閉じる


9月16日のおはなし「Paradise Lost」

 「嬉しい!」というのが彼女の口癖だった。

 空が良く晴れていても「嬉しい!」。休講で時間があいても「嬉しい!」。誰かがカフェテラスで水を運んできてくれても「嬉しい!」。そのあたりは、まあわかる。ちょっとそこは違うんじゃないかというところにも「嬉しい!」と彼女は言う。たとえば駅から大学までの短い道のりでばったり出会う。そして「嬉しい!」とか言う。「おはよう」より先に「嬉しい!」と言うのだ。弁解するわけじゃないがそんなことを言われて誤解するなという方が無理だ。いままでの人生で、ただ道ばたで会っただけで嬉しがってくれる人なんていなかったわけだから。

 おれが彼女のことをどんどん気になるようになっていったのは、つまり、だから、自然な成り行きだったわけだ。でも彼女は何もおれひとりに「嬉しい!」と言っていたわけではない。なにしろそれは彼女の口癖だったのだから。というわけでクラスでもサークルでも彼女のまわりにいたもてない男たちがみんな一斉に彼女に夢中になったのは、何というか、蟻の巣の近くに砂糖の山をつくったようなもので、これはもう「そうなるしかないっしょう!」という流れだった。

 おれはその有象無象と一緒になりたくないので、距離をおくことにしていた。別にカッコつけるわけじゃないが、小さいころから群れるのはキライなのだ。そのおかげでみんなが楽しい思いをしているような場面でひとり参加しそこねてずいぶん損をしてきたが、まあそれが性格だから仕方がない。何でもだいたいブームが過ぎてからようやく手を出している。旬に乗り遅れる男なのだ。

 でもそうやって群れから距離を置こうとすると、彼女が全然違うやつに向かって放つ「嬉しい!」を離れたところから聞いてしまうことになる。で、「おれの『嬉しい!』をあんなやつに!」とか思うわけだ。「『嬉しい!』をそんな風に安売りしちゃイカン!」とかね。まあ本当は、別におれの「嬉しい!」じゃないんだけど、もうそういうことはわからなくなっているんだな。

 誰かが部室に差し入れを持ってくる。彼女が「嬉しい!」と言う。偶然誕生日が同じやつがいる。彼女が「嬉しい!」と言う。たまたま田舎が彼女と同じ山口県組が3人もいる。彼女が
「嬉しい! 嬉しい! 嬉しい!」と言う。そこにはおれの出番はない。おれは彼女の「嬉しい!」の外にいる。指を食わえてただ見ている状態だ。みっともないことこのうえない。自己嫌悪に陥る。そういうのがイヤで、おれはだんだんつき合いが悪い奴になりつつあった。

 ところがある時、気づいてしまうんだな。この男の子受けのいい「嬉しい!」は、同性である女性陣からは白い目で見られているということに。おれが少し距離をおいているのをどう誤解したのか、サークルの女子たちがおれのところに「あの子、勘違いしてるよねー」と相談しに来たので発覚したのだ。いわく「可愛い子ぶってる」。いわく「媚びてる」。いわく「計算してる」。そういう視点で見れば確かにまあそう見えなくはない。特に人気を独占されてつまらない思いをしている女子たちからすれば。

 つくづくあの時、彼女に余計なことを言わないでよかったと思う。あのできごとがなかったら、おれは彼女に向かって善意の忠告のフリをして「その『嬉しい!』っていうの、ちょっと控えた方がいいと思うよ」とか、いやったらしいアドバイスなんかをしていたと思うのだ。それはもう紙一重だったと思うのだ。でも実際にはものごとはもっと奇妙な方向に動いた。彼女の信奉者である男たち自身が彼女を沈黙させてしまったのだ。

 ことの成り行きはこんな感じだった。まず彼らは「あの『嬉しい!』っていうのがいいんだよね」と遅まきながら話題にし始めた。いまごろになって気づいたのだ。おれなんか会ってすぐに日記に書いたっていうのに。
なんて鈍い奴らだ! やがて取り巻き連中の間に「ああいう風に感じよく話せるといいよな」という合意が形成され、突如ワンフレーズ・コミュニケーションのブームが訪れたのだ。

 「嬉しい!」をそのままマネするのはさすがに気が引けたらしく、めいめいがいろんな工夫をして一言フレーズを開発した。「サンキュッ!」というやつがいるかと思えば、「なるほどなるほど」というやつがいる。「すごいね」というやつもいれば「ありがたい!」なんてやつもいる。「喜んで!」と居酒屋の店員みたいなことを口走るやつまで出て来る。それが彼女を取り巻く集団からぽんぽん飛び出すようになったのだ。これはマンガ的情景である。

