目次
転校生
100均彼氏
撒き餌
チカとピカロ
あの子
ミシン目
餃子
マネキン
ノックの音が
チューブ
コビー
野良猫
通信
睡眠
バニラ
Air
パンダ
夏休み
BJ
機種変
ボーイ・ミーツ・ガール
ノックの音が
初めて同士
ママ
探偵社
カレログ
よお
枕返し
浮遊少女
台風の目
台風一家
ノックの音が
コロッケ
輪っか
未来
煙草
職業
濡れ鼠
太郎
インタビューズ
サドル
少年
月夜
冷菓
小説工房
サメ屋
ロゼッタストーン
お漬物
単芝
あれ
びっくり鈍器
世界の終わり 1
世界の終わり 2
締め切り
意識の高い学生
世界の終わり 3
お姫様抱っこ
世界の終わり 4
あたし
いじめ
世界
カナ
入る
世界の終わり 5
キス
味噌汁
世界の終わり 6
世界の終わり 7
カムアウト
ボケて
スポンサー
恐竜のえさ
中折れ
おでん
キャッチボール
オニンギョウ
手紙
炊き出し
サメ
世界の終わり 8
告白
ばらばら
キス
ジミ
egg
金木犀
半月
dis屋
月の夜
童貞回収
スティーヴ・ジョブズ
小説
Home
三日月
変わった絵
チャラ男
愛してる
さざなみ
行き先
機械
床下
監視役
少年
眼球譚
二つの林檎
Lpn-3rd
透明の酒
廃線
ピッチャー
隕石
バットとグローブ
オオカミ少年
散歩
おっさん
大きな手
笑わぬ姫
ペットボトル
ときめき
あまのじゃく
先生
記憶
ねじ
強盗
かまいたち
それ
遅刻
缶詰
今日はどこに行くの?
幼馴染
記憶
星の欠片

閉じる


<<最初から読む

137 / 140ページ

今日はどこに行くの?

 答えは分かっていて訊いた。ファミレスでごはんを食べてコンビニでお菓子や飲み物を買って帰って彼の部屋でゲームをしたり漫画を読んだりセックスしたり。それでも十分楽しかったけどたまには違うデートもしてみたかった。「今日はどこ行くの?」「天気もいいし、区役所にでも行くか」

幼馴染

「鰤と鯖を下さい。あと鰯もお願い」ああ。また財布から千円札がひらひらと飛んで行く。「はいよ。重いから気をつけて」「ありがとう」動物園から逃げ出したシロクマをかくまっていた。南極生まれのペン太が彼は僕の幼馴染だと言い張るのを無視するわけにはいかなかった。たとえそれが嘘だとしても。

記憶

 何を飲み何を食べたか。何処へ行き誰と会ったか。何から何まで記憶に残すようになった。お前はあの時こう言っただろう。記憶に残っているんだ。あなたはあの時あんな事をしたじゃない。記憶に残っているのよ。くだらない諍いばかりが増えた。馬鹿な話だろう? 人は忘れるから良いのではないか。

星の欠片

 高速のパーキングエリアに車を停め、次々と流れ落ちる星の欠片を眺めていた。違う。これも違う。巨大隕石は一向に姿を見せない。結局、世界は終わることなく朝が訪れる。ドリンクホルダーの缶コーヒーはすっかり冷たくなってしまった。俺の隣で犬は退屈そうに欠伸をする。 さ。帰るか。 

この本の内容は以上です。


読者登録

laybackさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について