目次
電子書籍版へのまえがき
page 1
はじめに
page 1
page 2
page 3
page 4
角栄逮捕の裏側
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
田中叩きの波
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
中曽根再選
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
二階堂擁立劇
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
角栄VS.金丸
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
倒れた将軍
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
角栄後の日本政治
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
中曽根から竹下へ
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
真の政治改革のために
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
おわりに
page 1
page 2
page 3
page 4
それからのこと
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6

閉じる


電子書籍版へのまえがき

試し読みできます

電子書籍版へのまえがき

 

 本書は二〇〇三年九月に単行本として廣済堂出版から、その後二〇〇五年に文庫本として講談社から出版された『裏支配―いま明かされる田中角栄の真実』を加筆修正して電子書籍化するものである。

 

 単行本が店頭に並んだ二〇〇三年九月は自民党総裁選挙で小泉純一郎(こいずみじゅんいちろう)氏が再選され、抵抗勢力の中心にいた野中広務(のなかひろむ)氏が政界引退に追い込まれた。一方で自由党の小沢一郎(おざわいちろう)氏が民主党に合流し、民主党が政権交代を狙える本格野党の体制を整えた。直後に行われた総選挙で自民党は十議席減らして二百三十七議席、民主党は四十議席増やして百七十七議席となり、日本にもようやく二大政党時代が訪れたことを実感させた。

 それまでは細川政権が誕生したわずかな期間を除いてわが国の権力闘争はもっぱら自民党内の派閥抗争であった。つまり国民は権力闘争の枠外に置かれ、「主権在民」と言いながら自らの手で権力を生み出すことができなかった。そうした政治の仕組みが変わろうとする時期に本書は誕生したのである。

 

 したがって小泉政権が国民の熱狂的な支持を受けていた時期に本書は書かれたものだと思って読んでいただきたい。

小泉政権は自民党の派閥政治を破壊した。しかし本書が指摘する「裏支配」の構造を変えたわけではない。それが安倍、福田、麻生と続く自民党政権を追いつめていく。二〇〇九年の政権交代に至るその過程を電視書籍化にあたり新たに「それからのこと」として書き加えた。

また筆者は二〇〇五年に『メディア裏支配』(講談社)を書いて、日本のメディアが世界に類例のない歪んだ構造であることを明らかにしたが、政権交代後のわが国メディアの異様さについてもそこで指摘している。


« 前の章