twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション SF 作者 大本正
価格 無料
タグ UFO、宇宙人、イスラエル、ユダヤ、CIA、FBI
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

8 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 13ページ (Web閲覧)
40ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
※注意:フェイクプレーンはあまり大きな動きはしないので面白味に欠けるかもしれません。

宇宙人は、われわれと同じ人類である。われわれと異なる点は彼らが超科学を極めているという点である。超科学を極めた彼らは永い年月を巡り巡って最終的に、人類は自然に囲まれて暮らすのが一番だということに気づいた人々でもある。つまり、彼らは超科学を元にしてSFに出てくるような、近未来的な都市を築いて暮らしているわけではない。
UFOを所有している宇宙人たちは、2千年くらい前から騎馬民族として暮らしている。スキタイ人、匈奴、鮮卑などがそうであるが、現在では多くの宇宙人がシベリア~中央アジアに住んでいる。日本人に似た宇宙人の正体はウィルタ族(オロッコ族)であり、北欧人に似た宇宙人の正体はカラシュ族である。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