目次
はじめに
はじめに
iPadとiPhoneを買ったらまずすること
iPad2と同時にそろえたい周辺機器
iPadとiPhoneをつなぐ
iPadとiPhoneのカレンダーをシンクロさせる
iPadのホーム画面を構成する
iPadでよくあるトラブル
仕事に必要なものを貯めこもう
iPhoneで書類をスキャンする
Evernoteで整理する
コピー機で書類をスキャンする
ネット上のPDFファイルを収集する
板書を撮影して残す
児童の作品を保存する
iPadの大きさを活用しよう
授業参観でフォトフレームにする
学年会でiPadを囲む
iPadいっぱいに拡大して見せる
タイマーで緊張感を出す
フラッシュカードのようにめくる
音を操作して授業をつくろう
合唱や伴奏を録音してCDに焼く
体育館のアンプにiPadをつなぐ
iPadをICレコーダーとして使う
メトロノームでリズムを刻む
動画を撮って共有しよう
体育の授業を撮影して編集する
掃除を撮影して伝える
調理実習を撮影して評価する
クラブ活動を撮影して引き継ぐ
修学旅行を撮影して思い出を残す
電子黒板のように使ってみよう
座席表をテレビに映し出す
教科書に書き込む
グーグルアースを操作する
画像をトレースして絵を描く
iPhoneを実物投影機にする
インターネットをフル活用しよう
音声で検索する
校外学習で位置を確認する
図画の参考資料を集める
YouTubeを見せる
天気予報を示す
"Pray for Japan"を感じる
アプリでワイワイ楽しもう
カラオケで盛り上がる
みんなでパズルを解く
iPadで読み聞かせをする
おわりに
おわりに
奥付
page 1

閉じる


<<最初から読む

31 / 42ページ

iPhoneを実物投影機にする

 ある授業で外部講師の依頼をしたところ、実物投影機を使いたいと言われました。
 そこで、アームスタンドにiPhoneを貼り付けて代用しました。アームスタンドの電球とかさの部分を外し、iPhoneをガムテープで固定しただけのものです。 アームスタンドは1800円くらいで購入しました。 

 iPhoneにはiPadのようなミラーリング機能がありません。
 そこで、Camera Visionというアプリを使用しました。
 デジタルAVケーブル、VGAアダプタ、コンポジットケーブルなどでテレビやプロジェクタとつないで映し出すことができます。

 テレビの画面を消したいときはブラックモードにすればOKです。
 アルバムへの切り替えもできます。あらかじめアルバムやカメラロールに保存しておいた画像も映し出せます。
 

31
最終更新日 : 2011-07-09 15:09:33

音声で検索する

 授業中、子供に教科の内容のことを質問されて答えられなかったり記憶があいまいだった時は、iPhoneかiPadを取り出してグーグルの音声検索で調べるようにしています。
 音声検索のよさは、空白の時間が授業中に生じないことです。
 授業中に手打ちで文字入力をしたり、辞書などを取り出してめくっていたりすると、その間に教室の空気が緩みます。
 iPhoneで電話をかけるように声を出して検索することで、間のびする時間が短くなります。

 授業の内容だけでなく、子供の趣味や関心事を知る上でも検索は必要です。
 iPhoneを持つ以前ならば、「どうせこんなこと話しても先生は知らないだろう」と話しかけてこなかったし、ぼくもあえて調べるようなことは少なかったです。
 iPhoneとiPadを教室に持ち込むようになって、子供達が日常会話や日記の中で自分の関心事を伝えてくる子が多くなりました。

 音声入力はできませんが、会議や研修の中でも検索機能は活躍しています。
 先行実践や他校の取り組みも会議の席上で確認することができますし、自分の不勉強な点も
研修中に調べて補うことができます。


32
最終更新日 : 2011-07-09 14:39:53

校外学習で位置を確認する

 家庭訪問のとき、iPadを車の助手席に置き、標準の地図アプリをナビ代わりとして利用しました。住所を打ち込むとピンが落ちてきて目的地を示すのでわかりやすいです。
 以前は大きな地図を何枚かに分けてコピーして持ち歩いていました。
 時間も手間もかからなくなりました。

 校外学習で目的地に向かう時の経路や所要時間の確認にも地図アプリを利用しています。
 紙の地図と違う点は、iPhoneやiPadを水平に持って方位キーをタップすると、進行方向と同じ向きに切り替わるところです。
 初めて行く場所でも迷うことがありません。



33
最終更新日 : 2011-07-09 14:40:31

図画の参考資料を集める

 図工の時間に木版画の下書きをさせました。
 人物の顔の表情や手足、ポーズなどは自分を見たり友達にポーズを作ってもらったりして描くことができます。
 あるいは、事前に描きたいものの写真や参考資料を集めさせておく場合もあります。
 しかし、手元にないものを追加して描きたいということがあります。
 この日の授業では、「ウサギ」「ラブラドールレトリバー」「三味線」「バレーボール」などを描きたいと言った子達がいました。
 動物の毛並みや道具の正確な形や模様などは、よほど好きでない限り、モデルなしでは描けません。これは大人も同じです。
 図書室やパソコン室で調べさせることもできますが、そうすると絵を描く時間が割かれてしまいます。
 そこで登場するのがiPadです。
 グーグルの画像検索で探して見せてあげました。
 提示するまでの操作時間は十数秒です。
 

34
最終更新日 : 2011-07-09 14:42:28

YouTubeを見せる

 言わずと知れた、世界中の動画が集まるYouTube。
 多くの教師が授業で利用しているサイトだと思います。
 iPadとiPhoneにはYoutubeを視聴するアプリが標準でついています。

 授業の中で、参考になる動画を見せたいと思ったときに活躍しています。
 地震や津波などの気象映像や手話スピーチ、犬型ロボットなど、実際に動く様子を見ないとイメージできないものをこれまでに見せてきました。

 授業の直前に一度再生しておくと、授業中でも途切れずに最後まで再生することができます。 思いついてからiPadを立ち上げ、検索をし、映しだすまでに20秒ほどしかかかりません。
 授業の前に準備をしていれば、カバーを開けてケーブルを差すだけなので数秒で見せられます。
 後片付けもケーブルを抜いてカバーを閉じるだけ。
 この手軽さが、iPadと他の機械との違いです。
 
 3G回線だとYouTubeの画質は落ちるようになっているのですが、HDのコンテンツだと、結構きれいに見られます。



35
最終更新日 : 2011-07-09 14:45:11


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について