twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ファンタジー , ホラー・オカルト 作者 wngeikai
価格 200円(税込)
タグ 純文学幻想小説わせぶん
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
試し読み:4ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
たまたま拾った鍵束。屋敷に招き入れられ、外套探しを命じられる男。とてつもなく広い屋敷のなかには、数えきれないほどの部屋があって…。


「道の上に金属の塊が落ちていた。近寄ると、それは鍵束だと分かった。男は鍵束を見てほおを掻いた。誰かがこれを必要としているに違いない。拾うと、先にある屋敷を見た。年月を重ね深い焦茶色になった煉瓦で組まれた壁が大きな箱を形作り、そこに正方形の窓が等間隔に配置されている。大きく堅牢な扉が人々を寄せつけないいかめしさを出していた。ここの住人が落としたに違いない。入り口にある鉄柵の門が、かすかに開いて風に揺れている。」(本文より)


著:長谷川明治 『季刊わせぶん冬号'10』収録。

この本には試し読みが 4 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

もっとみる