twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション 作者 こしくわ
価格 無料
タグ 仮設住宅山古志長岡市ブログ仮設住宅団地復興
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

31 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 149ページ (Web閲覧)
207ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
全村避難、村が丸ごと隣の長岡市の丘の上の巨大な仮設住宅団地に引っ越してきた。中越地震で失われた故郷に帰る日を待つ山古志村の人たちを支えたボランティアセンター。
帰る日までの3年間の記録です。仮設住宅団地とボラセンで何をしてきたのか?どんなことがあったのか?これはずっと記録してきたブログを編集したものです。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

もっとみる