twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 その他 作者 へるふね
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

7 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
18ページ (PDF)
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
枝幸砂金地は明治30年頃に発見され32~33年最盛期を迎えた。人々が砂金熱に浮かれる中、二人の若き学者が現地を調査していた。西尾銈次郎と福地信世、それぞれ数ヶ月間現地に滞在し、その報告書として「枝幸砂金論」「北海道枝幸砂金地に関する地質学的観察」を書いた。そしてその中で、互いに相手の見解を批判、更に学会誌上で論争を展開した。この論争は今も決着が付いたとは言いがたい。本書は両者の論争を意訳紹介するものである。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