目次
転校生
100均彼氏
撒き餌
チカとピカロ
あの子
ミシン目
餃子
マネキン
ノックの音が
チューブ
コビー
野良猫
通信
睡眠
バニラ
Air
パンダ
夏休み
BJ
機種変
ボーイ・ミーツ・ガール
ノックの音が
初めて同士
ママ
探偵社
カレログ
よお
枕返し
浮遊少女
台風の目
台風一家
ノックの音が
コロッケ
輪っか
未来
煙草
職業
濡れ鼠
太郎
インタビューズ
サドル
少年
月夜
冷菓
小説工房
サメ屋
ロゼッタストーン
お漬物
単芝
あれ
びっくり鈍器
世界の終わり 1
世界の終わり 2
締め切り
意識の高い学生
世界の終わり 3
お姫様抱っこ
世界の終わり 4
あたし
いじめ
世界
カナ
入る
世界の終わり 5
キス
味噌汁
世界の終わり 6
世界の終わり 7
カムアウト
ボケて
スポンサー
恐竜のえさ
中折れ
おでん
キャッチボール
オニンギョウ
手紙
炊き出し
サメ
世界の終わり 8
告白
ばらばら
キス
ジミ
egg
金木犀
半月
dis屋
月の夜
童貞回収
スティーヴ・ジョブズ
小説
Home
三日月
変わった絵
チャラ男
愛してる
さざなみ
行き先
機械
床下
監視役
少年
眼球譚
二つの林檎
Lpn-3rd
透明の酒
廃線
ピッチャー
隕石
バットとグローブ
オオカミ少年
散歩
おっさん
大きな手
笑わぬ姫
ペットボトル
ときめき
あまのじゃく
先生
記憶
ねじ
強盗
かまいたち
それ
遅刻
缶詰
今日はどこに行くの?
幼馴染
記憶
星の欠片

閉じる


<<最初から読む

113 / 140ページ

眼球譚

 なんでやねん。後頭部をはたくときよしの眼球がぽろりとこぼれる。目玉、目玉。きよしは手探りで眼球を探す。そこで客はどっと笑う。ええかげんにしいや。きよしは拾った眼球を前後逆にはめる。おれの目の黒いうちはお前の好きにはさせへんで。きよしは白目をむいている。お約束だ。

二つの林檎

「ねぇ。映画始まっちゃうよ」「待って。SoftbankとAuの速度の差を調べるから」さっきも散々待たされたのに。私は彼の背中を押した。「あっ」彼の両手からiPhoneが離れた。二つの林檎は全く同じ速さで落ちてゆき、地面にぶつかった。ぱりん、何かが壊れた音がした。

Lpn-3rd

 囚機の護送を命じられた。西海岸の収容所まで大陸横断鉄道で48時間かかる。「あのLpn-3rdですよ。すぐ逃げ出すに決まってる」「大丈夫だ。奴は確かに危険な泥棒マシンだが所詮機械だ。人を殺す事はできん。君と奴を心錠で繋ぐ。もし不正に解錠して逃げれば君は命を失う。奴は逃げられんよ」

透明の酒

 目の前に静かにショットグラスが置かれる。きらきらと光る透明の液体を呷る。その一口が体中のパーツに沁み渡り、一日の疲れが洗い流される。きらきらと光る透明の酒。無水エタノール。飲み終えたおれは汚れたそれをトイレで排出する。血の通わぬ機械と言えども時には飲まねばやってられない。

廃線

 廃線になった鉄道の線路を撤去する工事もそろそろ佳境に差し掛かってきた。今日からは枕木を抜いてゆく。一つ目の枕木に手をかけた途端、声が聞こえた。空耳かと思った。足元を見ると小さなおっさんが立っていた。「誰だ?」「枕の精や。勝手にわしらの寝床を撤去されたら困るがな」

読者登録

laybackさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について