閉じる


<<最初から読む

24 / 30ページ

こぼれ出す想い

 

 

 

どんな永遠(ながい時間)よりも

ほんの一瞬の "今"という時間


僕にとって その存在は大きくて

何にも変えられない。


もう離さない。

離したくないんだ。。

 

 


君の待つ場所

 

 

 

わすれないで。

ぼくが ずっと そばにいる。

ぼくが ずっと まもるから。


そんな 小さな約束が

僕らの未来になってゆくよ・・。


 


出発

 

 

 

1つ1つを重ね、つないで
たった1つの言ノ葉を創る。

大切に 大切に

慎重に 慎重に


そうやって生まれた言ノ葉は
届くべき元(ばしょ)へはこばれてゆくんだ・・。


 


偽るために消えるもの

 

 

 

自分を偽ってもなお 真実(ほんとう)は在って。

そんな ほんのちょっとの隙間を
君は見つけてしまうから・・。

偽ることに疲れた僕は癒されて・・

偽る顔を見られたくない僕は苦しんでしまうんだ・・。


 


信じ続けた僕らの未来

 

 

 

あたたかな空気の中
“君”と歩いた並木道。

いつしか 桜もキレイに咲いて・・
また 季節が巡ってく。


どうか この季節より先も

僕のトナリに君がいてくれます様に・・。


 



読者登録

沫雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について