閉じる


<<最初から読む

20 / 30ページ

孤独からできた傷

 

 

 

理解して(わかって)もらえないことが

とにかく悔しかった・・。
 
いっぱい いっぱい
足掻いてみても
結局は1人の気持ちなんだと思った。
 
この気持ち
枯れてゆくの? それとも・・

 

幾千の星に抱かれて

 

 

 

優しい世界に包まれて
 
今日も
僕は 眠りにつくよ・・・。

 


 

 

今日の言葉を明日君に・・

 

 

 

自分よりも誰かを想って・・
 
自分よりも誰かの為に・・
 
そんな真っ白で純粋な感情が
いつまでも 心に灯ってるんだ・・。
 

2人が終わる時

 

 

 

いつか 君の心は洗われるだろうか。

いつか 僕の存在とともに・・


僕の ココロ

君の ココロ


真っ白なココロに生まれ変われたら

また

君との再会を 望めるだろうか・・。

 

 


こぼれ出す想い

 

 

 

どんな永遠(ながい時間)よりも

ほんの一瞬の "今"という時間


僕にとって その存在は大きくて

何にも変えられない。


もう離さない。

離したくないんだ。。

 

 



読者登録

沫雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について