 彼女自身がそれをどう感じていたのか、「嬉しい!」と思っていたのか、不快に思っていたのか、そのあたりの事情はわからない。でも結論から言うと、この状況が彼女の口癖を封じこめる働きをした。だってその状況は
客観的に見て、パロディでネタ元を愚弄してる状態以外の何物でもなかった。やがて彼女の口から「嬉しい!」と聞くことはだんだん減ってやがてすっかり身をひそめてしまい、それと同時に憑き物が落ちたように、群れていた男たちは離れていった。

 もう駅から大学までの道のりでばったり会っても彼女が「嬉しい!」と言うことはない。ちょっと微笑んで、そういうときに何を言ったらいいのかわからず口ごもる。とても内気で自信のない女の子になってしまった。あんなに嫌っていた女子軍団は彼女を受け入れて仲良さそうに見える。ものごとは収まるべきところに収まった。そう、言えなくもない。でもおれは不満なんだな。おれとしてはもう一度「嬉しい!」を聞きたいんだな。だから「嬉しい!」というしかない本当に嬉しいことを彼女にしてやりたいと思うんだ。なにしろおれは旬に乗り遅れる男なのだから。

(「嬉しい!」ordered by 花おり-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)

感謝の言葉と、お願い&お誘い

 Sudden Fiction Project(以下SFP)作品を読んでいただきありがとうございます。お楽しみいただけましたでしょうか? もしも気に入っていただけたならぜひ「コメントする」のボタンをクリックして、コメントをお寄せください。ブクログへの登録(無料)が必要になりますが、この機会にぜひ。

 「気に入ったけどコメントを書くのは面倒だ」と言うそこのあなた。それでは、ぜひ「ツイートする(Twitter)」「いいね!(Facebook)」あたりをご利用ください。あるいは、mixi、はてな等の外部連携で「気に入ったよ!」とアピールしていただけると大変ありがたいです。盛り上がります。

※星5つで、お気に入り度を示すこともできるようですが、面と向かって星をつけるのはひょっとしたら難しいかも知れませんね。すごく気に入ったら星5つつける、くらいの感じでご利用いただければ幸いです。

 現在、連日作品を発表中です。2011年7月1日から2012年6月30日までの366日(2012年はうるう年)に対して、毎日「1日1篇のSFP作品がある」という状態をめざし、全作品を無料で大公開しています。→公開中の作品一覧

 SFP作品は、元作品のクレジットをきちんと表記していただければ、転載や朗読などの上演、劇団の稽古場でのテキスト、舞台化や映像化などにも自由にご活用いただけます。詳しくは「Sudden Fiction Project Guide」というガイドブックにまとめておきました。使用時には、コメント欄で結構ですので一声おかけくださいね。

 ちょっと楽屋話をすると、7月1日にこのプロジェクトを開始して以来、日を追うごとにつくづく思い知らされているのですが、これ、かなり大変なんです(笑)。毎日1篇、作品に手を入れてアップして、告知して、Facebookページなどに整理して……って、始める前に予想していたよりも遥かに手間がかかるんですね。みなさんからのコメント、ツイート(RT)、「いいね!」を励みにがんばっていますので、ぜひご協力お願いいたします。

 読んでくださる方が増えるというのもとても嬉しい元気の素なので、気に入った作品を人に紹介して広めていただけるのも大歓迎です。上記Facebookページも、徐々に充実させてまいりますので、興味のある方はリンク先を訪れて、ページそのものに対して「いいね!」ボタンを押してご参加ください。

 10月からは「1日1篇新作発表」の荒行(笑)を開始し、55作品ばかり書き上げる予定です。「急募!お題 この秋Sudden Fiction Project開催します」のコメント欄を使って、読者のみなさんからのお題を募集中です。自分の出したお題でおはなしがひとつ生まれるのって、ぼくも体験済みですが、かなり楽しいですよ! はじめての方も、どうぞ気軽に遠慮なくご注文ください(お題は頂戴しても、お代は頂戴しないシステムでやっています。ご安心を)。

 こんな調子で、2012年6月30日まで怒濤で突き進みます。他にはあんまりない、オンラインならではの風変わりな私設イベントです。ぜひご一緒に盛り上がってまいりましょう。

奥付



Paradise Lost


http://p.booklog.jp/book/33790


著者 : hirotakashina
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/hirotakashina/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/33790

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/33790



公開中のSudden Fiction Project作品一覧

http://p.booklog.jp/users/hirotakashina




電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

hirotakashinaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について