目次
はじめに
はじめに
iPadとiPhoneを買ったらまずすること
iPad2と同時にそろえたい周辺機器
iPadとiPhoneをつなぐ
iPadとiPhoneのカレンダーをシンクロさせる
iPadのホーム画面を構成する
iPadでよくあるトラブル
仕事に必要なものを貯めこもう
iPhoneで書類をスキャンする
Evernoteで整理する
コピー機で書類をスキャンする
ネット上のPDFファイルを収集する
板書を撮影して残す
児童の作品を保存する
iPadの大きさを活用しよう
授業参観でフォトフレームにする
学年会でiPadを囲む
iPadいっぱいに拡大して見せる
タイマーで緊張感を出す
フラッシュカードのようにめくる
音を操作して授業をつくろう
合唱や伴奏を録音してCDに焼く
体育館のアンプにiPadをつなぐ
iPadをICレコーダーとして使う
メトロノームでリズムを刻む
動画を撮って共有しよう
体育の授業を撮影して編集する
掃除を撮影して伝える
調理実習を撮影して評価する
クラブ活動を撮影して引き継ぐ
修学旅行を撮影して思い出を残す
電子黒板のように使ってみよう
座席表をテレビに映し出す
教科書に書き込む
グーグルアースを操作する
画像をトレースして絵を描く
iPhoneを実物投影機にする
インターネットをフル活用しよう
音声で検索する
校外学習で位置を確認する
図画の参考資料を集める
YouTubeを見せる
天気予報を示す
"Pray for Japan"を感じる
アプリでワイワイ楽しもう
カラオケで盛り上がる
みんなでパズルを解く
iPadで読み聞かせをする
おわりに
おわりに
奥付
page 1

閉じる


<<最初から読む

1 / 42ページ

はじめに

 iPadを知人に初めて見せてもらった時の驚きは忘れられません。

 翌日、すぐに買いに行きました。


 使ってみると、授業や校務のさまざまな場面で威力を発揮しました。

 2ヶ月後にはiPhone4を買いました。
 携帯電話といえば通話とメールしか使えていなかったぼくのライフスタイルが変わりました。

 iPad2がミラーリング機能を備えて発売されました。
 これも即日購入しました。
 ぼくの仕事になくてはならないツールとなりました。

 本書では、そんな一年間の仕事の様子を書きつづったブログ「iPad2とiPhone4で教師の仕事をつくる」を書籍向けに再編集して加筆修正したものです。
 スマートフォンやタブレット端末をお持ちの先生方に少しでもぼくの実践が参考になれば幸いです。

小学校教師 canpycanpy

iPad2と同時にそろえたい周辺機器

 iPad2を手に入れたら、以下の4つの機器も同時にそろえることをお勧めします。

1.デジタルAVケーブル(+HDMIケーブル)
adapta
 初代iPadではできなかったミラーリング機能(iPad上の画面をテレビやプロジェクタに映しだす機能)が、デジタルAVケーブルをつなぐことで出来るようになります。
 画面と同時に音もこれ1本で送ってテレビのスピーカーから出せます。
 最近のパソコンやテレビには、HDMIという高品質の画像を送受信するためのコネクタがついています。そこにHDMIケーブルを差し込んで、iPadにつないだデジタルAVケーブルのHDMIコネクタにつなぐことで使えるようになります。


2.スマートカバー
smaatcover
 風呂蓋のようなデザインで話題のカバーです。
 カバーをかぶせるだけで、カバーについている磁石がiPad2に反応してスリープモードになります。
 カバーをめくると自動的に起動します。
 iPadを使用するときは、完全に取り外すのではなく、三角に折り曲げて「ホルダー」としても使えます。
 裏地がマイクロファイバーなので、閉じただけでも画面の手あかがだいぶ落ちます。
 もちろん、直接ふき取ることもできます。

3.カメラコネクションキット
accessories-camera-connection
 iPhoneやSDカードのデータをiPadに読み込ませるときに使います。
 動画や画像を大量に転送したいときに使えます。
 iPhoneなどをつなぐUSB用とSDカード用の2つがセットになっています。


