目次
転校生
100均彼氏
撒き餌
チカとピカロ
あの子
ミシン目
餃子
マネキン
ノックの音が
チューブ
コビー
野良猫
通信
睡眠
バニラ
Air
パンダ
夏休み
BJ
機種変
ボーイ・ミーツ・ガール
ノックの音が
初めて同士
ママ
探偵社
カレログ
よお
枕返し
浮遊少女
台風の目
台風一家
ノックの音が
コロッケ
輪っか
未来
煙草
職業
濡れ鼠
太郎
インタビューズ
サドル
少年
月夜
冷菓
小説工房
サメ屋
ロゼッタストーン
お漬物
単芝
あれ
びっくり鈍器
世界の終わり 1
世界の終わり 2
締め切り
意識の高い学生
世界の終わり 3
お姫様抱っこ
世界の終わり 4
あたし
いじめ
世界
カナ
入る
世界の終わり 5
キス
味噌汁
世界の終わり 6
世界の終わり 7
カムアウト
ボケて
スポンサー
恐竜のえさ
中折れ
おでん
キャッチボール
オニンギョウ
手紙
炊き出し
サメ
世界の終わり 8
告白
ばらばら
キス
ジミ
egg
金木犀
半月
dis屋
月の夜
童貞回収
スティーヴ・ジョブズ
小説
Home
三日月
変わった絵
チャラ男
愛してる
さざなみ
行き先
機械
床下
監視役
少年
眼球譚
二つの林檎
Lpn-3rd
透明の酒
廃線
ピッチャー
隕石
バットとグローブ
オオカミ少年
散歩
おっさん
大きな手
笑わぬ姫
ペットボトル
ときめき
あまのじゃく
先生
記憶
ねじ
強盗
かまいたち
それ
遅刻
缶詰
今日はどこに行くの?
幼馴染
記憶
星の欠片

閉じる


<<最初から読む

126 / 140ページ

ペットボトル

 おばさんがペットボトルを家の前に置いている。ああ猫が嫌いなんだな。そう思った。電話を切って原付のエンジンをかけようとすると不意に野良猫が現れた。猫はペットボトルに躰をすり寄せる。不思議に思い、近づいてみた。猫は逃げない。ペットボトルにそっと触れる。温かい。あ。湯たんぽか。

ときめき

 テレビでときめき片づけというのをやっていた。さわってみて心がときめかないものは思いきって捨ててしまうというやり方だ。早速ためしてみた。去年買ったニット。ときめかない。いらない。ドット柄のシャツ。ときめかない。いらない。ごろごろしている夫。ときめかない。いらない。

あまのじゃく

  好き? って言うと、嫌い。と言う。嫌い? と言うと、好き。と言う。好き? 嫌い。嫌い? 好き。きみはあまのじゃくだなぁ。好き? 嫌い。嫌い? 好き。ねぇほんとうはどっちなの? そこまで言うと押し黙る。好き? 嫌い。嫌い? 好き。いつもそう。何枚あっても花びらは。

先生

「先生、もう死にたいです」「ばかを言うな。君が死んだら悲しむ人が沢山いるだろう。そんな事を軽々しく口にしちゃいけないよ」「僕を育ててくれた母は亡くなりました。友達も恋人もいません。誰も悲しみやしませんよ」「私がいるじゃないか」「先生」「私の患者は君だけなんだぞ」

記憶

「俺は母の顔を覚えていない。過去の記憶を蘇らせてくれ」「よかろう」母親の思い出とともに黒歴史が蘇った。「うあああっ! 悪魔よ、記憶を消してくれ」「それが2つ目の願いか」「早く!」「よかろう」昭は全てを忘れた。「あと1つだ」「貴様は誰だ? 失せろ」悪魔は闇に消え去った。

読者登録

laybackさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について