだ まにあう そうしようよ。
うちに かえって ――
もう おてんばは しない。


18
最終更新日 : 2011-11-08 08:58:39


いちばから
 
はなたばを くださるのは だあれ?
バラの はなわを はなやかに
あたまに かけてくださる おかた。
だって わたくしたち きょう ここへ
すてきな ねがいを とどけにきたんだもの。
いちばから いちばから いちばから
みんなで やってきたの いちばから。

19
最終更新日 : 2011-10-25 22:04:40


読者登録

Alzさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について