閉じる


<<最初から読む

2 / 16ページ

穴ぼこ     なべくらますみ

 

道端の植え込み

柘植だの

躑躅だのが

地面の渇きに足元を埃っぽくして立つ

 

その乾いた土の平面に

ぼこぼこ と開けられた穴が

掘ったのは

数年の眠りから覚め 世に出るための蟬

ゴソゴソ とか

ゴリゴリ とか

音に気付いたことはないが

地中から天井に向けて

一思いに突き上げたような

きっちりと丸い穴

円周はどれも同じような色と形

 

カサカサ と

周囲に散らばった

茶色の抜け殻

切開いた様に背中を割って

出てきた様子

今 鳴いているのは

この穴から出てきたばかりの声なのか

 

命絶えて腹を見せ転がる姿も累々と

蟻にたかられ

少しずつ動かされているもの

仰向けのまま

まだ羽をバタつかせるものもいて

 

この地面の奥には

彼等が残した卵(らん)が

ひっそりと

蓄えられているのだろうか


花 粉     出雲筑三

 

開発Aチームです

スギ新型花粉弾の出撃命令

QRコード受理しました

 

明日は偏西風が低い

杉の子よ

風を切り 期待を背負ってくれ

 

来週は木曾Bステーションより

ケヤキカイゼン花粉弾

雨天時は順延して決行する

 

我ら植物は自ら動くことはできない

人類よりも雄渾で長い生存の歴史

先住者として傍観は許されない

 

鳥も昆虫たちも

危険ランクの環境天気図を

翼で身にしみている

 

熱帯雨林化する都市

資本効率化をやめない産業

懐かしき人はどこにもいなくなった

 

山火事にも強い耐火けやき

ヒト型砂漠にも強い耐水杉

なぐり塩分にも強い防風松

 

気力の萎えた生物に明日の大陽はない

年に数日だけ雨が降ることで

命の復活が可能な花粉テストを

 

人間に変わり 完成させるのだ

 


カサブランカの花よ    富永たか子

 

安堵の部屋で

カサブランカの花がつよく匂う

 

オランダの土で

変換させた高貴な花

 

変貌する天使の気色を

音もなく吸い込んで狼狽てる

 

うすら涼しい今年の雨季

それから それからの猛暑

 

わたしが元気だったころ

〈梅雨明け十日〉の言い伝へに

 

梅雨があけるよ!と

カミナリは太鼓を叩いて触れ

 

雲は急ぎ去り

ぴたりとした

燃える夏空のよろこびがあった

 

カサブランカの花よ

まだ見ぬ果てが恐ろしい

 

日ざかり生と死を分ける一瞬が

こともなく過ぎてゆくところが…


ジュン君      高 裕香

 

今年度から始まった「作文ノート」

五年生の夏休みの課題

「もし、魔法が使えたら!」

 

二学期最初の日本語授業

日焼けした顔から

目玉が、ぐいぐい動く。

 

いつもおしゃべりで遊んでいる。

珍しく「やって来ました。」

にこにこと、作文ノートを差し出した。

 

魔法なんてこの世にありえない。

科学的にもありえない。

でも、「もし、魔法が使えたら!」

 

一番目は、「環境問題」

地球温暖化、福島汚染問題など

パット、地球の環境を整えたい。

 

二番目は、「能力」

素晴らしい能力あればいい

パット、何でもできると良い。

 

三番目は、「悪いことに使わない」

自分の利益になることだけでなく、

世界の人が幸せになるように使う。

 

子供は、ゲームばかりでない。

『考えること!』

これを与えるとしっかりできる。

 


喧騒と表現      高村昌憲

 

大声で怒鳴ることは叫び声と同じですから

創造的思考を妨げる単なる肉体の反射です

動揺する肉体は精神と両立できませんから

叫び声は創造的な精神の営みを蹂躙します

 

沢山の人々が集まる集団は目的が優先され

個人の望みも同一化されて精神を失います

抑制して熟考する個性は不都合と見做され

華やかな催しや行事には大声が活躍します

 

沢山の人々が同じ方向を見る様にするには

肉体の反射に酷似した喧騒に働きかけます

沢山の人々が個性を忘却する様にするには

個性を装飾する催しや行事に向かわせます

 

自らを真に表現するには沈黙が必要であり

大声も集まりも催しも行事も相応しくない

静謐な本質に戻って表すことが必要であり

如何なる喧騒にも表現するものは何もない

 

自らが感じているものは大声を出さないで

精神の裡で情熱に高めて表現することです

表現とは思想であるから喧騒に逃れないで

情熱を輪郭と形式と礼儀で整えることです

 



読者登録

高村昌憲さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について