目次
第1章 あ~そ
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
えん 焉
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
くほん 九品 「くぼん」とも読む
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げかん 下浣
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さしがみ 差紙 指紙(さしがみ)とも書く
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
し 使 「しむ」「せしむ」とも読む
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じっせんきゅうこう(じつせんきうかう) 實踐躬行
しひ 誣ひ
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょき 庶幾
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せがれ 世忰 倅・伜・悴・忰・躮とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
ぜん 然
ぜんじん 全人
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
第2章 た~ん
たっし 達
てつぎもんじょ 手継文書
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎけんもん 手継券文
つけたり 附
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちょうじょう 重畳
ちゃくとう 着到
だんそう 弾奏
どだい 土代
とぜん 徒然
なにかど 何角 何廉とも書く
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ふれじょう 触(觸)状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
めい 明
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
や 乎
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
りん 稟
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

33 / 123ページ

さしがみ 差紙 指紙(さしがみ)とも書く

差紙 さしがみ。 指紙(さしがみ)とも書く。

 召喚状。

 江戸時代、奉行所が出頭の日時を定めて被告を呼び出す召喚状。召喚理由と場所・日時・召喚者などが記載されていた。

 名をさして召喚するところから、この称がある。

 諸藩でも、領民に対する召喚状を差紙と称した。

 尋問や命令の伝達のため、役所へ出頭を命ずる時に用いられ、「尋之儀有之間、早々罷出可相届、若於不参は、可為曲事もの也」のような文言が認められていた。

 差紙を受領したらただちに出頭すべく命じた急差紙、差紙到着次第出府するよう命じた早々差紙などがあった。また、代理人の出頭を禁じた駕籠差紙や一枚の差紙を数人に回覧させて出頭を命じる廻差紙など、特殊な差紙もあった。

 享保六(1721)年から、公事訴訟の場合は、裁判役所は提出された訴状の裏面に裏書するほかに、差紙を交付することになった。原告側は、これを被告側に示し出頭を促した。

 

(製作中)


さりじょう 去状

去状 さりじょう。

①沽券(こけん)。避状(さりじょう)とも書く。去文・避文ともいう。

 私文書の一種で、一般に、相手に財物などを渡付けるときに作成された。

 平安時代末頃からみられ、鎌倉時代を盛期とし、広く中世に行われた。

 「去渡(さりわたす)」「避進(さりすすむ)」のような文言を持つものが多い。しかし、売券(ばいけん)や寄進状などのような形式上の統一性が少ない。形式ばかりでなく、性格もやや正確性を欠く点があるので、質関係文書とくに質流状の代用として書かれることが比較的多く、ときとしては処分状(譲状)などの内容を持つ場合もある。

 近世では、もっぱら「去状」と記され、夫から妻に与えられる離縁状を意味する事が多い。→②参照。

 

②去文・暇状・離別状。

 近世、離縁状のこと。三行半に書くのを原則とし、俗に三行半(みくだりはん)ともいう。また、自己の権益の放棄あるいは譲渡のことを記した文書。

(製作中)


さりぶみ 去文

去文 さりぶみ →去状(さりじょう)。


し 使 「しむ」「せしむ」とも読む

使 し。しむ。せしむ。

 使は、漢音・呉音ともに「シ」。命じて行ひ為さしむること。即ち、人をつかう義。故に、人と吏を合す(会意形声)。吏は事を取る人。転じて「つかい」、即ち命を受けて出でて事に当たる人の義とする。ツカフ・ツカヒ・ツカヒス。シム・セシム・シテ。

 

(製作中)


しぜん 自然 「じねん」とも読む

自然 しぜん。「じねん」とも読む。

 おのずからそうあること。本来そうであること。もしも。また、思わぬこと、万が一、万一のこと、などの意。おもに人的能力を超えた事態に対していう。

 

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について