目次
はじめに
はじめに
iPadとiPhoneを買ったらまずすること
iPad2と同時にそろえたい周辺機器
iPadとiPhoneをつなぐ
iPadとiPhoneのカレンダーをシンクロさせる
iPadのホーム画面を構成する
iPadでよくあるトラブル
仕事に必要なものを貯めこもう
iPhoneで書類をスキャンする
Evernoteで整理する
コピー機で書類をスキャンする
ネット上のPDFファイルを収集する
板書を撮影して残す
児童の作品を保存する
iPadの大きさを活用しよう
授業参観でフォトフレームにする
学年会でiPadを囲む
iPadいっぱいに拡大して見せる
タイマーで緊張感を出す
フラッシュカードのようにめくる
音を操作して授業をつくろう
合唱や伴奏を録音してCDに焼く
体育館のアンプにiPadをつなぐ
iPadをICレコーダーとして使う
メトロノームでリズムを刻む
動画を撮って共有しよう
体育の授業を撮影して編集する
掃除を撮影して伝える
調理実習を撮影して評価する
クラブ活動を撮影して引き継ぐ
修学旅行を撮影して思い出を残す
電子黒板のように使ってみよう
座席表をテレビに映し出す
教科書に書き込む
グーグルアースを操作する
画像をトレースして絵を描く
iPhoneを実物投影機にする
インターネットをフル活用しよう
音声で検索する
校外学習で位置を確認する
図画の参考資料を集める
YouTubeを見せる
天気予報を示す
"Pray for Japan"を感じる
アプリでワイワイ楽しもう
カラオケで盛り上がる
みんなでパズルを解く
iPadで読み聞かせをする
おわりに
おわりに
奥付
page 1

閉じる


<<最初から読む

17 / 42ページ

フラッシュカードのようにめくる

 歴史人物の画像を取り込んで、フラッシュカードのように使ってみました。
 標準の写真アプリをそのまま使いました。
 画像をピンチで拡大して画面いっぱいに広げ、ホームボタンとスリープボタンを同時に押してスクリーンショットを撮ります。
Evernote 20110704 20:12:16.jpg

 すると、カメラロールに自動的に保存されます。
Evernote 20110704 20:12:20.jpg

 これをめくりながら、子供達に名前を言わせていきました。
 明るさを最大にすれば、サイズや見やすさは紙で作ったカードと変わりません。
 しかし、紙のように順番を並べ替えたり、二枚のカードを並べて見せたり、黒板に貼ったりといったことができないという欠点はあります。
 デジタルの弱点です。


17
最終更新日 : 2011-07-09 14:28:44

合唱や伴奏を録音してCDに焼く

 iPadやiPhoneは録音もすぐにできる機器です。
 音楽発表会での学級合唱をする時、標準のボイスレコーダーに録音して聞きなおしたりすることができます。

 合唱をしているとき、iPhoneを片手に持ち歩きながら録音をして、一人ひとりの声を確かめることもできます。
 また、ピアノ伴奏を録音しておけば、スピーカーやテレビのある場所ならすぐに練習ができます。

 録音した合唱や伴奏はをCDに焼くこともできます。
 録音したiPhoneをパソコンに同期するときに
、「ボイスメモを含める」にチェックを入れます。
 すると、「ボイスメモ」というプレイリストが作成されます。
 このプレイリストをCDに焼けばできあがりです。
 ぼくは自動車通勤をしていますが、車のアンプにiPhoneを接続して帰りの車内で子供達の合唱を聞くことがあります。
 歌声の修正点を見つけて、次の指導に備えています。

18
最終更新日 : 2011-07-09 14:58:02

体育館のアンプにiPadをつなぐ

 運動会の表現運動の練習を体育館で行いました。
 これまでは、曲をかけるのは体育館の放送室からでした。
 音楽の担当者が放送室にこもって、指導者の指示で
曲の途中でストップさせたり、途中から再生したりしていました。
 今年は体育館のアンプに、延長コードを介してiPadをつなぎました。
 iPadはステージ上の演題の上に置き、ぼくがiPodで操作しながら指導をしました。
 重点的に練習したいところも楽にリピートすることができます。
 巻き戻しも早送りもリピートも、指先で操作できるので思いのままです。
 CD/MDプレイヤーだと、こんなにスムーズにはいきませんでした。

 曲名、トラック番号、再生時間などの情報もカラーの大画面でよくわかります。
 操作が楽になった分、テンポよく指導ができました。



19
最終更新日 : 2011-07-09 14:30:46

iPadをICレコーダーとして使う

 ぼくは放送委員会の担当をしています。
 給食時間に、放送委員がインタビューしたものを流す番組を放送しています。
 学級紹介や他の委員会からのお知らせ、職員の紹介などです。
 その際、これまではICレコーダーを使用していましたが、最近ではiPadのvoice recorderというアプリを使っています。
 iPadはICレコーダーより大きくて持ちにくいですが、操作がシンプルなので子供にも使わせやすいです。


 「1学期の思い出を振り返ろう」というテーマで多くの子にインタビューをして
流すことになりました。
 前日の昼休みに放送室へ子供達を集めてインタビューを録音しました。

「○年○組の○○です。1学期の思い出は○○です。」
 このようなテンプレートを紙に書いて見せながらです。

 放送はiPadのスピーカーから流れる音源をアナウンスマイクで拾わせました。
 取材も放送も私はノータッチで、放送委員の子供達だけでできました。

VoiceRecorder HD
20
最終更新日 : 2011-07-09 14:31:10

メトロノームでリズムを刻む

 運動会の表現運動を学年全体に指導しました。
 動きが早くて複雑な振付でした。

 動きの型を一通り教えたあと、メトロノームのアプリを使って、初めは60のテンポで踊りをさせました。

 次第に80、100、120と上げていき、無理なく体に動きを覚えさせました。
 原曲は120位の早さだったのですが、140までスピードを上げて踊り、最後に原曲をかけて振付と合わせました。

 実物のメトロノームと違うのは、スピーカーにつなげる点です。
 ぼくのiPadは運動会シーズンに大活躍しました。

21
最終更新日 : 2011-07-09 14:31:34


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について