閉じる


<<最初から読む

6 / 15ページ

空間の謎     長尾雅樹

 

遠く近く夢にさすらう

人体の煙の跡が天空から回遊して

空から空へと手を翳しながら

赤い影法師が足萎えている

二段重ねに立脚して

空洞の塔が逆円錐形に浮上する

ブリキの表面がテカテカと反射を繰返す

 

錯雑に写し取られた星の光が

転回する宇宙塵の彼方から

揺らめきながらトルソーを呼び出している

乳首の赤い胴体の浮遊から

馬の影像が天に向かって躍り上る

 

雲は扁平にいらかを並べて

沈鬱の階層を滑らせながら

二つの乳房の小鳥を追っている

塔の影が黒く縁取りも彩やかに

大地に風の地図を彫り込み

眩暈する大気は幾万の黄砂を運び

明滅する幽明体の魚の骨を埋める

海星は塔の上で赤銅色に輝き

渚は波紋を遠い水平線まで連らねて

傾いたコンパスの針先が草の根を刺す

 

首に旗を掲げたタイツ姿の女は

仕切られた地平の夢から飛び出て

何回も空を仰いで空洞の塔を怪しんでいる

 

浮上する落下傘の花片から

移ろい行く馬首の幻が走り抜け

岬の果てにかぎろう幻影の岩塊

トルソーは夢にさすらう

塔は逆円錐の彫像を大地に錐揉みする


どんづまり    さとうのりお

 

だから日本人は馬鹿だっていわれんだ!脳ミソ腐ってんじゃねぇのか

 

南方から帰還した父は日に日に日本人嫌いになっていった

 

 またあんな事言って

 困った父ちゃんだねぇ

 私を膝に抱いて笑いながら母が言う

 私も下から母の顔を覗きこみながらアハハと笑う

 

でもこんなのはこどもの妄想だ

私は母をしらない

母は私よりも自由を選んだのだ

 

私はそっと外に出て小さな裏庭にまわった

貧乏な家には不釣り合いの大きな犬が飼われていた

近づいて首輪から鎖を外した

 

なぜそんなことをしたのか分からない

犬は少しの間私を見ていたが

やがて小雨の闇夜の中に消えていった

運が良ければ自由に生きていけるだろう

運が悪ければ野犬捕獲人に捕まって殺されるだろう

 

私はまたそっと家の中に入って

買ってもらったばかりの玩具を壊しはじめた


専念すべき証拠    高村昌憲

 

一等賞を勝ち取ることは他人を相手にして

同一の条件に基づき各々を比べることです

各々を比較するには同一の基準を見付けて

誰も明瞭に理解できて便利なのが数字です

 

九五点は九〇点よりも優れているのですが

九五点が何時も自分であることを望みます

九秒〇七で走る人は九秒〇八よりも速いが

同時に走った時に勝てないこともあります

 

賞を貰った作品は優れていると言われるが

賞を貰った人は必ずしも優れてはいません

作品は神様のように何時も作品のままだが

人が変わらずに生きることはあり得ません

 

それでも凡人は他人に勝つために競争して

一時の勝利が永遠の勝利のように感じます

それでも狂人は常に賞や名誉を欲しがって

一生懸命になるのが美しいことと信じます

 

一等賞はあなたではないと平静に思考して

一生懸命にスリや泥棒にならないで下さい

賞や名誉には専念すべき証拠が無いと見て

真に専念できる楽しいものを探して下さい


三浦逸雄の世界(四十四)

三浦逸雄「白い風」8号(アクリル・紙)2019


敗戦の頃の日々(前編)    神宮清志

 

船橋に引っ越して

 昭和一九年の春、母と兄とわたしの三人家族は東京都世田谷区の船橋に引っ越した。その辺は小田急線と京王線のちょうど中間点にあたり、駅には遠い。よって東京郊外に広がる農村という地帯だった。それまで住んでいた八幡山とはごく近かったが、学区域の関係で、経堂小学校(国民学校)に転校となった。

 住んだ家は篠崎家の若夫婦のために作られた家だったが、ご主人の勇さんが兵隊に取られて、奥さんが母屋のほうで暮らすようになり、空家になったのでわれわれ三人家族がそこに住むことになったのである。篠崎家は近郷でも有数の農家で、母方の遠い親戚に当たっていて、間借りする代わりに母は百姓仕事を手伝うこととなった。母は毎日、手甲を巻いて野良仕事に出て行った。父はわたしが二歳の時に他界しており、母が働いて三人家族を支えていた。

 この地区は農家が多く、言葉も田舎言葉である。すこぶるのんびりとして、人がよく親切な人たちであった。市街地に住んでいた学童のすべてが例外なく疎開した中で、どういうわけかこの地からはあまり行かなかった。おかげで、戦争のさなかとはいえ牧歌的で平和な一年半を過ごすことが出来た。焼夷弾とか爆弾は市街地ほど多く落とされなかった。よって近隣で罹災した家はなかった。

 田んぼの向こうには小川があって、そこにはフナやドジョウのような小魚もいたし、エビガニが無数に捕れた。どこにでもいる蛙を捕まえて皮をむいて糸につけて川に垂れると、たちまちエビガニが食いついてきた。それを茹でて真っ赤になったのを、尻尾のところだけもぎって食べる。戦後しばらくして食糧事情がよくなってきた頃に、レストランで海老フライを食べたら、エビガニとまったく同じ味だった。途端に戦中のことどもを思い出して、食べられなくなった。今もって海老料理は避けている。

