閉じる


<<最初から読む

16 / 31ページ

試し読みできます

二度目の恋











「それどうするの」

金魚すくいでデメキンを掬った、その子に聞いた

「家で飼うけど」
「死んじゃうのに?」
「いまは生きてるよ」

浴衣のその子に、恋をした











試し読みできます

放課後の教室






放課後の教室で
君にキスをしようとして
泣かれた日

ごめん、と言った向こう側
窓の外に目をやれば
ホウキを足にはさんで
山を駆け下りる女の子

君はそれに笑ってしまって
そのあとそっと、キスをした

あの子は魔女かもしれないな








試し読みできます

かくれんぼ






透明
のビニールシート
かくれんぼ なにもかくせない

あぁ だけど
雨や風から
君を守れるかな

バナナみたいな月も見えるし
かりんとうの星もふたりのもの

透明のビニールシート
かくれんぼ 気持ち かくせない





試し読みできます

リボン

君が忘れたスカーフの においを嗅いだ夜の
甘い思い出だけが いまのぼくのすべて

遠回りした朝が 涙の次に運ぶのは
傷を集めた箱を 包むためのリボン

そろそろ開けてもいいころ
まだまだ開けられないころ

やさしさの海の上
届いたメッセージ


試し読みできます

雪の声











雪の声が聞きたい
降ってくる雪の音じゃなく
積もった雪の泣く声を










読者登録

ゆひさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について