4.タッチペン・スタイラスペン
touchpen

 指で操作できることがiPadの売りですが、文字を書こうとすると指先に隠れてうまく書くことができません。
 そこで、先端に導電スポンジのついたペンがあると、普通の筆記用具で文字を書く感覚に近い感じで書けます。
 アップル社の純正のものはありませんが、さまざまなメーカーが開発・販売しています。

iPadとiPhoneをつなぐ

 ぼくはiPhoneを「インプットのための道具」、iPadを「アウトプットのための道具」と考えています。
 iPhoneは常に持ち歩いていて、思いついたらすぐに書き込んだり写真や動画を高品質で収めたりすることができます。
 iPadは逆に、その画面の大きさやミラーリング機能をいかして、人に見せたり自分が確認したりするるために活用するのに最適です。
 この二つのツールをつなぐことで、そのよさを補い合うことができます。

 画像や動画を送るのに手っ取り早いのは、カメラコネクションキットを使って直接つなぐことです。

 すると、自動的にのデータの送信が始まります。
 iPhoneの中のデータがiPadに表示されますので、必要なデータを選択して送信します。
  これで、iPhoneで写した動画や写真を、iPadの大きな画面で編集したり見せたりすることができます。

iPadとiPhoneのカレンダーをシンクロさせる

 iPadとiPhoneでは、どちらか一方に書き加えたスケジュールを、もう一方に自動的に反映させることができます。
 これを同期(シンクロ)と言います。
 シンクロさせるにはいくつかの方法がありますが、応用範囲の広いGmaiアカウントを使った方法を紹介します。

1.Gmailのアカウントを作成する
 検索サイトGoogleで任意のユーザー名等を入力してアカウントを作成します。
 必要事項を入力すればアカウントが無料で作れます。

2.iPad&iPhoneの設定から、アカウントを追加する
 iPadやiPhoneの 設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウントを追加 から、Gmailを選択します。

 ここで作成したアカウントのメールアドレスやパスワードを入力します。
 名前と説明は任意でつけます。

 シンクロさせたい項目をオンにすれば完了です。

3.カレンダーに書き込むときに、Googleアカウントを選択する
 iPad&iPhoneに書き込む=Googleのカレンダーに書き込む、となります。
 結果として、iPadで見てもiPhoneで見てもパソコンで見ても、同じ内容を確認することになります。

4.年間行事予定を書き込む
calender












 同期が完了したら、パソコンでGoogleにログインし、カレンダーに年間行事を入力していきます。すると、iPhoneやiPadを立ち上げるたびに同期が行われ、反映されます。
 逆にiPhoneかiPadで入力し、「カレンダー」の欄でグーグルアカウントを選択しても、同じようにGoogle経由で同期し、反映されます。

 このシンクロ機能はカレンダーだけでなく、メールやメモ帳などのアプリでも使えます。

iPadのホーム画面を構成する

 必要なアプリや使えそうなアプリをダウンロードしたら、ホーム画面を組み立てます。
 iPadだと上段20個、下段6個のアイコンを置くことができますが、26個パンパンに配置すると、「模様替え」をするときに動かしにくくなりますので、スペースを設けておきます。

 2011年夏のぼくのiPad2のホーム画面は下記の通りです。
①マップ ②ビデオ ③YouTube ④AppStore ⑤カメラ ⑥設定
 標準アプリです。
 その他の標準アプリは使用頻度が低いので2画面以降に移動しました。
⑦Evernote
 文書、PDF、写真、WEBのスクラップ、音声などさまざまな情報を管理するアプリです。
 iPhone&PCともシンクロさせています。
⑧Toodledo
 やることリストのアプリです。
 iPhoneとシンクロしています。
⑨勤務地の天気
 Yahoo天気の勤務地のサイトです。
 天気予報アプリはいろいろありますが、こちらの方がピンポイントなので置いています。
⑩Google
 通常の検索のほか、声による音声検索や画像検索などで使っています。
⑪i文庫HD
 PDFの書類や電子書籍を保管したり見たりします。
⑫AdobeIdeas
 画像をトレースして絵を描いたりします。
⑬ノートPAD
 PDFファイルに指やタッチペンで書き込むことができます。
⑭作成
 表作成用のNumbers、プレゼン用のKeynote、動画編集用のiMovieなどを入れています。
⑮便利ツール
 計算機、タイマー、ボイスレコーダーなどのアプリを入れています。
⑯ついっぷる
 Twitterのアプリです。

 下段は購入したときのままです。

5
最終更新日 : 2011-07-09 14:13:27


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について