 稲が実る頃に、田んぼに大量に発生するイナゴも格好の食糧になった。輪切りにした竹筒を口に結わえた袋を持って田んぼに行き、イナゴを竹の中に入れるとそのまま袋の中に入ってしまう。人が近付くとイナゴは本能的に稲の後ろ側にくるりと回って隠れる。そこを狙ってさっと捕まえるのが要領である。袋に入れたまましばらくつるしておいてから、炒って佃煮にして食べると香ばしい味がして美味かった。

 うちのすぐ隣が小さな雑木林で、木の根元から太い蔓が出ているところを掘ると、山芋を掘り出すことが出来た。しかし山芋は奥へ行くほど太くなっており、これをすべて掘り出すのは容易なことではない。半日以上かけて、終いには大人たちも手伝いに来てようやく掘りあげることができた。

 こんなに自然と慣れ親しんで生活出来たのはこの船橋時代だけで、わたしにとっては生涯の貴重な宝である。飢えに苦しむこともなかったし、周囲の人たちはみな親切だった。飢えに苦しみ、人々の冷たさに悩みを深めたのは戦後、町に引っ越してからのことである。戦争が厳しい状況にあったこのときほど、皮肉にも平和で長閑なことはなかった。綺麗な青空はいつもわれわれの上で、力強くひろがっていた。

 

敵機来襲

 昭和二〇年の冬の朝のこと、空襲警報が鳴ってみな防空頭巾をかぶって避難の態勢でいると、飛行機の爆音がけたたましいばかりに響いた。どんよりとした雲が低く垂れ込め、寒い空気がピリッと緊張を強いていた。その真っ黒い雲の間からいきなり敵機が姿を現した。二機の双発機が低空飛行してお互いに交差するように飛び交い、何度も行っては戻りして嘲笑うかのごとくに飛び回った。およそ一〇〇メートルくらいの高度で飛び、バリバリバリっという空気をつんざくようなプロペラの音の凄さに圧倒された。ビリビリとあたりの空気がゆれていた。黒いずんぐりした機体は逞しく、四人乗りくらいに見えた。これは後に分かったことだが、ノースアメリカンB25という五人乗りの軍用機である。こんなに低空飛行されては、近くの高射砲陣地も手の出しようがなかった。これが米軍との最初の遭遇である。というより圧倒的な軍事力のすごさを見せつけた瞬間でもあり、欧米文化というものの力強さを実感させた出会いだった。

 そのあたりから毎日のように米軍機がやってくるようになった。「ポー」と鳴り響く警戒警報とともに、はるか西の空にB29の編隊が現れた。銀色に輝く大型飛行機の大編隊が、富士山の上空を通過すると右折して真っ直ぐ東京方面に向けて飛んできた。B29は一〇人乗りくらいで四発のプロペラを付けていた。「空飛ぶ要塞」といわれ、空襲の立役者だ。はるか一万メートルの上空を白い機体が青空に貼り付いたように見え、それがゆっくり移動してゆく。近くの高射砲陣地からしきりに撃つ音が鳴り、はるか上空の敵機の周辺に小さい白い煙の固まりが開くので、それが高射砲の外れだと分かった。こんな光景が昼夜を問わずに展開された。夜は東の空が燃え盛る火の海で真っ赤になり、火の壁が出来たように見えた。

 空家になった家を、隣町まで解体しに行ったことがあった。立派な二階家に綱をつけてみなで引っ張り、壊してからその材木をリヤカーに積んで帰ってきた。延焼を防ぐ意味があったのかもしれないが、もったいないことをしたものである。壊すときはその一帯がすべて壊されていたから、あるいは強制立ち退きされたのかもしれない。

 わたしは直接襲われたことはなかったが、P51という戦闘機が、しばしば人々の頭上に急降下して機銃掃射して飛び去った。その恐ろしさはたとえようもなく、その弾丸に当たって即死したり、重傷を負ったという話は毎日のように聞かされた。ほとんどが焼け野原になると、米軍機はところかまわず爆弾や焼夷弾を落としていった。焼け跡に爆弾・焼夷弾を落とす様は、積んできたごみを棄ててゆくようだった。

 爆弾が落ちてくるときの音は、一キロくらい先だとゴォーっという飛行機の爆音に似ていた。至近距離だとヒュルヒュルヒュルっという空気を斬り裂くような音がして、その恐ろしさは言葉に表せないほどだ。すぐ裏の畑に落ちたときの地面のゆれの凄さと爆音のすさまじさときたら、本当に足がすくみ、全身総毛立った。落ちた跡は大きな穴がすり鉢型に広がっていた。ときどき不発弾が落ちて、こんもりと饅頭のように土が盛り上がっていた。するとその周辺に縄が張られ、立ち入り禁止にしてから決死隊と称する人たちが掘り出しに行った。

 夏も近付いた頃のある夜、何百発とも知れぬ焼夷弾が空一面に花火のように広がり、頭上に降ってきた。風に流されながらゆっくりゆっくりと無数の火の玉が迫ってくる、その恐ろしさはたとえようのないものである。サワサワサワという夕立に似た音が無気味に圧倒していた。しだいに地上に近付くと、あたり一面が昼間のように明るくなり、ただそれに見とれているほかなかった。ところがその大半は風に流されてわれわれの頭上を通過して、町のほうへ行ってしまった。何発かが傍に落ちた。田んぼの中と、となりの農家の屋根に落ちたのは確認できた。幸い瓦屋根だったのですぐに消し止めることが出来た。

 焼夷弾にも不発弾が多く、それらはいたるところに積み上げられていた。六角形をした筒型の焼夷弾が、戦後になっても何百本と放置されていた。それを玩具にして遊んでいるうちに、爆発して指が吹っ飛んだ子供も居た。(続く)



読者登録

高村昌憲さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について