目次
はじめに
はじめに
iPadとiPhoneを買ったらまずすること
iPad2と同時にそろえたい周辺機器
iPadとiPhoneをつなぐ
iPadとiPhoneのカレンダーをシンクロさせる
iPadのホーム画面を構成する
iPadでよくあるトラブル
仕事に必要なものを貯めこもう
iPhoneで書類をスキャンする
Evernoteで整理する
コピー機で書類をスキャンする
ネット上のPDFファイルを収集する
板書を撮影して残す
児童の作品を保存する
iPadの大きさを活用しよう
授業参観でフォトフレームにする
学年会でiPadを囲む
iPadいっぱいに拡大して見せる
タイマーで緊張感を出す
フラッシュカードのようにめくる
音を操作して授業をつくろう
合唱や伴奏を録音してCDに焼く
体育館のアンプにiPadをつなぐ
iPadをICレコーダーとして使う
メトロノームでリズムを刻む
動画を撮って共有しよう
体育の授業を撮影して編集する
掃除を撮影して伝える
調理実習を撮影して評価する
クラブ活動を撮影して引き継ぐ
修学旅行を撮影して思い出を残す
電子黒板のように使ってみよう
座席表をテレビに映し出す
教科書に書き込む
グーグルアースを操作する
画像をトレースして絵を描く
iPhoneを実物投影機にする
インターネットをフル活用しよう
音声で検索する
校外学習で位置を確認する
図画の参考資料を集める
YouTubeを見せる
天気予報を示す
"Pray for Japan"を感じる
アプリでワイワイ楽しもう
カラオケで盛り上がる
みんなでパズルを解く
iPadで読み聞かせをする
おわりに
おわりに
奥付
page 1

閉じる


<<最初から読む

12 / 42ページ

児童の作品を保存する

 図工の作品や作文、ノート、新聞など、児童の作品を画像として保存するのにも、iPad&iPhoneは手軽に行うことができます。
 A3サイズ以下の作品はコピー機でスキャンしてPDFファイルにします。
 壁新聞や工作などの作品はiPhoneで撮影をして、Evernoteなどに入れます。
 画用紙に描かれた作品は一か所に重ねておき、撮影しながらめくっていけばいいです。
 30枚ほどの作品でも2分くらいですみます。 



授業参観でフォトフレームにする

 iPadはその画面の大きさや液晶の美しさから、フォトフレームとして活用するのに非常に向いています。
 フォトフレームとして使用する方法は2通りあります。

1.ピクチャフレームモード
 まず、映し出したい写真をパソコンで一つのフォルダに整理してiPadに同期します。
 次にiPadでもろもろの設定をします。
 トランジションは「ディゾルブ」と「折り紙」の二種類があります。
 1画面に1枚ならディゾルブ、1画面に大小複数の写真を出すなら折り紙を選択します。
 「顔を拡大表示」は「オン」にすると、一人で写っている写真で顔がズームアップされます。
 シャフルは「オン」にすると、選択したアルバム(フォルダ)の中からランダムに表示されますので、行事や授業ごとに出したいのであれば「オフ」を選択します。
 最後に「アルバム」か「イベント」かの選択があります。ぼくは授業参観用のアルバム(フォルダ)をつくることが多いので、「アルバム」を選択しています。
 そして、映し出したいアルバムにチェックを入れます。

 設定がすんだら、ロック画面から右下のひまわりをタップすればピクチャフレームの始まりです。
 ただし、画面にふれられると一時的にロック画面になりますのでご注意を。

2.スライドショー
 スライドショーは、写真アプリから始めることができます。BGMも入れられるのが特徴です。
 ですが、授業参観中に音を出すのもよくないのでぼくはBGMをオフにしています。
 トランジション(画像が切り替わる時の効果)は5種類ありますが、動きが少なくて目のつかれない「ディゾルブ」にすることが多いです。
 「キューブ」「波紋」「ワイプ」は、少ない画像をゆっくり見せる分にはいいかと思います。

