目次

閉じる


どうしてこんな姿に生まれたのだろう

いっそ炎にでもなれたら

君を暖めてあげられたのに

 

どうしてこんな姿に生まれたのだろう

いっそ水にでもなれたら

君の痛みを洗い流してあげられたのに

 

君は美しい

誰にでもその素敵な笑顔を振りまく

こんな醜い僕にまで優しい

おかげ想いは膨らむばかり

それでも伝えたら壊れそうだから

内にしまい続けよう

この距離のまま接していよう

 

どうしてこんな姿に生まれたのだろう

いっそ花にでもなれたら

君を香りで包んであげられたのに

 

どうしてこんな姿に生まれたのだろう

いっそ鳥にでもなれたら

君に美しい唄を聞かせられたのに

 

どうしてこんな姿に生まれたのだろう

いっそ風にでもなれたら

君にそっと触れられたのに

 

どうしてこんな姿に生まれたのだろう

いっそ月にでもなれたら

君をずっと見つめられたのに

 

どうしてこんな姿に生まれたのだろう

君と同じ人間の姿に

おかげで叶わぬ夢を見てしまう


この本の内容は以上です。


読者登録

rocksanさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について