閉じる


<<最初から読む

29 / 30ページ

動き始めた刻(とき)の鼓動

 

 

 

夢のつまったこの手に

道を造り出すこの足に


沢山 沢山の希望が在る。


 


流れゆく奏(おと)

 

 

 

君の生み出した奏は
やがて 誰かの元で音色になる。

その音色は 新たなな奏を生んで
また 誰かの元へと向かうんだ・・。


“永遠”という、優しい輪廻。

 


この本の内容は以上です。


読者登録

沫雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について