目次
第1章 あ~そ
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
えん 焉
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
くほん 九品 「くぼん」とも読む
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げかん 下浣
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さしがみ 差紙 指紙(さしがみ)とも書く
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
し 使 「しむ」「せしむ」とも読む
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じっせんきゅうこう(じつせんきうかう) 實踐躬行
しひ 誣ひ
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょき 庶幾
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せがれ 世忰 倅・伜・悴・忰・躮とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
ぜん 然
ぜんじん 全人
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
第2章 た~ん
たっし 達
てつぎもんじょ 手継文書
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎけんもん 手継券文
つけたり 附
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちょうじょう 重畳
ちゃくとう 着到
だんそう 弾奏
どだい 土代
とぜん 徒然
なにかど 何角 何廉とも書く
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ふれじょう 触(觸)状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
めい 明
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
や 乎
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
りん 稟
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

9 / 123ページ

えん 焉

 えん。漢文の助辞。語調をととのえるのに用いる語。

 象形で、江淮に産する一種の鳥のな。黄色い烏の類。仮借して語助辞として、また疑問・推量の時などに用いる。疑問の辞。推量の辞。語調を飾る辞。無意味の助辞。発声の語。コレ。ココニ。何処にか。イカニ。

 

(製作中)


かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く

款状 かじょう 「かんじょう」とも読む。 欵状とも書く。

 

 「款」は、偽ることなく誠を尽くすの意で、歎願書の意にも用いられた。

 款状は、平安時代以降用いられた叙位任官を求めるために官人みずからが自家または自分の由緒や経歴・功労を書き記して提出した申請文書。売買認可申請書などともいう。鎌倉時代以降は次第にすたれ、申状と呼ぶようになったが、神社内ではこの款状形式の文書が使われ続けた。形式は、書出し・書止めともに書札様の書式をとり、鄭重な書礼を表わす。

 また、訴訟したりするときに出す申状も款状といったが、鎌倉時代以降は、多くは申文と呼ばれるようになった。

(製作中)


かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう

合戦手負注文 かっせんておいちゅうもん。 合戦太刀討注文ともいう。

 軍忠状の一種で、応仁の乱以後になると、合戦の経過だけでなく、味方の被害を注文形式で具体的に、被害者の名前・手負の内容を列記して注進しており、軍忠状が戦果を強調する傾向から生じたものである。合戦手負注文の早い時期の例としては、正慶二(1333)年閏二月廿七日の「熊谷直経合戦手負注文」(熊谷文書)がある。

(製作中)


がひょう 賀表

賀表 がひょう。

 

 慶事の節、臣下が天皇に奉る文書。

 明治五(1872)年十一月十五日、賀表書式を定めた。『法令全書』に、「在京ノ開拓使府県奏任以上ハ参朝拝賀申上ルニ付賀表ヲ上ツルニ及ハス」とある。

(製作中)

 


かんもん 勘文 「かもん」とも読む

勘文 かんもん。 「かもん」とも読む。

 

①平安時代以降、朝廷・幕府諮問の日時・年号・方角および自然現象の異変などについて、その先例・典拠・吉凶などを考え調べて上申する文書。

 多く太政官の外記(げき)・史(ふひと)・明法博士などが出すが、日時・方角の吉凶・災異などに関しては、神祇官・陰陽寮が占って上申した。

 官のを卜文、寮のを占文という。またその主題により、日時勘文(にちじかんもん)・年号勘文(ねんごうかんもん)などという。

 

②国司解任に際しての監査報告書。

 

③平安時代の坪付帳について国衙の使が勘合して署名したもの。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について