目次
転校生
100均彼氏
撒き餌
チカとピカロ
あの子
ミシン目
餃子
マネキン
ノックの音が
チューブ
コビー
野良猫
通信
睡眠
バニラ
Air
パンダ
夏休み
BJ
機種変
ボーイ・ミーツ・ガール
ノックの音が
初めて同士
ママ
探偵社
カレログ
よお
枕返し
浮遊少女
台風の目
台風一家
ノックの音が
コロッケ
輪っか
未来
煙草
職業
濡れ鼠
太郎
インタビューズ
サドル
少年
月夜
冷菓
小説工房
サメ屋
ロゼッタストーン
お漬物
単芝
あれ
びっくり鈍器
世界の終わり 1
世界の終わり 2
締め切り
意識の高い学生
世界の終わり 3
お姫様抱っこ
世界の終わり 4
あたし
いじめ
世界
カナ
入る
世界の終わり 5
キス
味噌汁
世界の終わり 6
世界の終わり 7
カムアウト
ボケて
スポンサー
恐竜のえさ
中折れ
おでん
キャッチボール
オニンギョウ
手紙
炊き出し
サメ
世界の終わり 8
告白
ばらばら
キス
ジミ
egg
金木犀
半月
dis屋
月の夜
童貞回収
スティーヴ・ジョブズ
小説
Home
三日月
変わった絵
チャラ男
愛してる
さざなみ
行き先
機械
床下
監視役
少年
眼球譚
二つの林檎
Lpn-3rd
透明の酒
廃線
ピッチャー
隕石
バットとグローブ
オオカミ少年
散歩
おっさん
大きな手
笑わぬ姫
ペットボトル
ときめき
あまのじゃく
先生
記憶
ねじ
強盗
かまいたち
それ
遅刻
缶詰
今日はどこに行くの?
幼馴染
記憶
星の欠片

閉じる


<<最初から読む

70 / 140ページ

世界の終わり 7

 こうやって人が大勢歩いているところを眺めるのが好きだった。ぼうっと。何も考えずに。缶コーヒーを飲みながら。それがバイトの休憩時間の過ごし方だった。噂によると今夜、世界が終わる。そうだ。本当なのか嘘なのかは分からない。俺は夜空をあおぐ。まだ巨大隕石とやらは姿を見せない。

カムアウト

 父さんはお前が誰を好きになろうと口出しするつもりはない。それはお前と相手の間の問題だからだ。ただ母さんはひょっとするとショックを受けるかもしれないな。だが父さんから母さんにその話を伝えることはしない。話すのならお前が話しなさい。なにかあれば俺がフォローする。心配するな。

ボケて

「ボケて」カンペが出る。ここでボケろという指示だ。実はOA直前に婆ちゃんが危篤だという報せが入った。だが生番組に穴を空けるわけにはいかない。心ここにあらずだった。「ボケられるわけないだろ! うちの婆ちゃんが死にかけてんだぞ!」思わず怒鳴ってしまった。スタジオの中も外も爆笑だった。

スポンサー

「あなたの本にはトヨダの車ばかり出てくるわね。ワラウン、ワローラ、ダークX」「スポンサー契約してるからね」「小説家なのに?」「ああ」「でもあなたが乗っている車はトヨダじゃないでしょ」「僕の小説の中でトヨダの車はどうなる?」「毎回故障してるわね」「僕はホンタと契約してるのさ」


 ただいま。ドアを開けると今日も廊下で妻が死んだふりをしている。私は妻の身体を踏まぬように避けて通る。食卓の上にはすでに夕食の支度。よくできた妻だ。「おーい。早く食べようよ」だが返事がない。仕方がないので廊下に戻る。「どうした! 大丈夫か!」結局毎夜。この儀式は欠かせないのだ。

読者登録

laybackさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について