目次
はじめに
はじめに
iPadとiPhoneを買ったらまずすること
iPad2と同時にそろえたい周辺機器
iPadとiPhoneをつなぐ
iPadとiPhoneのカレンダーをシンクロさせる
iPadのホーム画面を構成する
iPadでよくあるトラブル
仕事に必要なものを貯めこもう
iPhoneで書類をスキャンする
Evernoteで整理する
コピー機で書類をスキャンする
ネット上のPDFファイルを収集する
板書を撮影して残す
児童の作品を保存する
iPadの大きさを活用しよう
授業参観でフォトフレームにする
学年会でiPadを囲む
iPadいっぱいに拡大して見せる
タイマーで緊張感を出す
フラッシュカードのようにめくる
音を操作して授業をつくろう
合唱や伴奏を録音してCDに焼く
体育館のアンプにiPadをつなぐ
iPadをICレコーダーとして使う
メトロノームでリズムを刻む
動画を撮って共有しよう
体育の授業を撮影して編集する
掃除を撮影して伝える
調理実習を撮影して評価する
クラブ活動を撮影して引き継ぐ
修学旅行を撮影して思い出を残す
電子黒板のように使ってみよう
座席表をテレビに映し出す
教科書に書き込む
グーグルアースを操作する
画像をトレースして絵を描く
iPhoneを実物投影機にする
インターネットをフル活用しよう
音声で検索する
校外学習で位置を確認する
図画の参考資料を集める
YouTubeを見せる
天気予報を示す
"Pray for Japan"を感じる
アプリでワイワイ楽しもう
カラオケで盛り上がる
みんなでパズルを解く
iPadで読み聞かせをする
おわりに
おわりに
奥付
page 1

閉じる


電子黒板のように使ってみよう

座席表をテレビに映し出す

 新学期から出席番号順に並んでいた学級の席替えをすることにしました。
 諸事情を考慮しながら配置を考え、iPadのNumbersで座席表を作りました。
 名前は漢字に変換すると倍以上の時間がかかるので、無変換のかなオンリーです。

numbers3
 Numbersは表計算ソフトですが、指先でひょいひょいっとセルを移動させることができるので、 座席表作りがスムーズにできます。
 完成すると、こんな感じになります。

 水泳の進級表を作成したときの様子をYouTubeにアップしてあります。
 動画を見ていただければ、操作感がよくわかると思います。
 
http://www.youtube.com/watch?v=Uvo8BKQszCI&feature=player_embedded

 これをiPad2のミラーリング機能をいかして、教室の地デジ対応テレビにつなぎます。
 デジタルAVケーブルとHDMIケーブルがあれば、簡単につなぐことができます。

 これまでは席替えの表を大きな紙に拡大したり、黒板にせっせと書いたりしていました。
 席替えの表なんてその日その時のほんのわずかの時間にしか使いません。
 テレビの画面にパッと映して席を移動させてさっと消せばいいのです。
 ペーパーレス&チョークレスです。


最終更新日 : 2011-07-09 14:35:51

教科書に書き込む

 算数の授業では、iPadをテレビにつないで、授業している教科書のページを映し出すようにしています。
 それだけでも、今どの部分を授業しているのかが分かるのでいいです。
sansuu

 ぼくは教科書の授業で使うページをPDFファイルにして取り込み、必要に応じてタッチペンで書き込みながら授業を進めています。
 よく使うのは、ノートPADというアプリです。
 タッチペンでiPadに書き込む様子をyouTubeにアップしてありますので、そちらをご覧いただければその操作感が分かると思います。

 算数の教科書では書き込ませたり色を塗らせたりするところがあります。
 そんな場面で有効です。



最終更新日 : 2011-07-09 14:37:50

グーグルアースを操作する

 グーグルアースは発表以来、多くの実践が全国の教室で行われています。
 その多くは、ノートパソコンとマウスを使ったものです。
 初代iPadでも専用アプリが出ていましたが、残念なことにテレビやプロジェクタで表示することができませんでした。
 その点がiPad2では改良され、どのアプリでもデジタルAVケーブルとHDMIケーブルを使えば表示できるようになりました。

 グーグルアースを立ったままで操作する様子をYoutubeにアップしました。
http://www.youtube.com/watch?v=RvPOSGYDAZk&feature=feedwll&list=WL
 大山古墳(仁徳天皇陵)を映し出してみました。
 大きな建造物なので、立体の質感も画面から感じられます。
 3G回線ですが、動作は気になるほど重くはありませんでした。

 iPad版グーグルアースの主な操作方法は次の通りです。
移動
1 本の指で画面に触れ、目的の場所を表示するように指先をドラッグします。
また、指で画面を軽く払うように操作(フリック)すると、素早く移動できます。 
ズームイン
2 本の指で同時に画面に触れて、指先を開きます。
または、1 本の指で画面をダブルタップします。 
ズームアウト
2 本の指で同時に画面に触れて、つまむようにして指先を閉じます(ピンチ)。
または、2 本の指で同時に画面をダブルタップします。 
回転
2 本の指で画面に触れ、目的の場所を表示するように指先を回転させます。 
見回す
2 本の指をそろえて同時に画面に触れ、指先を任意の方向へ動かします。 
傾斜
2 本の指をそろえて同時に画面に触れ、指先を下方向へ動かします。
これが慣れるのに少し難しいです。

 iPadが他の機器よりもよい点は、立ったままで操作できることや、機器やマウスなどの置き場所がいらないことでしょう。
 起動もワンタッチで、文字入力も予測変換ですぐに打ち込めます。
 終了はスマートカバーをしめるだけで、必要なら再起動もすぐにできます。
 また、iPad版のグーグルアースは機能がパソコン版に比べてシンプルで操作しやすいです。


最終更新日 : 2011-07-09 14:38:17

画像をトレースして絵を描く

 iPadにタッチペンで絵を描いていたら、クラスの子からアニメのキャラクターを描いてみてほしいと言われました。
 それで、Adobe Ideasというアプリを使ってトレースして描きました。

 このアプリは元の画像にレイヤーをつけてなぞることができます。
 ネットで適当な画像をコピーして、その上のレイヤーをタッチペンでなぞります。

Evernote 20110611 23:06:18.jpg
 その後、元の画像を非表示にしてアルバムに送ればできあがりです。

 これまではパソコンにペンタブレットをつないで、学芸会の背景や小道具を描いていました。
 iPadだとどこにいても手軽にトレースして描けるのでいいですね。


最終更新日 : 2011-07-09 14:38:59

iPhoneを実物投影機にする

 ある授業で外部講師の依頼をしたところ、実物投影機を使いたいと言われました。
 そこで、アームスタンドにiPhoneを貼り付けて代用しました。アームスタンドの電球とかさの部分を外し、iPhoneをガムテープで固定しただけのものです。 アームスタンドは1800円くらいで購入しました。 

 iPhoneにはiPadのようなミラーリング機能がありません。
 そこで、Camera Visionというアプリを使用しました。
 デジタルAVケーブル、VGAアダプタ、コンポジットケーブルなどでテレビやプロジェクタとつないで映し出すことができます。

 テレビの画面を消したいときはブラックモードにすればOKです。
 アルバムへの切り替えもできます。あらかじめアルバムやカメラロールに保存しておいた画像も映し出せます。
 

最終更新日 : 2011-07-09 15:09:33