 ノートパソコンでも同じようなことはできますが、iPadの方が移動も設置も簡単です。


13
最終更新日 : 2011-07-09 14:24:51

学年会でiPadを囲む

 iPadは教室で多くの子に動画を見せるには小さいですが、少人数で囲んで見るには最適の機器です。
 学年会で運動会や学芸会の種目を決めるときは、iPadでYouTubeなどの動画サイトを見て参考にしたりします。
 ダンスの振り付けなども、多くアップロードされています。
 これが、会議室のテーブルで気軽にできるのがいいです。
 検索すると、同じ演目でもいろいろな種類の踊り方や演じ方があるんだなあということがよくわかります。

 練習期間に入ったら、iPhoneで撮影した動画をiPadに転送して演技の確認をすることもできます。
 巻き戻しも頭出しも指先でコントロールできるので、ビデオデッキやDVDプレイヤーより操作しやすいです。
 子供が帰った後の静かな学校で聞くにはiPad単体の音量でも十分です。

14
最終更新日 : 2011-07-09 14:25:55

iPadいっぱいに拡大して見せる

 iPadの画面は9.7インチあります。ちょうど顔くらいの大きさです。
 テレビやプロジェクタにつながなくても教室で見せられる、ギリギリのサイズだと思います。
 この画面の大きさをいかして、iPadを直接資料を提示するための道具として使うこともできます。
 教室で見せるために使用するとき注意することは、明るさを最大にすることです。
 
1.やまなし
 6年生の国語、宮沢賢治の「やまなし」の授業で、やまなしという果物がどんなものか、私も子供もピンとこなかったので、iPadでネットから画像を探しておき、授業の途中でピンチして実物大に拡大したやまなしを見せました。その後は教卓に立てて置いたまま、授業を進めました。
 見せたい物のサイズがiPadに収まるのなら、実物大にして見せると感覚がつかめます。

2.弁当
 家庭科の授業で、お弁当作りをしました。
 子供全員のお弁当を一人ずつ撮影してiPadに映し出しました。
 iPadは大きめの弁当箱くらいのサイズで、形も弁当箱のような長方形です。
 ですから、iPadでみる弁当の画像はなかなかリアルです。
 画面に光沢があるので、きれいでおいしそうに見えます。

3.国旗
日本とつながりの深い国々について学習する社会の授業で、各国の国旗をiPadで見せました。
iPadは運動会の万国旗のサイズに近いので、国旗を見せるのにもちょうどいいサイズです。
Wikipediaで国旗を探せば、その成り立ちまでわかるので一石二鳥です。


アメリカ合衆国の国旗
「星条旗」とも呼ばれる。
独立当時13の州(入植地)だったことと、現在50州であることから、13の横縞と50の星でできている。


韓国の国旗
「太極旗」とも呼ばれる。
中央の円は陰陽を表し、四隅の黒い線は天・地・月・日を表す。


中国の国旗
「五星紅旗」とも呼ばれる。
大きな星は中国共産党を、小さな4つの星は労働者・農民・小資産階級・愛国的資本家を表す。

ブラジルの国旗
「アウリベルジ」と呼ばれる。
緑は森林を、黄色は金と鉱物資源を象徴しているといわれている。
中央にある星はおおぐま座やさそり座、スピカ、南十字星など星座や星を表している。


15
最終更新日 : 2011-07-09 14:27:30

タイマーで緊張感を出す

 iPadとiPhoneは時計としても使うことができます。
 時計やタイマーのアプリはたくさんあります。
 ぼくがよく使うのは、プレゼンタイマーというアプリです。
Evernote 20110607 20:01:35.jpg
 このアプリは数字の表示が大きいので、iPadなら教室でそのまま使えるところが気に入っています。

 英語の授業で、1から100までの数を数えさせました。
 座席順に英語で、1から100までを一人ずつ数えてリレーをしました。チーム対抗戦ではありません。30人ほどの学級で2周、3週しながらカウントしていきます。
 "one","two","three",・・・"one handred"までの100の単語を言います。

 こういうのはタイムを計りながら、2度3度とやることでタイムが縮まっていくので盛り上がります。
1回目
 声が小さかったり言い方が分からなかったり、他の子の声がうるさかったりして3分以上かかりました。
2回目
 誰からともなく「大きな声で」「他の人は静かに」と言いながら2分30秒くらい。
3回目
 ぼくが「100までなんだから100秒、せめて2分は切れるんじゃない?」と言ったら1分50秒で言えました。
 こうした適度の緊張感があると、英語も身に付きやすいのではと思いました。



16
最終更新日 : 2011-07-09 14:28:21


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について