目次
転校生
100均彼氏
撒き餌
チカとピカロ
あの子
ミシン目
餃子
マネキン
ノックの音が
チューブ
コビー
野良猫
通信
睡眠
バニラ
Air
パンダ
夏休み
BJ
機種変
ボーイ・ミーツ・ガール
ノックの音が
初めて同士
ママ
探偵社
カレログ
よお
枕返し
浮遊少女
台風の目
台風一家
ノックの音が
コロッケ
輪っか
未来
煙草
職業
濡れ鼠
太郎
インタビューズ
サドル
少年
月夜
冷菓
小説工房
サメ屋
ロゼッタストーン
お漬物
単芝
あれ
びっくり鈍器
世界の終わり 1
世界の終わり 2
締め切り
意識の高い学生
世界の終わり 3
お姫様抱っこ
世界の終わり 4
あたし
いじめ
世界
カナ
入る
世界の終わり 5
キス
味噌汁
世界の終わり 6
世界の終わり 7
カムアウト
ボケて
スポンサー
恐竜のえさ
中折れ
おでん
キャッチボール
オニンギョウ
手紙
炊き出し
サメ
世界の終わり 8
告白
ばらばら
キス
ジミ
egg
金木犀
半月
dis屋
月の夜
童貞回収
スティーヴ・ジョブズ
小説
Home
三日月
変わった絵
チャラ男
愛してる
さざなみ
行き先
機械
床下
監視役
少年
眼球譚
二つの林檎
Lpn-3rd
透明の酒
廃線
ピッチャー
隕石
バットとグローブ
オオカミ少年
散歩
おっさん
大きな手
笑わぬ姫
ペットボトル
ときめき
あまのじゃく
先生
記憶
ねじ
強盗
かまいたち
それ
遅刻
缶詰
今日はどこに行くの?
幼馴染
記憶
星の欠片

閉じる


<<最初から読む

121 / 140ページ

オオカミ少年

 オオカミ少年だった。小さなころから嘘ばかりついていた。まったくこの子はろくな人間にならないよ。周りの大人たちは呆れてそう言った。誰も話を聞いてくれなくなった。僕はホラ話を紙に書くようになった。木箱の中の嘘はどんどん膨らんでいった。いつしか僕は小説家になっていた。

散歩

 私はタロウにリードを着けて家を出た。すぐに顔見知りの女性とすれ違った。タロウは彼女が連れているハナコにのしかかって腰を振りはじめた。私は慌ててリードを引っ張った。すみません。頭を下げてその場を後にした。10分ほどで目的地に辿り着いた。夕方の公園は人を散歩させる犬で一杯だった。

おっさん

 空からおっさんが降ってきた。飛び降り自殺だと思った。おい。大丈夫か? つま先で肩を突ついた。おっさんはごろりと転がった。背中に羽が生えていた。天使だ。薄汚れた灰色の羽は明後日の方向に曲がっている。俺は拳銃を取り出した。羽の折れた天使は助からない。楽にしてやった。

大きな手

 雷が鳴ったかと思うと空が破れた。開いた穴から大きな手がにょいと差し込まれた。大きな手は逃げ惑う人々を捕まえては空の外に放り投げてゆく。街から人の姿が消えると手はすぐに引き抜かれた。金色の針と白い糸が破れた空をすくすくと縫ってゆく。あっという間に継ぎ目は見えなくなった。

笑わぬ姫

 王が娘婿を募集していると聞き、城へ向かった。王は生まれてこのかた笑わったことのない姫を笑わせた者に娶らせると言う。私は一計を案じた。私の操る毛糸にじゃれつく子猫を見て、ついに姫は笑った。「よくぞ難題を解決した」王は目を細めた。私は今、観覧席から子猫と姫の結婚式を眺めている。

読者登録

laybackさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について