目次
第1章 あ~そ
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
えん 焉
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
くほん 九品 「くぼん」とも読む
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げかん 下浣
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さしがみ 差紙 指紙(さしがみ)とも書く
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
し 使 「しむ」「せしむ」とも読む
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じっせんきゅうこう(じつせんきうかう) 實踐躬行
しひ 誣ひ
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょき 庶幾
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せがれ 世忰 倅・伜・悴・忰・躮とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
ぜん 然
ぜんじん 全人
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
第2章 た~ん
たっし 達
てつぎもんじょ 手継文書
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎけんもん 手継券文
つけたり 附
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちょうじょう 重畳
ちゃくとう 着到
だんそう 弾奏
どだい 土代
とぜん 徒然
なにかど 何角 何廉とも書く
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ふれじょう 触(觸)状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
めい 明
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
や 乎
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
りん 稟
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

52 / 123ページ

せがれ 世忰 倅・伜・悴・忰・躮とも書く

世忰 せがれ。 倅・伜・悴・忰・躮とも書く。

 息子のこと。わが子の謙称。古くは男女の区別なく用いることもあった。中以下で、男女の子供、惣領・末女の差別なく「せがれ」という。若年の男子を卑しめていう言葉。

 

(製作中)


せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書

碩田叢史所収田原文書 せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ。

 碩田叢史は、後藤碩田(文化2~明治15)の著述および採集した史料を筆録した五百余冊におよぶ叢書。

 所収の田原文書は、天保14(1843)年5月に、「豊後古文章」として碩田叢史に収録されたもので、その目録に、「田原家文章 杵築家中入江孫三郎家蔵之内ゆゑ阿りて此分所〃散在せしを写三千八百通之中と云云」とあって、田原家文書三十八点および断簡・年月日花押部分のみの書写多数が収録されている。

(製作中)




せにゅうじょう 施入状 

施入状 せにゅうじょう。

 

 社寺に資財・所領などを寄進する際、寄進・施入の品目と趣意を記して奉った文書。

 古くは、献物帳ともよばれ、のちには、寄進状ともいわれた。

 施主の長寿延命・所願成就、死者の冥福、仏教興隆・報恩・天下泰平・外敵撃滅などの祈願のため、田畠・荘園・敷地・布帛などの施入品目を書上げ、そのあとに施入の趣意を願文の形式で記し、起請・誓約の詞を副える場合が多い。起請の詞は、のちの起請文の先駆形態をなしている。

 天平感宝元(749)年閏五月廿日の聖武天皇が南都諸大寺などに、絁(あしぎぬ)・綿・布・稲・水田を喜捨した際に作った施入状が最も古いものといわれる。

 天平勝宝八(756)年、孝謙天皇が先帝の聖武天皇御物を東大寺に施入するにあたって作った献物帳には、現在の正倉院御物が書き上げられている。

(製作中)


ぜん 然

ぜん。 漢音はゼン、呉音はネン。

 動詞としては、モユ、ヤク、シカリ。接続詞としては、シカレドモ、シカルニ、シカシ、シカシテ。もとは会意で肉と犬と火の合字。犬肉を火にあぶり焼く義。後世、更に火扁を加えて「燃(ねん)」とし、然は、①応答の「シカリ」、②上を承け下に接する語「シカシテ」、③上を翻して下を起こす語「シカレドモ」「シカルニ」、④物事を形容する語、⑤句尾に置く語、等に用いる。日本の古文書では、㊀然而(しかれども)、㊁然者(しかれば)、㊂自然(じねん)などと用いられることもある。また接尾語として「…らしきさま」の意、〔例〕「紳士然とした男」といった用い方もされる。【参考文献】昭和40年9月 上田万年ほか『大字典』(普及版)講談社。

 

(製作中)


ぜんじん 全人

全人 ぜんじん。

 知・情・意の完全に調和した円満な人格者。

 

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について