閉じる


<<最初から読む

10 / 16ページ

【感想】

以上から、ことにツッコミを入れた部分をレポート用紙より抜粋します。


1.事務局あいさつについて。一般論、行政サイド視点からの論であることは踏まえても、『PTAの負担増』につながる提案内容は疑問。とくにフィルタリングを規制条文化したいという誘導的な意図が見える議事進行のため。


2.個別指定の審議について。Twitterで行政ウォッチャーとして、いつも情報を頂いているueda hiroshi (@uedaeb26)さんのTweetより。

「普通、暴力団雑誌はエロ系と違って緊急指定はせず審議会に意見聞いてから指定するんですが、大分県はそういうのすっ飛ばして緊急指定して事後報告というのは、少し乱暴ですね。定期的に暴力団雑誌を(申し訳程度に)指定していくことで県警と話がついてるのかも。」

今回の審議会にて、上記の県報にあった雑誌が個別指定案件として審議されるもの、と期待していました。されなかったので、手続き上これは包括指定なのか?という疑問がでました。包括指定とすれば、それはどういう基準に該当するのか。後日の宿題とします。


3.今回の有害指定図書にと資料提出された2冊の妥当性に疑問。理由は3点。

1.価格。ムックの価格は高いので、青少年が気軽に買うでしょうか?

2.、どこの書店でどのように陳列されていたのか、他の書店での陳列はどのようであるのか、説明がなされていない。

3.『組長』の本は、「他の同種の本より文字多め」という。そんな文字だらけの本、たとえ手に取れるところにあったとして、さあ青少年が買うでしょうか?

私のこの電子書籍も、文字だらけで、青少年には興味深いテーマです。1995円の暴力団解説本よりはるかにお安いのですから、物凄いダウンロード数と寄付の受け取りがあると推定できますかね?(皮肉ですとも)


さらに、『ニューハーフ時代1』の提示はLGBTアライとして大変、悲しみを覚えます。惻隠の情を禁じ得ません。

いくら「性的少数者を差別するわけではない」と言われても、です。

何故なら、この指定それ自体が、

「性的少数者であるかどうかに関わらず、ニューハーフ(私としてはMtFMale to Female、男性から女性への性別変換希望者と思います。また、性的志向性ではなく、美的理由からの身体改造希望者も居るでしょう。)の身体には性的な商品価値があると見做す。

そして、その商品価値により、青少年を性的に興奮させることは有害なことである。」

というメッセージを発しています。

「性的少数者の権利保護は別の部署のお話なので我々には関係ない。我々は単に、調査員が見つけてきた資料を、条例文に従って審査した結果、性的に有害であるという結論に達した」というタテマエも分かります。

分かるが故に、看過できない論理です。

これ、ちゃんと表紙の左上に赤いマークが入ってる表示図書ですよね。

それなのに、区分陳列されていないからと、有害指定するんですか。


「性的少数者の反論は、その数自体が少数にとどまるから、声は小さくならざるを得ない」

この事実を踏まえて、「業界からの反論も少なかろうし、こういう本を好む青少年も少ないだろうし、つまり資料として指摘しても実績にはなりこそすれ、大きな問題にはなるまいよ」とされたのではないでしょうか。

推測にすぎないことですが、私は悲しみを覚えます。


4.再非行率の話に突っ込みたいものを感じました。だって、自転車カッパライしようが万引きしようが、全部『再非行率』なの?それとも区分してお話してるの?という疑問が残るからです。私は警察用語には詳しくありません。ましてや新任の審議会委員にはどうなのでしょう?こういう部分を詳説しないまま数字だけ提示するのは、誘導的ではないでしょうか。


4.5 深夜徘徊の減少について。「皆さんニコニコ動画の生放送閲覧に忙しいと思います」


5.非・出会い系サイトが犯罪の温床、被害急増という意見について。コレがどういう議論になるのか、気をつけて見守りたいと思います。

フィルタリングやメール文章規制(GREEでは、年齢によって使用できる文字に制限がある。)したところで、それをすり抜ける知恵はいくらでもあります。たて読みやギャルモジ、日本語の暗号改変は『たぬき文字』始め、それこそ数字の羅列だったポケベル時代でも、色々できたんですからね。

そういう所を規制しようとして、技術開発や規制に社会資本をつぎ込むのは『無駄』、『使い方を間違っている』『保護される法益より、社会的弊害と不利益が大きい』と思います。


6.青少年育成計画についての意見交換雑感。有害環境の浄化という論理がここには見られないことからも、「青少年の健全な育成」は福祉の視点。風紀粛清の視点では成り立たない、論じられない、と感じました。


7.ガッコウに、つまりは教師に情報発信やネットワーク作りを要望する言葉について。

教師に過労死しろと仰るか。これ以上負担増加させないよう、まず紙メディアでの情報発信は止めさせるほうがよいと考えます。


8.子どもネットの利用を、0-18歳十把ひとからげに「親が把握しておくべき」という論は乱暴。せめて年代別の論議、親の裁量権への配慮、子どもの自律/自立の評価が必要。そうでなくとも「子どもの方が詳しい」のに、この上親の負担増加を強いる論調には疑問。過干渉のおそれを誰も指摘しないのはおかしい。


9.国を支える人材がもったいない、意見への根源的反発。ILO条約批准状況を知っているのか?と、上記の視点3から。


10.有害図書指定以後の実施評価への意見がでたことは評価する。一方、全ての委員から、「さて、この本は青少年が気軽に手に取れる場所に、全ての書店が陳列しているのか?また、青少年は実際にこれらの図書を(約2-3千円ですよ!)支払って購入し、影響されているのか?」という意見が全く、これっぽっちも出ないことは残念です。

青少年健全育成審議会に委員として参加する者は、こういう『当然の前提』を疑ってはいけないのでしょうか。


以上10点の感想でした。


今後も、休日の都合が許すなら、傍聴に参加して見ようと思います。3営業日前の告知でびっくりしました。

何らかのアクションを行うとしても、それは敵を作ったり、説き伏せて言うことを聞かせるためには行いません。人によっては、リアル対人で何もしないに等しい私の行動は、後ろ向きで消極的に過ぎる、とお思いになることでしょう。

『そう思う』内心の自由は、誰にでもあります。

『そう思う人』であったとしても、私は貴方を敵とは思いません。

貴方の居る環境の許す範囲内で、最善と思う一手を指してください。

この電子書籍情報が、ちょっとお役に立ったなら、この上なく幸せです。

旅行にはいけないから研究会や講演にもいけない。ネット上でも即時やり取りの必要な場、チャットとか生放送には参加しにくい。

それでも、「世の中全体が、『善意ある熱意』で息苦しいものになる」のは間違ってると思います。私の好きなもの、好きなこと(田亀源五郎作品と、氏賀Y太作品を筆頭に!)が、他の人の好きなもの同様に守られて欲しい。

非実在描写物は、ポルノであろうと芸術であろうと、法権力による規制を受けてはならないと思います。誰かさんに不快なものでも、触れようと思ったら触れられる機会を奪ってはいけません。

こらえようの無い悲しみと、深い深い無力感の淵に佇みながら、それでも、こう思うのです。

この『内心の自由』は、誰にも侵略させませんよ?



【おまけマンガ】


おまけマンガ 2


おまけマンガ3



 

おまけマンガ4



読者登録

切身魚/kirimisakanaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について